Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2013年10月31日 十月はたそがれの国
b0134829_16245868.jpg





b0134829_16271760.jpg





b0134829_163265.jpg





b0134829_1632243.jpg





b0134829_16334741.jpg





b0134829_16342619.jpg


十月はたそがれの国・・・SFファンならすぐ気が付きますね。
そう、アメリカのSF&ファンタジー作家、レイ・ブラッドベリの初期の傑作短編集、”The October Country"の邦訳タイトルなんであります。
高校生の時に、創元SF文庫で宇野利泰さんが翻訳したバージョンを初めて読んだ時の感動はいまだによく覚えています。
SFの抒情詩人と言われるだけあって、たそがれていく晩秋の雰囲気を活かした幻想的でメランコリックな作品集でした。

さて、今日はハロウィン・・・
かつてのブラッドベリの翻訳には、「万聖節の前夜」と言う表現で登場していましたっけ。
ハロウィンって言葉、今でこそ一般的になりましたが、かつてはそれほど認知されてなかったんですよね・・・
でも、「万聖節の前夜」って、ハロウィンより言葉の響きが禍々しく、深い暗さを感じさせる言葉だと思います。
ハロウィンは元来はケルトのお祭りだったそうです・・・なので、アイリッシュなEnyaの"Evening Falls"の寂しげなメロディもよく似合います。

そんな寂寥感の漂う妖しげな雰囲気の写真を撮りたくて、夕暮れ間近なに愛知牧場に出かけてきました。
「写真」とは言っても、現場で撮影したままの「真が写っている」写真であるはずはなく、Lightroomでたっぷり盛ってあります。
オリジナルは下記のリンク先をご覧ください。^^;

愛知県日進市米野木町南山977 愛知牧場にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)

これらの写真のオリジナルはこちら・・・
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-31 06:00 | Seasonal Images
2013年10月30日 反重力な美術展
b0134829_1147080.jpg

先日の全味協の皆様との豊田市美術館撮影会、目玉は今開催中の「反重力展」でした。
10月27日で終了した「あいちトリエンナーレ2013」同様、とんがったモダンアートの展示なんであります。
この反重力とは、重力に抗するとされる力で、SFの世界では物質・物体に関わる重力を無効にし、調節する架空の技術として登場します。
「加速度的に非物質化していく現在の社会を反映し、私たちの身体や生活を規定してきた枠から逃れるものとしての反重力」がテーマになった硬派な展示会なんであります♪

b0134829_11472755.jpg

さて、豊田市美術館を撮影会の対象として選んだ理由の一つは、館内の撮影がOKだからなんであります。
常設展はすべてOK、企画展も一部を除いて撮影可能なんであります・・・あいちトリエンナーレ同様、撮りまくってきました♪
まず、1階の展示室から回っていきます。
こちらはリトアニア生まれでニューヨーク在住のジルヴィナス・ケンビナスによる「ビヨンド・ザ・ファンズ」と言う作品で、ビデオテープに使用される磁気テープが扇風機の風力で宙に浮いたまま回転する作品でした。
後ろにちらりと見えるカラフルな作品は、佐藤克久の作品だったと思います。

b0134829_11504691.jpg

こちらはベルギー生まれでスウェーデン在住のカーステン・ヘラーの作品、「ネオン・エレベーター」です。
ネオン管154本を使用しており、水平方向に仕込まれたネオンライトが上から下に明滅するパネルの中に立つと、自身の身体が光の中を上昇していくように感じられる・・・そうです。^^

b0134829_11515772.jpg

こちらは東京生まれでベルギー在住の奥村雄樹による「多元宇宙の缶詰」という作品です。
ラベルを内側に貼って密封した空の缶詰16個、ポスター2枚、映像(HDビデオ約25分)からなる作品です。

b0134829_11521438.jpg

アルゼンチンのブエノスアイレス出身・在住のレアンドロ・エルリッヒの作品「豊田の家」です。
紅葉で有名な観光地である足助の伝統的建築物が架空の和菓子屋となり、巨大な鏡に映しこまれてそこに人が浮かんでいるようにみえる・・・
鏡を使ったことで、パラレルワールドを思わせる作品でした。

b0134829_11525360.jpg

それでは2階へ・・・この階段は豊美の名物ですね。
ジョセフ・コスース『分類学(応用) No.3』、およびジェニー・ホルツァー『豊田市美術館のためのインスタレーション』なんであります。

b0134829_1153121.jpg

広島県生まれで東京在住の内藤礼の作品、「母型」です。
ビーズを飾ったテグスが広大な部屋の中にぶら下がり、キャンドルライトや人形が地面に直置きされていました。
「自然光の入り込む巨大な展示室で、人工照明を消して、雲の流れや光の変化の中に作品を置く。」とのことでした。

b0134829_1153513.jpg

ブラジル出身・在住のエルネスト・ネトの作品「わたしたちのいる神殿のはじめの場所、小さな女神から、世界そして生命が芽吹く」です。
「上から見ると女神の形をしており、その中に入ると花や生命体を連想させる有機的な形態が散らばっている。」、とのことでした。

b0134829_20265937.jpg

企画展の反重力展の他に常設展も見てきました。
こちらはグスタフ・クリムトの「オイゲニア・プリマフェージの肖像」の一部です・・・絵の撮影は難しいです。^^;
豊美、なかなか素敵なコレクションを持っていて、今回の常設展では、このクリムトの他にもエゴン・シーレ、オスカー・ココシュカ、ジェームズ・アンソール、エドヴァルト・ムンク、藤田嗣治、国吉康雄、梅原龍三郎らの作品も見ることができました。

b0134829_11541462.jpg

また、漆芸で高名な作家・髙橋節郎の作品を収蔵する髙橋節郎館も併設されています。
この作品もその中に収蔵されていたものです。

b0134829_11543729.jpg

髙橋節郎館のロビーに設置されていた、漆や金箔などを使って装飾されたピアノです。
それにしても、企画展の「反重力展」、有名アーティストの作品が見られる常設展、この髙橋節郎館の3つを見て1,000円とはお値打ちです。
しかも、その日のうちなら、何度でも出入りできると言うのもうれしいです・・・一日をかけて、ゆっくりとここで時間を過ごすのも良いでしょうね。

b0134829_19212478.jpg

収蔵されている美術品も見ごたえがありますが、豊田市美術館は建築そのものも美しく、建築家・谷口吉生の最高傑作として名高いそうです。
閑静な丘の上に立地しているので、豊田市の市街地の中心部に近い割には、のどかな時間が流れています。
晩秋の休日に「ゲージツの秋」を堪能したいと思うなら、ここはお勧めの場所なんでありました。

愛知県豊田市小坂本町8−5−1 豊田市美術館にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-30 06:00 | Arts
2013年10月29日 A Secret Garden in October Lights
b0134829_20181270.jpg





b0134829_20182916.jpg





b0134829_20184711.jpg





b0134829_20191419.jpg





b0134829_20192734.jpg





b0134829_20195422.jpg





b0134829_2020871.jpg





b0134829_20203551.jpg



日曜日の全味協の皆様との撮影会、豊田美術館の次に訪れたのは三河豊田駅の近くにある英国風庭園、「花遊庭」さんです。
残念ながら秋薔薇はほとんど咲いておりませんでしたが、秋ならではの素敵な光に溢れておりました。
豊田美術館では20mmレンズの一本勝負だったので、この庭園ではその反動が出て、105㎜マクロの一本勝負となりました。
とは言っても、ほとんどマクロらしい撮り方はせずに、中望遠として使ってました。^^;

愛知県豊田市大林町1丁目4−1 花遊庭にて
Nikon D600
Micro-Nikkor 105mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-29 06:00 | Lights & Shadows
2013年10月28日 影と空で分割された原色
b0134829_22263499.jpg






b0134829_2137364.jpg






b0134829_21373075.jpg




昨日は私の写真仲間「全日本味噌煮込写真家協会」の皆様と、私の地元の豊田市で撮影会を行ってきました。
豊田市美術館と花遊庭で撮影をしてきましたが、台風一過の目の覚めるように鮮やかな秋晴れに恵まれ、撮影条件抜群の一日となりました。
お付き合いいただいた全味協の皆様、楽しい一日をどうもありがとうございました♪

さて、何回も撮っている豊田市美術館の中庭のインスタレーション、「色の浮遊-3つの破裂した小屋」です。
フランスのアーティスト、ダニエル・ビュレン(Daniel Buren, 1938 -)氏が製作した鏡を使った作品なんですが、今回は鏡を撮らずに、小屋の内側に塗られた赤・黄・青の三原色をテーマにして作図してみました。
真っ青な秋空とそれぞれの作品の影で、三原色を切り分けてみました・・・タイトル、めっちゃベタなんであります。^^;

愛知県豊田市小坂本町8−5−1 豊田市美術館にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-28 06:00 | Abstract Images
2013年10月27日 椅子に寄りそう神無月の影
b0134829_23514100.jpg






b0134829_23321289.jpg






b0134829_235598.jpg




秋の日差しが落とす影・・・真夏の猛々しい影にに比べると、明らかに柔らかです。
名古屋のTV塔下に置かれたパイプ椅子が落とす影がフォトジェニックでしたので、撮ってみました。
せっかく深度の浅い85㎜/f1.8なので、その絞開放が活かせるように、可変NDフィルターで減光してみました。
昔は可変NDフィルターって高かったんですが、これはめっぽうお値打ちで、密林書店で2,100円でした・・・なかなかつかいものになりますよ。^^v

名古屋市東区東桜 セントラルパークにて
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G with ND2~400 Filter
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-27 06:00 | Lights & Shadows
2013年10月26日 秋桜の季節の正麺うどん
b0134829_1452483.jpg

今が盛りと咲き誇るコスモス・・・10月もいよいよ下旬となってきました。
ちょっと肌寒くなってくると、暖かい麺類が食べたくなりますね~。
前回のB級即席麺シリーズで取り上げたマルちゃん「正麺」、うどんも発売されたので、さっそく試してみました。
醤油バージョン同様、具材よりも麺そのものにフォーカスしたパッケージデザインですね。
光は右側の窓から入ってくるんですが、ラーメンパッケージが暗くなるので、鏡をレフ版代わりに使って光を送ってやりました。
相方お手製のベアの目にもキャッチライトが入って、ご機嫌なんであります♪

b0134829_14524728.jpg

ゆで時間は5分・・・普通の即席麺より長めです・・・見た目の麺の透明感は、即席麺離れしていてなかなかのものであります。
具は、庭に自生している分葱と油揚げだけ、ほとんど素うどんに近い状態で食べてみました。

で・・・味は・・・うむ~・・・
まず、スープがあまり私の舌にヒットしません・・・なんか寝ぼけた味なんですよね。
肝心のうどんも、美味しい乾麺うどんを、丁寧にゆでたものの方がはるかに美味いです。
ラーメンの方はそれなりに美味しく食べられたんですが、それから考えるとこのうどんの出来栄えは辛いなあ。
ま、二度とこのシリーズのうどんは買わないでしょうね。^^;

昨日、「ダイナミックレンジがD600に比べて狭い」とけなしたOlympus Pen mini E-PM2ですが、名誉挽回しておきます。
この写真はISO800で撮ってますが、ほとんどノイズも感じられないし、十分に綺麗な写真が撮れるカメラです。
確かにダイナミックレンジは広くはないです・・・Nikon D600やPentax K-5のように、鬼のようなDRの広さは持ち合わせていません。
でも、サブとして使うには上等なんであります。^^
私が5年前に購入した最初のデジタル一眼レフカメラ、Pentax K200Dよりはずっと画質は良いんであります♪
デジタルモノの進化って、凄いですねえ。^^

ちなみに、E-PM2で撮った写真は、Adobe LightroomでRAW現像・ポストプロセスしています。
オリンパスのオリジナルRAW現像ソフトであるOlympus Viewerで現像するより、ナチュラルな色に再現されるような気がします。
Nikon D600もViewNX 2を使わずLightroomでポストプロセスしています。
本当はNikonの純正ソフトを使ったほうが、より忠実できめ細かい調整ができるんでしょうけどね。
結局、ポスト・プロセスのワークフローを統一したいと言うのが、Lightroomを使っている一番の理由かもしれません。
私はいまだに銀塩フィルムカメラでも写真を撮っていますが、これもいったんスキャナで取り込んでしまったあとは、Lightroomによる同じワークフローで処理でき、きわめて便利なんです。

昔はカメラメーカーの発色や描写に縛られていた部分がありました。
でも今は、そういう制約から解き放たれて自由度が増して便利になりましたねえ♪
NikonやOlympusのカメラを使いながら、好きなPentax風味のカラーで処理できるんであります。^^v

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen mini E-PM2
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-26 06:00 | Foods & Dining
2013年10月25日 螺旋階段を行き交う人々
b0134829_1803679.jpg






b0134829_1805047.jpg






b0134829_181202.jpg






b0134829_18143100.jpg


螺旋階段、とタイトルでは付けてみましたが、正しくは螺旋階段じゃないです・・・この程度でなら、せいぜい「弧を描く階段」がいいところです。
でも、「弧を描く階段を行き交う人々」だと、あまりにタイトルが冗長になりすぎる・・・
というわけで、偽りに満ちたタイトルとなってしまいました、ごべんなさい。^^;

超広角レンズは、このNikon用の20㎜の他にも、マイクロフォーサーズ用の9-18mm/F4.0-5.6も持っております。
パンフォーカスで撮るなら、軽量コンパクトな9-18mmで無問題なんですが、ボケを活かした撮り方もするなら、この20㎜の方が面白いです。

また135判のダイナミックレンジは非常に広く、D600のそれはマイクロフォーサーズのPen mini E-PM2のそれより2段ほど上を行きます。
ぱっと見た感じでも、絵の深さが違うように思えるのです・・・さすが135判なんであります。^^
機動性重視で行くなら"Pen mini"で撮りに行きますが、画質重視だとやはりD600を持出すなあ・・・
ま、使い分けですね。^^

愛知県名古屋市中区栄4−1−8 名古屋市中区区役所にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-25 06:00 | Snap
2013年10月24日 秋色幻視綯交
b0134829_11422392.jpg

昨日は、今にも雨が落ちて来そうな曇り空でしたが、深まりつつある秋を撮りたくて、D600に105mmマクロを付けて庭に出てみました。
こちらは初秋からずっと咲いているシュウメイギクです。
漢字で書くと「秋明菊」なんでしょうが、その名の通り、明るく爽やかな花です・・・でも、秋ならではの憂いも感じさせる花ですね。



b0134829_11424458.jpg

相方が近所の知人からいただいた柿であります。
いわゆる柿色ですが、秋はこういう濃い黄色やオレンジ色が映えますね。



b0134829_1143797.jpg

オレンジ色と言えば、金木犀です・・・金木犀って、二度咲きすることがあるんですね。
最初は10月の1週目に咲きましたが、下旬になってまた咲いてくれるとは、実にサービスの良い花なんであります。



b0134829_11432293.jpg

11月に近づきつつあるので、徐々に木々の葉も色づいてきました。
これは我家の玄関先に咲いているハナミズキの葉です・・・ハナミズキ、桜に次いで早く紅葉する木じゃないでしょぷか。
このハナミズキ、6年前に小さな苗を買ってきて植えたんですが、ようやく花芽が着きました・・・来春には、紅色のハナミズキを見られそうです。



b0134829_11433924.jpg

こちらは楓ですが、ようやくほんのりと色づいてきました・・・本番はあと1ヶ月ぐらい先でしょうか。

さて今回の写真も、タイトルに「幻視」という単語を入れてあるように、多重露光です。
同じ被写体を二度撮っているんですが、一回目は普通に撮り、二回目はアウトフォーカスにして撮っています。
この2枚を合成し、Lightroomの明瞭度スライダーをマイナス50前後まで動かしてやると、ソフトフォーカスっぽいイメージができあがります。
ぱっと見では、多重露光っぽくない仕上がりになるのが面白いです。

さて、ネットで「ものを混ぜ合わせて結びつける出来事」をチェックしたら、下記のような言葉がリストアップされました。

「ごった雑 ・ 混交 ・ ブレンド ・ 綯いまぜ ・ ミックス ・ シャッフル ・ 綯まぜ ・ 綯い交ぜ ・ ちゃんぽん ・ 混在 ・ 旁魄 ・ 配合 ・ 交雑 ・ 混成 ・ 混同 ・ 綯交ぜ ・ 混一 ・ 混和 ・ 混合 ・ ミクス ・ ごった交ぜ ・ ごった雑ぜ ・ チャンポン ・ ごった交 ・ ない交ぜ」

う~む、タイトルにどの言葉を使おうか・・・一番詩情のあるのは「綯交」かな・・・と言うわけで、「秋色幻視綯交」というタイトルになりました♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D600
Nikon Micro-Nikkor 105mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-24 06:00 | Seasonal Images
2013年10月23日 多角形に切り取られた蒼空
b0134829_1923669.jpg





b0134829_1952865.jpg





b0134829_1955237.jpg





b0134829_1981544.jpg





b0134829_1984736.jpg





b0134829_1911339.jpg


高いビルのスカイラインで多角形に切り取られた秋の蒼空・・・とっても超広角レンズ向きの被写体なんであります。
普段田舎に住んでいると、都会に出たときにはつい、こういう写真を撮りたくなるんであります。

この20㎜レンズ、古いレンズですから円形絞りなどと言うしゃらくさいものは搭載していません・・・それ故に、絞り込むと豪快な光芒が出ます。
あまり絞ると小絞りボケが出るので、さじ加減が難しいんですが、とりあえずF13まで絞ってみました。
カチ~ンと音が聞こえて来そうに思えるほど、実にNikkorらしいハードボイルドな光芒でした。^^;

名古屋市中区栄にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-23 06:00 | Abstract Images
2013年10月22日 ナポリターナな覚王山のピッツェリア
b0134829_18482146.jpg

覚王山の揚輝荘聴松閣を撮影に行った際、覚王山の「SALVATORE CUOMO & BAR 覚王山」でピッツァ・ランチを食べてきました。
このお店のピッツァは、ピッツァ・ナポレターナ、つまりナポリ式のピッツァなんであります。
普通のピッツァとの相違点、そりゃもう、いっぱ~いありまして・・・^^;「真のナポリピッツァ協会」が定めた条件を要約すると下記の通りです。

■生地に使用する材料は、小麦粉、水、酵母、塩の4つのみ
■生地は手だけを使って延ばす
■窯の床面にて直焼きする
■窯の燃料は薪もしくは木くずとする
■仕上りはふっくらと、「額縁」がある
■上にのせる材料にもこだわる

b0134829_18483984.jpg

ピッツァ・ナポレターナの特徴、写真で全要素がわかるわけではないですが、『仕上りはふっくらと、「額縁」がある』・・・これはわかります。
ふちはもっちりと盛上り、真ん中はサクサクに薄いです・・・何しろ1枚1分少々で焼き上げるんだそうです。
ま、薀蓄はともかく・・・美味しいと評判のお店なので、1時半ごろに入店したのにまだとても混雑しておりました。

b0134829_184944.jpg

このお店、平日のランチタイムは1000円のバッフェが人気です。
ピッツァだけでなく、サラダやスープ、アンティパストなども、好みに応じて食べたい分だけ選べるんであります。

b0134829_18493361.jpg

とりあえずこれだけもらってきました。

b0134829_18495559.jpg

200円プラスでドリンクバーもつけられます。
食事中はオレンジジュース、食後はゆっくりとコーヒーをいただいてきました。

b0134829_1850123.jpg

このお店、名古屋には珍しいオープンピッツェリアです・・・12月初旬ぐらいまでは、東山通りに面した席は気持ちが良さそうです。
また、右側に専用バイクが見えるでしょうか・・・ピッツァの宅配もやっているんですね。
覚王山でのランチ処、和風洋風なんでもござれ、選択肢がありすぎて悩みます。
でも、もしガッツリ食べたいのであれば、この「SALVATORE CUOMO & BAR 覚王山」はお勧めですね♪

名古屋市千種区末盛通1-31-7 SALVATORE CUOMO & BAR 覚王山にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-22 06:00 | Foods & Dining