Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2013年12月31日 継承される伝統
b0134829_03582.jpg

年末の年中行事と言えば、やっぱり餅つき・・・昨日は写真友達のK君宅での餅つきに参加してまいりました♪
彼のうちは米作農家で、基本的にはうるちのコシヒカリを作っているんですが、お餅をつくためにもち米も栽培しているんであります。^^
こちらは、研いだ後にざる上げされて土間で待機中のもち米さんなんであります。^^

b0134829_024227.jpg

そのもち米を蒸しあげるのは、昔ながらのおくどさんの中の薪の炎なんであります。
K君のうちのお餅が美味しいのは、この伝統的な方法で蒸しあげているからに違いないんであります。^^

b0134829_0243391.jpg

蒸しあげられたお米が、うすの中に入れられました。

b0134829_0245038.jpg

例年だと、K君のお父上がつくんですが、今年はK君がつくことになりました。
う~む、なかなか堂に入ったつきっぷりなんであります・・・しっかりと伝統的な餅つきの技法を継承しているのであります♪

b0134829_0251015.jpg

お母様との呼吸もばっちり、お餅がどんどんつきあげられていきました。

b0134829_0252852.jpg

ついたお餅は、伸餅にしたり、お供え用の丸餅にしていきます。
愛知県はお餅に関しては関東系で、お雑煮は伸餅の切餅で済まし仕立てが基本なんですね~♪

b0134829_0254199.jpg

こちらはうるち米とアオサノリが入った「ぼろ餅」ですね。
普通のお餅ほど粘らないので、お年寄りも喉に詰めにくいんだとか・・・あはは。^^;
やわらかなお餅の中に、固いうるち米の粒々が入り、独特の食感が楽しいんであります♪
例によって、伸餅を一臼、お供え用丸餅を数セット、そしてぼろ餅も一本と、いっぱいお土産をいただい出てしまいました。
毎年本当にお世話になっているんであります・・・K君、どうもありがとう~♪

さて、2013年もいよいよ押し迫ってきました。
いつもこのへたれブログを訪問してくださる皆様、この一年間、本当にどうもありがとうございました。

今年はこのブログも5周年を迎え、さすがにマンネリ気味になってきました・・・それを打破するために今年は写真塾に入会してみました。
三浦誠先生のご指導のもとで写真を撮ることで、今まで手探りで探していたものが、明確に見えるようになってきた気がします。
また仲間や先輩の塾生さんたちに混じってノリタケの森での作品展に参加し、生れて初めて自分のプリントも展示させていただきました。

全国に広がる写真仲間たちとの出会いもありましたねえ♪
錆系銀塩写真愛好家の方々と「写真集団・錆銀」を立ち上げ、記念すべき第1回合宿を11月に我家で敢行いたしました。
そして、錆銀の仲間からの刺激と指導で、かねてからの夢だった白黒フィルムの自家現像も始めました。

もちろん今までの仲間である「全日本味噌煮込写真家協会」の皆様とも、相変わらずオフ会で親しくしていただき、ありがとうございました。
10月の豊田市美術館花遊庭オフ、12月の揚輝荘の紅葉オフ、例によって楽しかったです。^^
来年は・・・あ、恒例の新春熱田神宮初詣オフ、突発的ですがまた企画しようかな・・・1月3日ぐらい、どうですか。^^;

ハードウェアのメイン機材も、APS-CセンサーのPentax K-5から135判センサーのNikon D600に変更し、マウント変更となってしまいました。
またポストプロセス用のソフトウェアも、デジタル・フィルムすべてのワークフローを統一するためにAdobe Lightroomに変わりました。

う~む・・・今年はエポックメイキングな年だったのかも・・・
こうして振り返ってみると新しい経験がたくさんあり、私の写真人生の中でターニングポイントとなる記念すべき年になったような気がします。
お世話になった皆様、本当にどうもありがとうございました♪

さて、来年はどんな年になるか・・・まったく見当もつきません。
でも、写真は飽きずに撮っていくと思います・・・なにとぞまたよろしくお願いいたします♪
それではぜひ良いお年をお迎えください~。^^

愛知県豊田市にて
Olympus Pen mini E-PM2
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-31 06:00 | Seasonal Images
2013年12月30日 師走の漁港にて
b0134829_17103753.jpg

お正月の買出しで、友人夫婦と一緒に西尾市の一色漁港の朝市に行ってきました。
今はスーパーもコンビニもあるので、年末の買出しなんかする必要もないんですが、まあ気分の問題なんですよね。^^
いかにも「年の瀬」と言う気分を味わいたいがために、歳末の買出しに出かける・・・ってことなんであります♪

b0134829_17154742.jpg

さて、一色町と言えば、何と言ってもウナギが名物です。
なにしろ全国トップクラスの養殖量を誇り、日本の生産量の約4分の1を出荷しており、市町村単位では、一色町が昭和58年から現在まで、全国一位の出荷量を誇っているんだそうです。

b0134829_17161016.jpg

また、三河湾はアサリやハマグリでも有名ですね♪

b0134829_17162317.jpg

こちらの紡錘形のお魚はハマチかな・・・60㎝を超える大きさのようにも見えたので、ひょっとするとブリなのかもしれません。^^

b0134829_17163617.jpg

西尾市の東隣の自治体は蒲郡市・・・そこの名産品、蒲郡ミカンもならんでおりました。^^
お刺身や乾物などなど、いっぱい買いこんで帰ってきました♪

愛知県西尾市一色町小藪船江東176 一色漁港にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-30 06:00 | Snap
2013年12月29日 禁欲の光、快楽の光
b0134829_23172623.jpg






b0134829_2317433.jpg






b0134829_23482699.jpg






b0134829_23183514.jpg



昨日の愛知県、雪がちらつく寒い一日でした・・・
そんな中、私の所属する写真塾「ワークショップ写房」の撮影会で、犬山の明治村に出かけて来ました。
こんなお天気だし、年末も押し迫った時期なので、さすがにお客さんは少なかったですが、それゆえに普段より静謐な明治村を見られました。
さて家元からのご指示は、「明治村を撮るな、明治を撮れ♪」なんでありました・・・^^;

この4枚、明治村にある教会の光で、最初の2枚は聖ヨハネ教会、次の2枚は聖ザビエル天主堂のものです。
どちらも敬虔な光ではありますが、印象は若干違います。
前者はプロテスタントの教会なので、どことなく禁欲的な気配を感じさせ、後者はカトリックの教会なので快楽的な雰囲気が強いんですね。
明治の時代の人々はそれぞれの光を、どんな気持ちで見ていたのでしょうか・・・

愛知県犬山市字内山1番地 博物館明治村にて
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-29 06:00 | Lights & Shadows
2013年12月28日 初冬の採石場にて
b0134829_235735.jpg






b0134829_2352837.jpg






b0134829_236368.jpg






b0134829_23642100.jpg






b0134829_237754.jpg



例によって"Toxic Rust"な被写体です。
瀬戸市から尾張旭市にかけて、こういう無愛想な採石場が多く、このプリセットへの相性が良いんですね♪
場所を特定できそうなものをフレームから外して、日本に見えないような写真を撮ってみました。^^
こういう採石場、冬の北風が強いときに出かけると、目に砂がはいって不快なことこの上もありません・・・
でも、写真を撮りたいという気持ちが優先してしまうんですよね。^^;
人によって撮りたい被写体は違うんでしょうが、目が痛いと言いながらこういう被写体を撮っている私って、相当な物好きなのかもしれません。^^;

愛知県尾張旭市にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-28 06:00 | Rusty Scene
2013年12月27日 日本の黒顔羊、英国の黒顔羊に会う
b0134829_14185162.jpg

黒顔羊に会いに行ってきました~♪
ここに山積みになっているのは「ひつじのショーン"Shaun The Sheep"」と呼ばれる黒顔羊さんなんであります。

b0134829_14191886.jpg

『ひつじのショーン』 (Shaun the Sheep) とは、イギリスのアードマン・アニメーションズ制作によるストップモーション・アニメです。
かつて渡英の際のJALの機内映画で見て以来、英国の田舎の牧場を舞台に繰り広げられるコメディに魅了されてしまいました。
一話七分と言う短編で、日本でも教育テレビで放映され人気が出ましたね。

b0134829_14245779.jpg

英国のアニメですが、登場するキャラクターたちは、英語を話しません・・・と言うか、意味のある言葉を話しません。^^;
動物の目を通じて人間を見ているという設定なので、彼らが話すときは何語と判断できない不思議な音を発するだけなんであります♪

b0134829_1425193.jpg

私がショーンに会いに出かけた先は、隣町の豊田市の松坂屋百貨店です。
12月25日から、8階の催事場で、この「ひつじのショーン」の特別販売が始まり、たくさんのショーングッズが販売されておりました。

b0134829_142659.jpg

こちらはTシャツなんですが、レディースのMサイズと若干小さいサイズなので、諦めざるを得ませんでした。^^;

b0134829_14262439.jpg

お客さんは、小さな子供を連れたお母さんが圧倒的に多く、私のような初老のおぢさんは皆無でした。^^;;;

b0134829_142716.jpg

で・・・私もいっぱいショーン・グッズを買って帰宅したんであります・・・なにしろハンドルネームがBlackfacesheepですからねえ♪
黒顔羊と言うHNの由来は、私の愛して止まない英国Yorkshireに住むSwaledale Sheepですが、ショーンはSuffolk種の羊のようです。
このドラマには、英国の田園地帯の牧場や住宅、風景がいっぱい出てきますし、タータンチェックのテルモスでお茶を飲むシーンがあったり、赤いロイヤルメールのポストやダブルデッカーのバス、BFタイプの差し込みプラグなどが出てきて、英国ファンのハートを直撃します。
また青いトラクターも出てきます・・・おそらくFORD 3000だと思います・・・虎ファンにも実に楽しいドラマなんであります♪

b0134829_14273681.jpg

一枚目に登場したぜんまい仕掛けのショーン、買ってきました・・・昔懐かしいヘタレな動きがとてもかわいらしいんであります。^^

b0134829_14275617.jpg

こんだけショーン・グッズが揃いました。
義姉から頂いたマグカップ、ぜんまい仕掛けのショーン、ショーン柄のタオル、ノート、メモパッド、クリアファイル、キーホルダーなんであります。
松坂屋での「ひつじのショーン」特別販売、来年の1月6日まで開催されているので、また買いにに行くかもしれません。^^;

愛知県豊田市、みよし市にて
Olympus Pen mini E-PM2
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
M.ZUIKO DIGITAL 45mm/F1.8 (7~8枚目)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-27 06:00 | Still Life
2013年12月26日 聖夜のディナー
b0134829_1818463.jpg

たまにはB級即席麺ではないわが家の料理写真を・・・
クリスマスですから、相方がオーブンで鶏の腿肉をローストしました・・・蜂蜜入りテリヤキソースの香ばしい味付けなんであります。
付け合せはターサイとプチトマト、見事にクリスマスカラーになっておりました♪

b0134829_1818203.jpg

こちらは前菜のスープですね・・・パイ皮で覆ったキノコと玉ねぎのポタージュなんであります。
我家のオーブン、もう20年以上使っているコンベックですが、パン焼きやオーブン料理の時にはいまだに元気で活躍してくれます。

b0134829_18183459.jpg

こちらはチョコレートケーキ・・・某洋菓子屋さんが下請けで作ってくれました。
相方は作るつもりだったらしいですが、私がデパートに行ったときに目につき、つい衝動買いしてしまったのですね・・・^^;;;

b0134829_18185228.jpg

で、こちらは私の義姉へのクリスマスプレゼントなんであります。^^

b0134829_18191230.jpg

こちらは相方へのクリスマス・プレゼント・・・姉妹でも好みが違うので、選び分けてるんであります♪

b0134829_18193439.jpg

こちらは私がいただいたクリスマス・プレゼント・・・相方からは梟のマグ、義姉からは黒顔羊のマグをいただきました♪
どうもありがとう~♪

さて、この黒顔羊、"Shaun The Sheep(ひつじのショーン)"と言う英国TVアニメの主人公です。
以前渡英した際のJALの機内映画で見て以来、ずっとファンなんであります・・・このアニメ、英国製らしくウィットに富んでおりますねえ。
ひとつのエピソードが約7分と短く、ほとんどパントマイムで英語も出て来ないので、日本でもNHK教育ドラマでオンエアされています。
ちょうどクリスマスバージョンがYouTubeにありましたので、貼っておきますね。



タイトルは"We Wish Ewe A Merry Christmas"と、"You"が"Ewe(雌羊)"になっているあたりが芸が細かいです。
さて、実は昨日から、隣町のデパートで「ひつじのショーン」の特別催事が始まったんであります。
私ももちろん出かけて来ましたよ・・・”A Black Face Sheep Meets His Relatives"なんでありました♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen mini E-PM2
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-26 06:00 | Foods & Dining
2013年12月25日 赤い大聖堂
b0134829_17361687.jpg

またしても生コン工場です・・・
冬の午後の弱々しい日差しを受け、大空に屹立する姿は、なかなかに神々しいと言って良いのではないでしょうか。
例によって、Adobe Lightroomで作った錆系専用プリセット、"Toxic Rust"にて処理してみました。
う~む、クリスマスミサの最中の荘厳な大聖堂にも見えないこともありません・・・あ、そこ、「見えるわきゃねーだろ」とか言わんように。^^;
ユネスコの世界遺産に登録されているドイツのフェルクリンゲン製鉄所も、通称「労働者のカテドラル」と呼ばれているそうですから、あながち無理なたとえではないと思うんですけどねえ。^^;

b0134829_1736376.jpg

こちらはその大聖堂を支えるフライング・バットレス・・・なはずはなく、生コン工場特有のコンベアなんであります。^^
でも、こういう妖しげな光とともに撮ると、カンタベリー大聖堂あたりにも似ているように感じます(って、ヲイ。^^;)

b0134829_17372244.jpg

こちらはお隣の敷地にあるペイント工場の施設です・・・ミラノのドゥオモの尖塔群のようなんであります。^^
”Toxic Rust"で仕上げると、みょ~に荘厳な雰囲気がまとわりつき、崇め奉りたくなる威厳に満ちてくるから不思議です。^^;

b0134829_17373543.jpg

冬枯れした樹木もなんとなく神々しい雰囲気に見えてしまいます・・・
もはやキリスト教的発想ではなく、ヤオヨロズの神を敬うジャパネスクな汎神論的世界ですね~♪

b0134829_17375835.jpg

生コン大聖堂の遠望であります・・・
この工場地帯、我家から車で10分程度の距離にあるお手軽な「工場萌え」な場所です。
なぜか今まであまり撮ったことがありませんでした・・・日常的過ぎて、萌えにくかったのかもしれません。
でも、6x6のRolleiflexにネオパン100アクロスを装填して撮ってみたら、B&W特有の非日常感に溢れた雰囲気に写ってくれました。

そっか~、非日常感を演出すればこの見慣れた風景のイメージも変えられるのかも・・・で、デジタルでも撮ってみましたよ。
"Toxic Rust"で思い切り非日常的なフィニッシュをしてやると・・・化けるもんですねえ♪
まさしく「灯台下暗し」、って感じだったのであります。^^v
このプリセット、Nikon D600で使い始めましたが、Olympus Pen miniでも違和感なく使えます・・・Lightroom、重宝であります♪

愛知県みよし市にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-25 06:00 | Rusty Scene
2013年12月24日 遠来のクリスマスギフト
b0134829_17353815.jpg

みなさん、メリー・クリスマス♪
今年もいよいよクリスマス・イブなんであります・・・季節の進むのは本当に早いですねえ。^^;
さて、ソリの上のシロクマさんが飲んでいる暖かそうな飲物は・・・"Candy Cane Green Tea"なんであります♪
まだ飲んでませんが、甘い緑茶なんだろうか・・・^^;

これ、私の日本語の生徒の一人で、今は米国ミシガンに戻ったLちゃんからのクリスマスプレゼントの一部なんであります。
先週、Lちゃんのご主人のK君が、彼の勤務先の本社がある豊田市に出張してきたので、夕飯をご一緒しました。
そのときにK君、クリスマスプレゼントを人間宅急便でミシガンから持って来てくれたのであります。
すべて私たち夫婦の大好きなTrader Joe'sブランド、ありがと~♪

b0134829_17355597.jpg

これもそのときに戴いたクリスマスプレゼントの一部で、「雪吹雪に捕まったキャラメル」なんだそうです。
アメリカのお菓子って、名前もひねりが効いているし、パッケージデザインもお洒落で、いかにもホリデー・シーズンって感じなんであります。^^

b0134829_1736983.jpg

こちらはトレジョの日用雑貨、オートミールと蜂蜜の石鹸、そして繰り返し使える「驚異のキッチンクロス」であります♪
私たちの性格をよく知っているので、一筋縄ではいかないものを選んでくれるんであります。^^v

b0134829_17362359.jpg

こちらはトレジョ・ブランドのお菓子であります・・・海塩風味のバタースコッチキャラメルと、ペパーミント・プレッツェルなんであります♪
まだ食べてませんが、どんな味なのか、興味津々なんであります。^^
LちゃんとK君、いつも素敵なセレクションで楽しませてもらっております、本当にどうもありがとう~♪

b0134829_17363729.jpg

さて、こちらはまた別の方からいただいた素敵なクリスマス・プレゼントです・・・私の大好きなトラクターのミニカーですね。
つくりが良いことで定評のあるUHことUniversal Hobbies社製の1/32スケールモデル、"FORD 5000 1964"なんであります。
私の1/32虎コレクション、また仲間が増えたんであります♪

これ、宮城県在住の写真友達、"Film&Gasoline"さんがわざわざ送ってくださったんであります、どうもありがとうございました~♪

実は昨年の12月、私がFORD 5000の写真を撮影して銀塩写真ブログに掲載しました。
たまたまそれを見たフィルガソさん、大いに気に入ってくださり、そのご縁でお付き合いが始まりました。
フィルガソさん、私と趣味が合うんですよね・・・
メカニカルな銀塩写真機が好きだし、ご職業は古い英国車のレストア・販売だし、レッド・ゼップ・フリークな元ハードロック野郎だし。^^
今では「写真集団・錆銀」の東北方面隊の隊長さんを務めていただいております。^^

フィルガソさん、律儀な方で、「顔も見たことがない人からプレゼントが来てもうれしくないでしょうから・・・」と、自画像も送ってくださいました。^^
Kodak Jr.と言う古いカメラをお持ちになった、私より少しお若いハンサムガイがそこに写っておりました♪
FORD 5000が取り持つ不思議な縁・・・このミニカーとポートレートを見るたびに、その偶然の出会いの素晴らしさに感謝するでしょうねえ。^^

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-24 06:00 | Still Life
2013年12月23日 朽ち逝く生コン工場
b0134829_17483725.jpg

昨日は冬至・・・一年で一番陽の短い日でした。
夏には猛々しく増殖しまくった蔦も、冬至の弱々しい日差しにさえ透過されてしまうほどに、擦り切れつつあるようでした。
この蔦がまとわりついているのは、赤く錆びた鉄のゲート・・・そしてその向こう側に、私の興味を惹いて止まないアレが建っておりました。

b0134829_1749389.jpg

アレとは・・・生コン工場なんであります♪
ぶっきらぼうで無愛想な造形が気に入ってしまい、見つけると片っ端から撮っております。^^;
「工場萌え」な私が一番萌えるのは、なんと言っても配管うにょうにょのケミカル・プラントなんですが、二番目はどうやら生コン工場なのかも。^^;
この工場は、先日瀬戸から名古屋方面に向かっているときに視界に入ってきたもので、そのときは急いでいたのでスルーしてしまいました。
帰宅後しっかりとGoogle Mapで調べ、昨日調査に向かった、と言うわけです♪

b0134829_17495761.jpg

こちらが南西側から見たところです。
生コン工場特有の造形ですね・・・背が高く、滑り台みたいな造形物が出ていて、昔の戦艦の艦橋のようにも見えるゴツさがたまりません♪
こういう性向、私だけのものじゃないようです・・・ネットでググってみると、結構「生コン工場フェチ」や「生コン工場萌え」な人々、多いようです。^^;
しかし、この工場、な~んか変です・・・ま~るで生気がありません・・・どうやら廃棄された工場のようでした。

b0134829_17502534.jpg

パイプ類にも、見事な赤錆が湧いているのでありました。

b0134829_1757057.jpg

コンベアも止まったままのようでした。

b0134829_175719100.jpg

夏に来ると蔦や雑草に絡まれて本体がよく見えないぐらいになっているのかもしれませんが、冬枯れの今はその錆びた本体がよく見えます。
それ故に、余計に寂しさが募るのでありました。
ちなみに、今回のポストプロセスもLightroom 5.3で作ったプリセット、"Toxic Rust(有毒性もしくは中毒性赤錆)"で処理しました。
このプリセット、確かに中毒性があります・・・最近、これを適用したくなるような被写体ばかり撮っているような気がします・・・^^;;;

愛知県尾張旭市にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-23 06:00 | Rusty Scene
2013年12月22日 A Coffee Shop in Red & Green
b0134829_175574.jpg

街を歩くと、どこもかしこも赤と緑のクリスマスカラーで溢れておりますね。
こちらも赤系統のオーナメントの飾られたクリスマスリース、背景には緑色の光が見えます・・・これは、例のアレですね。^^

b0134829_1755242.jpg

はい、ここはスターバックス・コーヒーなんであります・・・緑はスタバのコーポレートカラーなんでありました。^^
ところで、この緑・白・黒で描かれたロゴ、旧ロゴなんであります。
スタバの正式なコーポレート・ロゴ、2011年に微妙に変化したんであります。

b0134829_1851273.jpg

そう、"STARBUCKS COFFEE"と言う緑色の文字がなくなり、黒かったセイレーンが緑になりました。
この新ロゴ、スタバとしては4代目のロゴデザインになるんだそうです。
詳しくは記事の一番下のリンク先、「”Starbucks Coffeeロゴの変遷」をご参照ください。

b0134829_1756016.jpg

この新ロゴ、それでもだんだん目になじんで来ましたね。
ギフトセットなどでもこのグリーン・セイレーンのロゴがあしらわれており、見慣れてきたせいなのか、さほど違和感がなくなってきました。^^;
"COFFEE"と言う言葉を失くすことで、より多角的な方向へ発展していこうと言う意思の表れなんでしょうか・・・
いずれにせよ、この新ロゴが発表されたときは、世界中で大騒動になったらしいです。^^;

b0134829_17561995.jpg

コーポレート・ロゴが緑だと、クリスマスには実にはまりますねえ、赤いカップにとても良く映えるんであります♪
背景に見えるパンもなんとなくそんなカラーコーディネーションのようです・・・

b0134829_17563741.jpg

そう、この季節限定のフィローネ ホリデーチキンなんであります♪
スタバのウェブサイトに寄れば、「ジューシーなチキンとマッシュポテト、オニオンソテー、赤と緑が鮮やかなブロッコリーと赤ピーマンに、長時間かけて煮詰めた濃厚なソースとチーズを合わせて、贅沢な味わいに仕上げました。」とのことです。^^
赤と緑が際立つ配色で、クリスマスにぴったりのスナックなんでありました♪

愛知県豊田市にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
Nikon D600 & Nikon Ai AF Nikkor 35mm f/2D (5枚目のみ)

"Starbucks Coffee" ロゴの変遷
[PR]
by blackfacesheep | 2013-12-22 06:00 | Foods & Dining