Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2014年2月28日 枯雑草に征服された廃車たち
b0134829_16482690.jpg







b0134829_16484656.jpg







b0134829_1649128.jpg







b0134829_16491666.jpg







b0134829_16494054.jpg



すでに銀塩フィルム写真ブログでは公開済みの、「禍々しき冬雲」と言う写真を撮るために、田舎道を歩いていたときのことです。
道路脇の荒れ地のかなたに、妙な物体を発見しました。(下記リンク先をご参照のこと)
赤錆フェチの嗅覚にひっかかるナニカがあそこにあるようです・・・好奇心がむくむくと湧いてきて、近寄って検分してみることにしました。

苦労して現物に近寄ってみると、2台の廃車がそこにありました。
とりあえずフィルムで一枚撮りましたが、お天気も今一つだし、雑草に足を取られて撮影もままらならないので、後日、出直すことにしました。

で、先日・・・しっかりとしたトレッキング用ブーツを履いて、現場を再訪してきました。
前回は絡みつく枯草に恐れをなし、車種の同定も敵わなかった黄色い廃車、フロントノーズを見てようやく正体がわかりました。
三菱がライセンス生産していたジープ、J30系と呼ばれるデリバリワゴンのなれの果てのようでした。
また、青い方はその特徴のあるヘッドライトまわりの造形からして、トヨタの商用車、初代ライトエースのようでした。
自動車を同定するには、やはり前から見ないとダメなんですね。^^;

二台とも絡みつく雑草の中で、ひっそりと風化しつつあるようでした。
人間の英知を絞って作った機械も、旺盛な自然の生命力には敵わない、ってことのようなんでありました。

愛知県豊田市にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)

この2台、枯草の中に埋まっておりました・・・
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-28 06:00 | Rusty Scene
2014年2月27日 神々の住まう場所
b0134829_22425886.jpg







b0134829_1954466.jpg







b0134829_19593959.jpg







b0134829_20415290.jpg







b0134829_19575968.jpg







b0134829_22432493.jpg







b0134829_20421621.jpg



リトルワールドには世界のいろいろな地域の家が集められていますが、その中でも私の大のお気に入りが「バリ島貴族の家」なんであります。
おどろおどろしくもユーモラスなバリ・ヒンドゥーの神々が大好きなんですよ。
また煉瓦と石で作られた装飾過多な建物が重厚な雰囲気を醸し出していて、フォトジェニックだからですね~♪

この装飾は、わざわざバリ島から大工さんや石工さんを呼んで作ったものだそうです。
道理で、すべてが本格的、見ごたえがあるわけです♪
蒸し熱い夏の夜に、ここでガムランの演奏ケチャ舞踏をやったら・・・さぞやリアルでしょうねえ、壮観でしょうねえ♪

さて、ここに写っている写真、標準ズームで撮ったものは午前中の撮影、望遠ズームで撮ったものは夕方の撮影です。
二つの写真を混ぜると、色温度が違って違和感があるので、ホワイトバランスをいじって夕方の赤味を帯びた光線に統一しました。^^

ところで私のNikon D600、リトルワールド撮影会終了後に横浜SCに送り、LPF清掃を依頼中です。
昨年4月に購入してからずっと、恒常的な油性メカニカルダストに悩まされてきましたが、昨年10月に初期不良交換されて以来、常識的なLPF清掃で間に合うようになりました。
昨年12月最終週にLPF清掃に出して以来、ひどい油性ダストは発生しておりませんが、F16以上に絞るとさすがに存在がわかります。
新ボディになって以来9000ショットぐらい撮っていますが、まだ多少は初期のメカニカルダストが出ているんでしょうね。
今年の4月末で1年保証が終わるので、無料LPF清掃を依頼したと言う次第です。

で、昨日・・・ニコンはD600の油性メカニカルダスト問題について、「保証期間を過ぎても無償で対応いたします」と発表しました。^^
おそらく北米での集団訴訟の動きを鑑みての結論なんでしょうけどね。
この発表により、多くのNikon D600ユーザーがいっせいにLPF清掃依頼をするとなると、横浜SCの混雑が予想されます。
私のD600、しばらく帰って来ないかも。^^;
でも、このニュースを都合よく解釈すると、D600はLPF清掃がずっと無料・・・ってことなんでしょうかね、ちょっとうれしい。^^;

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II) 1,3,4,7枚目
Tamron SP AF 70-200mm/F2.8 (Model A001) 2,5,6枚目
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-27 06:00 | Still Life
2014年2月26日 ラティノアメリカーノな光の中で
b0134829_171311.jpg







b0134829_1714870.jpg







b0134829_1722360.jpg







b0134829_17301.jpg







b0134829_1795560.jpg







b0134829_17102146.jpg




犬山市のリトルワールドにある「ペルー 大農園領主の家」であります。
一昨日のエントリ、「6時間世界一周」は総集編と言いますかダイジェスト版で、これから各論が始まるんであります。^^

この家は、16世紀末ごろから発達したアシエンダ(大農園)の領主の邸宅を復元したものだそうです。
丘の上に中庭を囲んだ母屋があり、その左端にカトリックの礼拝堂が付属しています。
部屋は、それぞれヨーロッパから輸入した豪華な家具で飾られ、スペイン人領主の支配力がうかがえるのでありました。

屋敷内外に溢れる光が、スペイン帝国のかつての栄光を忍ばせる意匠に映えてフォトジェニックでした。
そんな光を使って、ラテン・アメリカな雰囲気を撮ってみました。

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-26 06:00 | Lights & Shadows
2014年2月25日 黄昏逝く牧場にて
b0134829_13323329.jpg

とっぷりと暮れかかる愛知牧場です。
陽の光があふれる日中も素敵なんですが、冬枯れした畑での日没もドラマチックなので、ついつい撮らされてしまいます。
この画面の奥の丘陵地で何かうごめくものがあるので寄ってみたら・・・

b0134829_13324535.jpg

おお、この時間まで青虎さんが働いておりました♪
身を刺す風が吹く真冬の夕暮れ時でも、密閉キャビンのFORD 7740は快適そうでした。

b0134829_13325797.jpg

五本欅の丘に登って行くと、International Harvesterの赤虎が夕日を受けて、一段と赤くなっておりました。

b0134829_13331231.jpg

五本欅の間に陽が落ちていきます。
この後のマジックアワーの紫色の世界も綺麗なんですが・・・何度も撮ってるし、風が冷たいのに耐えられず帰ってきました・・・軟弱です。^^;

愛知県日進市 愛知牧場にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-25 06:00 | Lights & Shadows
2014年2月24日 6時間世界一周
b0134829_21435698.jpg

昨日の日曜日、写真塾の実習で世界一周の旅にに出かけて来ました。
まず向かった先は・・・お近くの台湾なんであります。
福建系漢族の農家の入口は、先日の春節の際のデコレーションが残っておりました♪

b0134829_21442562.jpg

台湾から長躯、北へ飛びます・・・(って、ヲイ^^;)
ここはアラスカ南東部の海岸地帯、採集狩猟漁労をおこなっていたトリンギットの伝統的な家屋の中なんであります。
一族に伝わる神話のエピソードや祖先とされる動物などのユーモラスな彫刻が楽しかったです。

b0134829_21445696.jpg

そして、アメリカ大陸をずずいと南下して(ヲ、ヲイ;)、ペルーへやってきました。^^;
ここは、16世紀末ごろから発達したアシエンダ(大農園)の領主の邸宅の入口です・・・やはり南欧的な意匠のゲートなんでありました。

b0134829_21451350.jpg

デンパサールへのフライトのコネクションが上手くいったので、バリ島へ・・・あはは、書きながら笑えて来ました。^^;
ここはバリ島の貴族の屋敷で、ヒンドゥーの神々の石像が迎えてくれました。

b0134829_21455598.jpg

インドネシアまで来ているなら、ついでだし・・・と言うことで、スマトラ島北部へ飛んでみました。
ここは水稲耕作民トバ・バタックの家なんであります。

b0134829_21462116.jpg

ちーとばかり暑くなってきましたので、避暑のために欧州へ・・・
ここはドイツ・バイエルン州の村です・・・壁に描かれた鮮やかなフレスコ画を見ると、どうやらガルミッシュ・パルテンキルヘンあたりでしょうか。

b0134829_21492649.jpg

この村の広場は食事をするには好適なオープンカフェになっておりました。
2月の割には日差しが強く、しっかり水分補給をしないと脱水症状をおこしそうなんでありました。

b0134829_2149427.jpg

お昼ごはんは、ドイツ名物カリー・ヴルストなんであります。
その向こうのとぐろを巻いているヴルストも、さらに向こうの黒々しい箱型の二眼レフも、ともにドイツの名品なんであります♪

b0134829_2150433.jpg

さて、昼食を軽く済ませ、ドイツからイタリア半島南部、プーリア州アルベロベッロ郊外へ・・・
平たい石を積み上げたとんがり帽子のような屋根が特徴で、こうした屋根をいくつか持つ家屋をトゥルッリと呼ぶそうです。
私はジャグチストですから、こーゆー存在感のある蛇口を見ると、100%撮らされてしまいますねえ。^^;

b0134829_21502763.jpg

地中海を渡ってアフリカ大陸へ・・・
ここは南アフリカ共和国の内陸部、標高900~1500mの高地に住むンデベレの家です。
家屋は水性ペンキで描く色鮮やかな幾何学模様の壁絵が特徴なんですね♪

b0134829_21533190.jpg

西アフリカの国、ブルキナファソ南部のサバンナ地帯に住む農耕民、カッセーナの家にやってきました。
今年の冬は西アフリカと言えど結構寒かったようで、まだ雪が残っていました・・・^^;;;

b0134829_2154593.jpg

ネパール東部のヒマラヤ山中のタキシンド村にやってきました。
これは1946年に建てられたチベット仏教ニンマ派に属する寺院で、壁や天井には仏画やマンダラがびっしりと描かれていて見事でした。

b0134829_21542518.jpg

ネパールから南下して南インドへ・・・
ここはケララ州のお土産屋さんの店先です・・・デーヴァナーガリー文字がエキゾチックなんであります♪

b0134829_22244860.jpg

ちょっくらトルコのイスタンブールへ寄り道・・・
イスタンブールのの旧市街にある民家でトルコ式コーヒーをごちそうになってきました。^^

b0134829_2225424.jpg

踵を返して再び東へ・・・
ちっちゃなタイの仏教寺院があったので、撮らされてしまいました。^^;

b0134829_2225272.jpg

はい、ようやく朝鮮半島まで戻ってきました。
ここは慶尚北道の山村に建てられていたかつての地主(両班(やんばん))の家なんであります。
ハイライト基準で露出すると、シャドウが真っ黒に潰れるので、Lightroomの補正ブラシにて階調を起こしてやりました。

ふ~、6時間で世界一周、とってもくたびれました・・・
朝10時から撮りはじめ、閉館の4時半まで撮りまくり、歩きまくりました。^^;
あ、世界一周と言っても、愛知県犬山市にある野外民族博物館、リトルワールドなんですけどね。^^;

リトルワールドは世界の民家を収集している日本で最初の民族学博物館で、現在22ヶ国、33施設が現地から移設されて展示されています。
昨年は開業30周年となり、その記念に15年ぶりの新施設、「トルコ・イスタンブールの街」がオープンしました。
近くには「博物館明治村」や国宝犬山城もあり、アマチュア写真家が撮影するには、この地域は愛知県内で一番楽しいエリアかもしれません♪

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-24 06:00 | Snap
2014年2月23日 桃の節句を懸想する如月の光
b0134829_13483570.jpg







b0134829_1349038.jpg







b0134829_13491345.jpg







b0134829_13523566.jpg







b0134829_13525780.jpg







b0134829_13531316.jpg



如月の光が美しかったので、我家のお雛さまを撮ってみました・・・
我家に女の子はいませんが、相方がちっちゃなお雛さまをコレクションしており、被写体には事欠きません。
二日連続で「如月の光」シリーズでありますが、表現はかなり変えました。^^;

雛祭りは別名「桃の節句」と言いますが、この季節に桃の花なんか見たことがありません・・・あれ、旧暦の話ですね。
うちの市やその北に位置する豊田市猿投地区は桃が特産品で、毎年4月初旬以降になると桃の木が濃厚なピンクの花を咲かせ、見事です。^^
お雛さまたちも桃がなくて寂しそうなので、室内に飾られたエリカ、水仙、椿を合わせて撮ってみました。

最近、室内のブツドリはm4/3のPen miniに45㎜を付けて撮ることが多いですね。
マクロレンズではありませんが意外に寄れるため、Nikon D600にMicro Nikkor 105mm/F2.8を装着して撮ることが少なくなりました。

この45㎜、有効径が25となる絞開放F1.8で撮れば、105㎜マイクロのF4.2と同等のボケ量になります。
より明るいF値で撮れるし、Pen miniの手振れ補正も強力、ISO感度も上げなくて済むので、こっちの方が室内では楽なんであります。
3:2のフォーマットで仕上げると、「なんちゃって135判」な写真ができあがるんであります♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-23 06:00 | Lights & Shadows
2014年2月22日 点字タイルに微笑む如月の光
b0134829_18373471.jpg







b0134829_18374969.jpg







b0134829_18383670.jpg







b0134829_18482043.jpg



街中で良く見かける点字タイル、ってよく呼ばれてますが、どこにも点字など書かれていないんですよね。
正確には、「視覚障害者誘導用ブロック」と言うんだそうです。
弱視な方々でもブロックの位置を見つけやすいようにするため、黄色のに着色されているそうです。
また、健常者にも、そこに物などを置かないように注意を惹起するため、黄色く目立たせている、ということもあるのかもしれません。
基本的な50㎜の標準レンズ一本だけで撮ってみました・・・でも、表現はLightroomでいじりまくって、基本からは程遠いんであります。^^;

愛知県豊田市にて
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
Postprocessed by Adobe Lightroom 5.3
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-22 06:00 | Lights & Shadows
2012年2月21日 世界各地から来たフクロウたち
b0134829_16334935.jpg

昔から動物のフィギュアが大好きで、旅行に出かけるたびに、お土産としていろいろなフィギュアを買ってきてコレクションしております。
コレクションの中で多いのは、鳥系ですね・・・特にフクロウ・ミミズク系、知らないうちにめっちゃ増殖しておりました。
こちらはその中でも中国系のフクロウさんたちなんであります・・・七宝で作られたものが多いですね。

b0134829_1634493.jpg

こちらはインド方面の特産品、白檀でできたフクロウさんなんであります。

b0134829_163626100.jpg

こちらはエキゾチック系ですね・・・左はアジアのどっかで手に入れた象牙製フクロウたち、真ん中は石、右は木と石と金属のハイブリッドです。
手前はギリシア製のブロンズと玉石であります。

b0134829_16365349.jpg

こちらは国内旅行で手に入れたフクロウさんたちです。
木や竹の皮でできたものが多いです・・・さすが日本なんであります♪

b0134829_16371323.jpg

陶器製のフクロウさんたちです・・・デザイン的に南欧系なものが多いですねえ。^^

b0134829_16374287.jpg

せっかくですから集合写真を撮ってやりました・・・
マイクロフォーサーズの45㎜、135判に換算すると90mm、中望遠なんであります・・・被写界深度が薄いんであります。
手前の子たちと背後の子たちはボケてますねえ、集合写真としてはNGですねえ。^^;
でも、雰囲気が良いので、これで良いのだ~♪
あ、ちなみに135判の90㎜でも撮っておりますので、興味があれば、下のリンクをたどってみてください。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

Nikon D600でも撮ってみました・・・
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-21 06:00 | Still Life
2014年2月20日 冬陽に輝く化学工場
b0134829_9125241.jpg







b0134829_9131665.jpg







b0134829_914236.jpg







b0134829_9142337.jpg







b0134829_1018286.jpg







b0134829_10254433.jpg







b0134829_10234453.jpg



久しぶりに配管ウニョウニョのケミカルプラントを撮ってきました。
ここは岡崎市にあるユニチカ・日本エステルの工場なんですが、公道からばっちりと写真を撮れる稀有な化学工場なんであります。
いつも広角系で撮ることが多いので、今回は70-200mmの望遠ズームで撮ってみました。
70㎜の広角端、APS-Cだと狭すぎるでしょうが、135判なら「やや狭めの標準レンズ」と言う感じですね。
また200㎜の望遠端も、有効径71.4となるF2.8の絞開放で撮ると、被写界深度の浅さと望遠圧縮の効果で、迫力ある描写になります。
やはり有効径の大きなレンズは正義なのだ~♪

愛知県岡崎市日名北町4−1 ユニチカ・日本エステル岡崎工場にて
Nikon D600
Tamron SP AF 70-200mm/F2.8 (Model A001)
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-20 06:00 | Rusty Scene
2014年2月19日 Prince & Princess
b0134829_16211685.jpg







b0134829_16212960.jpg







b0134829_1621404.jpg







b0134829_1621544.jpg




お内裏様とお雛さま・・・まあ、いわば王子さまとお姫さまですね、いつもペアになっているカップルなんであります。
この季節、さまざまなカップルのお雛さまが登場してきて楽しいです。
近所のギャラリーに展示してあったお雛さまを撮ってみました・・・ガラス、ふくろう、うさぎ・・・それぞれのペアぶりが楽しいんであります。
4枚目はお内裏様だけ撮ってしまいましたが、やはり心なしか、さびしそうに写っている気がします。
やはりペアじゃないとさまにならないものって、あるんですねえ♪

愛知県みよし市三好丘桜4-1-7 アトリエKEIにて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
[PR]
by blackfacesheep | 2014-02-19 06:00 | Seasonal Images