Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2013年11月30日 晩秋の昭和な人々
b0134829_1228154.jpg

秋の深まる遊園地に佇むロボットが一台・・・昭和な風景ですねえ♪
このロボット、先日写真塾の撮影会で訪問した昭和村の遊園地にあった遊具なんですが、その造形が今風のロボットではないですねえ。^^
科学的根拠皆無でデザインされた、いかにも古き良き昭和のロボットなんでありました。

b0134829_12282911.jpg

こちらの遊具の昭和度も、かな~り高いです。
背景でマッチョなポージングをしているのは・・・どうやら仮面ライダーとウルトラマンと言う変身系の方々のようですね。

b0134829_12295293.jpg

これはダイキンのぴちょん君ではありません。
額に「d」の文字があるように、これは「だっこちゃん」というおもちゃで、昭和30年代に流行りました。
これを見て懐かしいと思ったあなた、私と同世代です♪

b0134829_12301948.jpg

オリエンタル即席カレーの「オリエンタル坊や」であります。
東海地方で1960年以前に生まれた人々は、これを見ると「きみしるや、お~りえんたるかれ~♪」というCMソングが頭の中に響きます♪

b0134829_12303774.jpg

こちらは昭和もかなり古く、大正に近いころのものでしょうか・・・ジャパネスク・フォークロアなんであります。

b0134829_12305310.jpg

こちらの女性もジャパネスクな紬の着物がステキなんであります。
構えているカメラは・・・おお、これも昭和な香りに満ちたPentax MX、しかも赤リザード革張り・・・渋い♪
このモデルさんは写真塾の塾生のEさんで、Rolleiflex、Pentax K-5やQもお使いになっておりますが、今回はMXなんであります。
今回は昭和村での撮影会と言うことで、特別に着物で参加してくださいました。モデル、どうもありがとうございました~♪

Pentax MX、アナログに徹した実に昭和なカメラでした。
バッテリーが切れるとガラクタ化する平成のカメラとは異なり、Pentax MXは電池がなくなっても撮影可能なエコなカメラだったんであります。
私もその小さなボディ、広大な視野を持つファインダー、フルメカニカルな構造に惹かれ、135判のカメラの中では一番愛用しておりました。
二台所有しておりましたが、中判しか撮らなくなってしまったので、越後と豊川の友人にそれぞれお譲りしました。
元の持ち主よりはるかに優しい新オーナーのもとで、幸せな人生を過ごしていると思います♪

岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1 日本昭和村にて
Nikon D600
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 (Model A001)
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G (4枚目のみ)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-30 06:00 | Snap
2013年11月29日 電気王の邸宅にて
b0134829_1033533.jpg





b0134829_10233699.jpg





b0134829_10235610.jpg





b0134829_10241953.jpg





b0134829_10244516.jpg



先日、写真仲間の写真集団・錆銀の皆様と合宿をやった際に、名古屋の近代建築巡りをしました。
ここはその中でも人気のある文化のみち二葉館で、日本初の女優と謳われた川上貞奴と、 電力王と称された福沢桃介が、大正から昭和初期にかけて暮らしていた邸宅を移築・復元したものです。

この邸宅も、今までに何回となく訪問し撮影しているので、今回はそこに溢れる光に注目して撮ってみました。
「ステンドグラス」や「電燈」、当時は相当にハイカラな灯りだったんでしょうね。

名古屋市東区橦木町3丁目23番地 文化のみち二葉館・旧川上貞奴邸にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-29 06:00 | Lights & Shadows
2013年11月28日 晩秋の薔薇
b0134829_18171814.jpg

晩秋の明るい日差しを浴びて咲く薔薇たち・・・
寒く厳しい冬が来る前に、最後のひと踏ん張りで頑張って咲いておりました。

b0134829_181618100.jpg

秋薔薇は春薔薇に比べると香りが少ないですが、見た目は春薔薇に負けず劣らずゴージャスなんであります。
さて、ここは豊田市にある西山公園です。
毎年、12月になっても薔薇が見られる公園なので、今年の咲き具合はどうかな・・・と思って訪問してみましたが、11月末は余裕でした。^^

b0134829_1817363.jpg

背景に写っているのは色づいた欅たちです。
色づいた木々を背景にして撮れる薔薇園ってあまりないので、ここは貴重な撮影ポイントです。

b0134829_18165054.jpg

今回の西山公園に薔薇を撮りに行ったのは、わけがありました。
オークションでNikonのAi AF Nikkor 35mm f/2Dと言うレンズを手に入れたので、その試写のために出かけたのですね。
35mmと言う準広角は面白いです・・・標準の50mmよりは広く、広角感が出る28mmよりは狭い、微妙な広さの空間が写ります。
F2の大口径だし25㎝まで寄れるので、絞開放で被写体に寄ると、背景が豪快に溶けてなかなか面白い写真が撮れるレンズなんであります♪



b0134829_18173549.jpgこのレンズ、使用頻度の少ないAi AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dをオークションに出品し、その落札価格と同じぐらいの値段で手に入れました。
古いDタイプのジーコ・ニッコール同士をスワップしたようなものなんであります。^^;

この35㎜、あまり良い評判を聞かないレンズです。
絞を開けたときに、周辺画質が甘いんですよね。
APS-C専用のAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gの方が解像感も良いし、しかもほぼ135判のイメージサークルも持っているらしい・・・
でも微妙に蹴られるんだよなあ、当たり前か、本来DXレンズですから。^^;
もちろんニコンにはAF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gと言う素晴らしいレンズもあり、、これがFマウントの35mmのベストだとは思いますが、お値段も素晴らしいんですよねえ。^^;

でもこの35mm/F2、Flickrなどで撮影例を見ると、絞を開けた時の甘さが良い感じなのですよ。
癒し系と言うか、脱力系と言うか、ゆるさが楽しいレンズのようです。
サイズもご覧のようにコンパクト、205gと軽量です。
試写の結果は・・・ご覧のとおり、開ければ柔らかく、絞ればパキパキ、古典的な味わいのレンズでした♪



愛知県豊田市西山町5丁目1 西山公園にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 35mm f/2D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-28 06:00 | Flowers & Plants
2013年11月27日 Yellow + Black + Red = Kodak!
b0134829_11946.jpg

「黄色と黒は勇気のしるし、24時間戦えますか♪」・・・栄養ドリンクRegainのCMのジングルですね♪
で、「黄色と赤」は・・・そう、中華料理屋の看板でよく見かけますねえ、「黄色と赤は中華のしるし」なんであります。
じゃあ「黄色と黒と赤」は何のしるしかと言えば・・・ドイツの国旗かな・・・いやいや、フォトグラファー的にはKodakのしるしなんであります♪

KodakとはEastman Kodak Company、1880年(明治13年)にアメリカ合衆国で操業された世界最大の写真用品メーカーですね。
コダックのコーポレートカラー、ずっとこの黄色・黒・赤のコンビネーションでした。
ここに写っているコダックのクーラーバッグは販促用アイテムですが、温度変化に敏感なリバーサルフィルムを運ぶのに重宝したようです。
で・・・その上にちんまりと乗っているパッケージが今回のエントリの主役、Kodak T-MAX 100なんであります。

b0134829_1191812.jpg

このKodak T-MAX 100、「TMX」と略称で呼ばれることも多いB&W(Black & White、黒白)ネガフィルムですね。
とても素晴らしいB&Wフィルムなんですが、いかんせん専用現像薬が必要で現像代が高価・・・ラボで頼むと一本あたり1000円を超えます。
そのため、いままであまり縁のないフィルムでした・・・でも最近、白黒フィルムの自家現像を始めたので、事情が変わりました。

左側に見える薬品瓶がT-MAX専用の現像薬、"T-MAX Developer"であります。yodobashi.comで2,080円でした。
1Lの濃縮液で、これと水を1:4で希釈して用いますが、データシートによれば、これ一本で120フィルムが約60本現像できる、とのことです。
右後ろに写っているのがコダックの定着液Kodafix Solutionで1,197円でした・・・90本を定着できます。
つまり、120フィルム一本あたりの現像料を計算してみると、約50円・・・笑うしかありません。^^;

b0134829_1193114.jpg

と言うわけで、上に写っている私のRolleiflex Automat MXでT-MAX 100を試写し、現像してみたのがコレです。
ディーペストシャドウからハイエストライトまで粘る粘る・・・さすがの広階調なんであります♪
またT-MAX 100、フィルムベースが分厚いんです・・・つまりリールに巻きやすく、カールしないのでスキャンもしやすいんであります。
さらにうれしいことに、5本パックでも2000円しません・・・今手に入る120判B&Wフィルムとしては、かなり安価です♪
ネオパン100アクロス同様、常用フィルムになりそうな予感なんであります。^^v

なお、このT-MAXで撮った写真は、私の銀塩フィルム写真ブログ"Silver Oblivion"に置いておきますので、ご興味があればご覧ください。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-27 06:00 | Still Life
2013年11月26日 昭和の村役場にて
b0134829_11364064.jpg

晩秋の午後の鈍い光を受け止める古い機械・・・全体像をよく見たら、これは古い消防車のようでした。
MORITA OSAKAの文字が読めますが、日本の消防自動車メーカーとしては老舗の株式会社モリタが製作したもののようでした。

b0134829_122932.jpg

昔から消防車の色は赤だったんですね。
これは炎を意識した意匠なんでしょうか・・・実用一本槍ではなく、遊びの感じられる楽しいデザインでした。

b0134829_12292516.jpg

さて、上の消防車が置かれていたのは、日本昭和村の昭和村役場なんであります。
ここは岐阜県の高山市の南東に存在していた朝日村旧庁舎を移築したもので、昭和13年築の当時としてはとてもモダンな建物だったようです。
中に入ると、懐かしい手回し計算機が飾ってありました・・・その後ろに見えるのは和文タイプライターでしょうか。
今やエクセルやワードに駆逐されてしまいましたが、道具としての素敵な佇まいが和めました。

b0134829_1230520.jpg

こちらも昔懐かしい金庫の扉なんであります・・・ここから取り出す現ナマ、ありがたみがあったでしょうね♪
今はインターネットバンキングで何でもお手軽に処理できるようになってしまい、お金にまつわる重々しさがなくなりましたねえ。^^;

b0134829_12303072.jpg

ランプシェードであります・・・「セード」って言ったほうが昭和らしいかな。
今見ても美しいデザインですね。^^

b0134829_1230496.jpg

役場の2階へ上がる踊り場にあった柱です・・・これも太い木材のみが持つ重厚感に溢れていました。
昭和の建物って、今の建物に比べると不便で効率が悪かったんでしょうが、ずっと威厳や貫禄に満ちていましたね♪

岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1 日本昭和村 昭和村役場(朝日村旧庁舎)にて
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-26 06:00 | Rusty Scene
2013年11月25日 ツバメもやってくる手作りなカフェ
b0134829_21115310.jpg

微妙なトーンのブルーで塗られた蔦が絡まるドア・・・
休日のランチ、たまには新規開拓しようということで、相方と一緒に尾張旭市にあるTsubame Cafeさんに行ってきました。

b0134829_21125626.jpg

中に入ると、こんなアンティークなディスプレイが目を惹きます。
カフェだけでなく雑貨の販売も行っているんだそうで、ヨーロッパの田舎家のような落ち着いた空間になっておりました。

b0134829_21131282.jpg

1階のテーブルはすでに満席だったので、2階へ・・・
階段横のディスプレイも、ノエルな雰囲気のになってきていて和めました。

b0134829_21133748.jpg

少々ステップ幅が狭くて急な階段を上がって行きます・・・そこらじゅうにツバメのディスプレイがあってかわいらしいです。
春先から初夏には、毎年ツバメがやって来るんだそうで、それが名前の由来なのかもしれません。
お店のドア同様、シックなトーンのブルーとオフホワイトに塗られたインテリアがオシャレでした。

b0134829_21145597.jpg

メニューの写真はオーナーさんが自ら撮られたのだとか・・・めっちゃフォトジェニックでした♪

b0134829_21153385.jpg

こちらは2階のカウンター席で、表に見えるのは尾張旭市の文化会館でしょうか・・・
このカフェ、とってもラブリーな雰囲気のお店なので、男子が一人で入るのはかなり勇気がいりそうです。
でも、このカウンター席なら、男子おひとり様でもくつろげそうでした。

b0134829_21162998.jpg

こちらが相方の注文したカレーとフレンチトーストのセットです。
スパイシーなカレーが、甘いフレンチトーストに不思議によく似合うんであります♪
このツバメ・カフェさん、このフレンチ・トーストが名物で、おやつ系からごちそう系まで、さまざまなフレンチ・トーストが楽しめます。^^

b0134829_2116452.jpg

にもかかわらず、私はハヤシライスのランチを頼んでしましました・・・
これはこれで美味しかったんですが、相方のフレンチトーストを分けてもらったら、やはり名物だけのことはあり、ふんわり柔らかで絶品でした♪

b0134829_21332114.jpg

室内を見渡すと、2階にもノエルの季節ならではのデコレーションがありました。
これ、幼子イエス・キリストの誕生を祝うシーン、"Nativity"ですね。
私、21世紀になってから8回ほど渡英してますが、その主な目的は英国の田舎の教会のステンドグラス撮影なんであります。
合計すると100件以上の教会を訪問していると思いますが、特にお気に入りはアーツ・アンド・クラフツ様式のステンドグラスなんであります。
教会のステンドグラスの意匠は様々なものがありますが、この"Nativity"もとても人気のあるものなんであります。^^

それはさておき・・・
このTsubame Cafeさん、フレンチ・トーストだけでなくコーヒーも美味しいので、また近くに来たら寄ろうと思ってます♪

愛知県愛知県尾張旭市西大道町前田3711 Tsubame Cafeにて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-25 06:00 | Foods & Dining
2013年11月24日 色づく街角、もうクリスマス♪
b0134829_19161853.jpg

11月も下旬となり、街角はすっかりクリスマスムードになってきましたね。
アメリカだったらクリスマスの前にはまず感謝祭がありますが、日本ではいきなりクリスマスになってしまうんであります。
昨今はハロウィンも認知されてきましたが、サンクス・ギビングとイースターは宗教的要素が強すぎるせいか、いまだ日本では盛上りません。^^;
背景には色づいた街路樹が・・・クリスマスって、葉を落とした街路樹が背景じゃないと、なんとなく妙な感じなんであります。^^;

b0134829_19163560.jpg

街角のクリスマス・ツリーも、昨今は凝ったツリーが多くなってきました。
このツリーのオーナメント、キッチン・ガジェットばかりです・・・コーヒーケトルやお皿、調味料のキャニスターなどがぶら下がってました。^^;

b0134829_1917968.jpg

ええ歳こいて、いまだに"Merry Christmas"の文字を見ると、パブロフの犬のようにうれしがるんであります♪

b0134829_19172936.jpg

スノーマンもスタンバっておりました。

b0134829_19174949.jpg

こちらは「不思議の国のアリス」の三月うさぎさんでしょうか・・・クリスマスに関係あるんだっけ。^^;

b0134829_19181330.jpg

このツリーのオーナメントは、なぜか額縁や本でした・・・楽しいなあ、こういうの♪

b0134829_19184678.jpg

お店のディスプレイも、11月からガチでクリスマス・・・これも楽しくて素敵なんであります。^^

b0134829_19191246.jpg

クリスマスディスプレイ、本番は陽が落ちてからのイルミネーションなんでしょうね。
それぞれのツリーや街路樹に仕掛けられたオーナメントに灯りが灯ったら、そりはそりはファンタジックだろうなあ・・・
でも、昼間は色づいてきた街路樹も一緒に見られるのが楽しいんです・・・人でごったがえす紅葉の名所よりもおだやかな晩秋を満喫できました♪

名古屋市千種区星ヶ丘 星ヶ丘テラスにて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-24 06:00 | Seasonal Images
2013年11月23日 いにしえをみまもるあかり
b0134829_20161867.jpg





b0134829_201649100.jpg





b0134829_20171611.jpg





b0134829_20183087.jpg





b0134829_20191054.jpg





b0134829_20193228.jpg





b0134829_20195526.jpg




名古屋を代表する近代建築、名古屋市市政資料館です。
先日、私の所属する写真集団「錆銀」の愛知合宿の際に、メンバー一同をお連れしました。
よそから写真好きなゲストが来ると、だいたいここにお連れするんですが、気に入ってもらえることが多いんであります。^^
ただ、私にとっては何度も撮った被写体なので、変化を付けて撮るのがむずかしいんですよね・・・撮らされてしまうことが多い被写体です。^^;
なので・・・今回はこの古い建築を照らす灯りに注力し、超広角レンズで撮ってみました。

名古屋市東区白壁1−3 名古屋市市政資料館にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-23 06:00 | Old Buildings
2013年11月22日 ニッパチ通しな豚骨ラーメン
b0134829_10275867.jpg

先日、使用頻度の低い2本のレンズとトレードしたTamron Model A001、ニッパチ通しの70-200mmにしては最短撮影距離が短いです。
一般的な70-200mm/f2.8ズームは、最短撮影距離が1.3mから1.4mってのが多いです・・・寄れないんです。
でも、タムロンのコレの最短撮影距離は0.95mと異様に寄れるので、つい家の中でも振り回してしまいます。
これは望遠端の70mmの最短撮影距離で撮ったものです。

b0134829_10281522.jpg

こちらは望遠端の200mm・・・ベアと私のRolleiflex Automat MXを撮ってみました。
雨の日に撮ったので室内は暗かったです・・・ベアが持ってるスタデラを読むと5.5EV・・・ISO100でF2.8なら1/8秒です。
このレンズ、手振れ補正機能がないので、ISOを2200まで上げ、F2.8、1/125で撮りました。
手振れの目安となる「1/焦点距離」より遅いSSですが、しっかりとホールディングすれば手持ちでもなんとかなる感じです。

b0134829_10283374.jpg

室内でも使えるニッパチ通しの70-200mm・・・ここで閃いてしまいました・・・
コイツでB級グルメ即席麺シリーズを撮ってみようかと。^^;
「牛刀をもって鶏を割く」に近い趣がありますが、かつてAPS-CのK-5の時にはプラナー50㎜(75㎜相当)でもラーメンは時々撮ってました。
また、タムキュー(135㎜相当)でも撮ったことがありますから、まんざら未体験ゾーンでもありません。
選んだのは日清のラ王、「豚骨」です。
先日その「醤油」バージョンを食べたとき、即席麺離れした美味さに目から鱗が1ダースほど落ちましたので、今回も大いに期待しておりました。

b0134829_10285282.jpg

九州風の細いストレート麺を使った豚骨ラーメンなので、ゆで時間はたった1分半で完成です。
うむ、これも美味い♪
「ラ王」シリーズ、コンプリートしてみたくなりましたよ、塩と味噌もまっとれよぉ♪

なお、ここに登場したベアさんと、ラーメンの上に乗っているチャーシューは我が相方の手作りです。
今日は11月22日、「いい夫婦の日」ですので、しっかり感謝をしなければ・・・いつも君の手作りを撮らせてもらい、感謝しております、ありがと♪
でも・・・「私の大事なベアちゃんとラーメンを一緒に撮るなんて、許せないっ」って声も聞こえて来そうですけどね、あはは。^^;

b0134829_1029850.jpg

これは望遠端200mmでにじり寄ったラーメンです・・・寄れますねえ♪
手振れ補正付のTAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD (Model A009)が出て、旧式になりましたが費用対効果抜群です。
なにしろ6万円以下で買えます・・・Nikon純正ニッパチ通し70-200mmの1/3なんであります・・・私みたいなへたれにはこれで十分であります♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D600
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 (Model A001)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-22 06:00 | Foods & Dining
2013年11月21日 祈りの光
b0134829_18582539.jpg






b0134829_18584841.jpg






b0134829_1859553.jpg



にぎやかな大須アーケード商店街の真っただ中にあるのに、不思議にひっそりとした空気の漂う空間・・・
ここは織田家の菩提寺でもある大須の萬松寺ですね。
宗教施設にある灯りって、洋の東西を問わず敬虔な雰囲気に包まれているような気がします。

名古屋市中区大須3−29−12 萬松寺にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-21 06:00 | Lights & Shadows