Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2014年11月30日 チェコから来た「モラヴィアの残照」
b0134829_22243248.jpg

Tully's Cafeでくつろぐ二眼レフ・・・Meopta Flexaret VIであります。

b0134829_2225092.jpg

このFlexaret VI、欧州中部のチェコ共和国からやってきました。
1961-67年に製造されたカメラなので、まだチェコとスロヴァキアが分離する前の国名、Czechoslovakiaの名前が書いてあります。

中山慶太氏の素敵なエッセイ、「東京レトロフォーカス」の中の「モラヴィアの残照、フレクサレット #1~7」に登場するカメラで、中山氏の卓抜な文章に魅惑されてしまい、以前から興味のあった二眼レフなんであります。

b0134829_22262799.jpg

レンズは、Meopta Belar 3.5/80・・・Carl Zeiss Tessarに匹敵すると言われている3群4枚構成のレンズですね。
さて、うしろに見えているもう一台の二眼レフは・・・

b0134829_22264767.jpg

そう、このFlexaret VIの先代モデル、Flexaret Vaであります。
1958-61年にかけて製造された二眼レフですね。
ここのところ二眼レフの魅力にはまっており、Flexaretも欲しくなって、eBayでVaと本命のVIの両張をやっておりました。
Vaには70USD入れておき、いくらなんでもそんな金額では落ちないと思いましたが、競り合うこともなく落札・・・
先日の「写真集団・錆銀」の犬山合宿に間に合ったので、持って行きました・・・試写してみましたが、なかなかよく写りました♪

さて、先日、本命のFlexaret VIも落札し、それがようやくチェコから届いたので試写に行ってきました。
こちらも問題なく、綺麗に写ってくれたように思います。

このMeopta Belar 80mm/F3.5、なかなか魅力的な写りをするレンズです。
ドイツのレンズのように鬼シャープではありませんが、階調はたっぷりしているしボケも柔らかい・・・どこかチャーミングなんです。
またコーティングがプリミティブで、ハイライトがフレアっぽく滲むんですよね、光学的には問題なんでしょうが、それが魅力なんであります♪

b0134829_2227865.jpg

Felxaret VaとFelxaret VI、基本的には同じメカニズムのカメラです。
チェコはかつてナチス・ドイツに占領されていたトラウマのせいか、ドイツのカメラとは異なるメカニズムのカメラを作りたかったようです。
その結果、西側のデファクトスタンダード機のRolleiflexとはまるで違うカメラになっております。
振り子式の距離調節機構や、ボディの右手上側に設置されたシャッターボタン、ねじ込みロックの付いた裏蓋などは、かなりユニークです。
基本的な仕様はVaもVIも共通ですが、こうして比較して見ると・・・かなりイメージが違いますね。

黒いレザレットのVaは典雅なデザインです・・・石畳の中欧の古都に似合いそうなシックな外観ですね。
上下のレンズを連結する部分の意匠もアール・デコっぽく、いかにも「モラヴィアの残照」という優雅な風情が漂っております。
レンズにもバヨネットが切ってないので優しげだし、METAXシャッターもシンプルで美しい佇まいです。
絞羽根も10枚あって、点光源を撮ってもボケがカクカクしません。

プラハの春を主導したリベラルで愛国的なチェコ人が愛用したカメラだったのかもしれません・・・スメタナのモルダウが似合いそうです。
あ、そこ、スメタナはボヘミアだろう、モラヴィアならヤナーチェクだろう、などと突っ込まないように。^^;

かたや、グレーのビニール張りのVIは見るからに安っぽいです・・・"Flexaret"の銘板もVaのようにダイキャスト鋳造ではなく、印刷です。^^;
絞羽根も5枚に減少してしまい、五角形のボケが出ます・・・あ、これはハッセルも同じか。^^;
コストダウンが露骨で、「わし、共産圏の生まれだもんね、親方カマトンカチだもんね、けけけっ♪」って感じのふてぶてしさに満ちております。^^;
LV(ライトバリュー)方式のProntor SVSシャッターのダイヤルもゴツくて、優雅なフレクサレットには似合いません。

このLV方式、1960年代に流行った簡易露出方式で、絞とシャッター速度が連動して一定のLV値を保ってくれます。
素人には便利なものかもしれないんですが、「ここは絞開放、露出オーバー?ジョートーじゃねえか!」と思ったときにLVの解除が面倒なんです。
この融通のきかなさ、いかにも旧共産圏製って感じなんであります。
コイツには・・・やはり赤軍合唱団が歌うソビエト連邦国歌が似合いそうなんであります。^^;

b0134829_2227293.jpg

さて・・・よく似た2台を持っていてもアレなので、1台を手放すことにしました。
出来の良いVaは可愛がってもらえそうなので里子に出し、出来の悪いVIを手元に置いておくことにしました。
Vaが向かったのは仙台・・・新しいオーナーのFilm&Gasolineさんは、私の所属する「写真集団・錆銀」のメンバーです。
彼は中古英国車ディーラーで、古いものをこよなく愛する人です・・・フィルガソさんだったら間違いなく可愛がってもらえるでしょう。^^

さらばFlexaret Va・・・二本しかフィルムは撮ってやれなかったけど、ドイツ玉とは違う柔らかな描写を味あわせてくれたね。
短い間だったけど本当にありがとう・・・仙台で幸せになれよ♪

愛知県豊田市喜多町1-140 "Tully's Coffee" 豊田メグリアセントレ店にて
Olympus Pen mini E-PM2
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-30 05:00 | Hardware
2014年11月29日 幾何学模様に射す光
b0134829_14142983.jpg




b0134829_14145898.jpg





b0134829_14332097.jpg





b0134829_1416949.jpg





b0134829_14334239.jpg





b0134829_1418203.jpg


犬山市のリトルワールドの建築物の中で、一番新しいイスタンブールの旧市街の住宅です。
イスタンブールはトルコの一部なので、イスラム文化が色濃く残っており、偶像崇拝のアンチテーゼとして幾何学模様が卓越する世界ですね。
妥協を許さぬ一神教ゆえに、バリやネパールの偶像に満ちた世界に比べると、色数も少なく実にストイックなんであります。
そのため、色を撮るという意識ではなく、光と影を撮る意識で撮影してみました♪

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm f/1.2S



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-29 05:00 | Lights & Shadows
2014年11月28日 極彩色を内包する藍と白
b0134829_13482326.jpg





b0134829_13491534.jpg





b0134829_13494782.jpg





b0134829_1350826.jpg





b0134829_13505216.jpg





b0134829_1359040.jpg





b0134829_13532047.jpg


エキゾチックなものがあふれる犬山市のリトルワールドの中でも、この「ネパール仏教寺院」は特に異次元を実感できる場所じゃないでしょうか。
外観は簡素な藍と白で構成された寺院なのに、内部に入ると極彩色の曼荼羅で満たされた空間に豹変します。
ここはネパール東部のタキシンド村に1946年に建てられたチベット仏教ニンマ派に属する寺院をモデルに復元したものだそうです。
何回訪問しても、そのエネルギッシュな迫力に圧倒されてしまいます。

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm f/1.2S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-28 05:00 | Still Life
2014年11月27日 暮れなずむ町屋カフェ - 犬山おどき
b0134829_1044297.jpg

城下町・犬山の古い街並みにひっそりと佇む昔ながらの町屋・・・
優しい時間が流れています。

b0134829_2145141.jpg

暖簾の間から中を覗くと、そこには懐かしく暖かな灯りが見えます・・・

b0134829_10475596.jpg

ここは犬山市にある町屋カフェ、「犬山おどき」さんです。
愛知県のカフェらしく、しっかりと濃いフレンチスタイルのコーヒーが美味なんであります。

手前のカクテルグラスに入っているのはおつまみの黒砂糖と五円玉の包みなんであります・・・「またご縁がありますように」、ってことですね♪
この五円玉の包みはスタンプカードみたいになっていて、10枚貯めると特典があるんだとか。

「犬山おどき」さんに初めて来たのは、2012年の8月の暑いときでしたね。
その後、2012年10月の犬山山車揃えの際ににもここに寄って美しい夕方の佇まいを撮影しました。

今回は私が所属する「写真集団・錆銀」の犬山合宿で、錆銀メンバーの皆さまと一緒に訪問いたしました。
ここのオーナーさん、古いカメラが大好きで、かつての訪問の際にも私のRolleiflex Automat MXをしっかり愛でていただきました。
今回も錆銀メンバーの所有する古いカメラをお見せしたらとても気に入ってください、全部並べて、写真を撮ってくれました。^^v

b0134829_10481552.jpg

こちらは「犬山おどき」さんの名物、串トーストであります。
右側がカレー味、左側は味噌味なんであります・・・他にも甘いバリエーションもあります。^^
お値段も手ごろで、ちょっと小腹が空いた時には好適なスナックなんであります♪

b0134829_10483836.jpg

カフェと同一空間にある座敷には、四代目となる提灯職人さんの工房があります。
お店のそこらじゅうに100余年の町家ならではの重厚な雰囲気が感じられ、優しい和の情緒の光があふれております。

b0134829_10493511.jpg

第15回愛知まちなみ建築賞を受賞しただけあって、夕方の「犬山おどき」さんは素晴らしく美しく、日本人のDNAをいたく刺激してくれます。
犬山に出かけて、夕方ちょっとゆっくりしたいときにはぜひお立ち寄りください、和めますよ~♪

愛知県犬山市犬山南古券19
FUJIFILM XQ1



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-27 05:00 | Foods & Dining
2014年11月26日 あやかしの神々の家
b0134829_1356137.jpg





b0134829_142728.jpg





b0134829_13593174.jpg





b0134829_1358211.jpg





b0134829_1359253.jpg





b0134829_143481.jpg





b0134829_1432689.jpg


インドネシアは基本的にイスラム教国ですが、バリ島だけはヒンズーが卓越する島ですね。
そのため、唯一神しか認めないイスラム教とは異なり、さまざまな神様が登場します・・・日本のヤオヨロズの神様と同じ感じです。
これは犬山のリトルワールドにある「バリ島貴族の家」ですが、いたるところに神の姿あり、見ていて飽きません♪

多神教の世界って無秩序のようで、実は多様性に満ちた癒しの世界じゃないかと思います。
神様だって良い神様だけとは限らない・・・ヨコシマな神だっている・・・原始的と笑わば笑え、ヤオヨロズで何が悪い、って思ってしまいます。^^;

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm f/1.2S



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-26 05:00 | Snap
2014年11月25日 晩秋の城下町にて
b0134829_9455891.jpg





b0134829_9461929.jpg





b0134829_9465226.jpg





b0134829_9473585.jpg





b0134829_9475679.jpg





b0134829_9482290.jpg





b0134829_9491876.jpg





b0134829_9493787.jpg


錆銀合宿の最終日は、犬山市街地を散策しました。
銀塩フィルム写真ブログではすでにご紹介しておりますが、国宝犬山城を中心とした落ち着きのある城下町はとてもフォトジェニックでした。
石の文化を持つ欧州に比べると古いものが残りにくい日本ですが、それでも使い込まれた木の質感はすてきでしたね。

こういう情緒のある場所は、MFの50㎜標準レンズ一本で撮るのが落ち着きます。
構図を考えて、露出をチェックし、フォーカシングを送る・・・まったりとしたこの一連の動作が心地よいのです。
銀塩フィルム写真ブログで使ったMeopta Flexaret Vaも、ちょっと広めの標準レンズ、Meopta Belar 80mm/F3.5でしたもんね。
私の場合ズームを使ってしまうと、便利さのあまり足を使って構図を考えなくなり、うすっぺらい写真が量産されるんであります。^^;
あ、もちろんお祭りなどの写真を撮るときはズーム最強ですけどね。^^;

愛知県犬山市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm/F1.2S



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-25 05:00 | Japanese Landscapes
2014年11月24日 色づく星の街
b0134829_13471040.jpg





b0134829_13473880.jpg





b0134829_13475256.jpg





b0134829_13481147.jpg





b0134829_13482617.jpg





b0134829_13493661.jpg


名古屋市の東の郊外にあるショッピングストリート、星ヶ丘テラスが今年もクリスマスな雰囲気になりました。
この紅葉とクリスマスデコレーションと言うのが実にフォトジェニックで、ここのところ毎年撮っております。
今回はここのところはまっている単焦点レンズ、Ai Nikkor 50mm/F1.2Sで撮ってみました。
さすがにF1.2絞開放の描写はフワフワしているんですが、それゆえに「なんちゃってばけぺん」な中判的浮遊感が漂っているのでありました♪

名古屋市千種区星ヶ丘 星ヶ丘テラスにて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm/F1.2S
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-24 05:00 | Seasonal Images
2014年11月23日 TRIBECA AFTER DARK
b0134829_20181.jpg


b0134829_211067.jpg


b0134829_22727.jpg


b0134829_224849.jpg


b0134829_253326.jpg


b0134829_263092.jpg


b0134829_2728.jpg


b0134829_275893.jpg


b0134829_7571640.jpg


b0134829_282588.jpg


b0134829_7534995.jpg


b0134829_29227.jpg


b0134829_7522761.jpg


b0134829_8315112.jpg


b0134829_292091.jpg


b0134829_295212.jpg


b0134829_8331411.jpg


b0134829_2121074.jpg


b0134829_2122998.jpg


b0134829_2125095.jpg


b0134829_2134219.jpg


b0134829_2135799.jpg


昨晩、大学時代に所属していたJAZZバンド、Nanzan Art Quartet (NAQ)の同窓会に行ってきました。
集まった場所は名古屋の高級住宅街の覚王山の隠れ家的バー、TRIBECA・・・ここもNAQの後輩がやっているお店です。

Tribecaとは、本来ニューヨークの地域名で、"Triangle bellow Canal Street(キャナル・ストリート下の三角地帯)の略なんだそうです。
元はさびれた倉庫街で、JAZZYな雰囲気が横溢する場所だったようですが、最近は再開発されてお洒落なエリアに変わりつつあるんだとか・・・
この名古屋のトライベッカも美味しい料理とお酒とJAZZYな雰囲気が楽しめる場所なんであります♪

さて、今年はNAQが創部されて50周年となる記念の年なんだそうです。
創部した方は1964年に入学された方で、今年の新入生は2014年・・・50歳の歳の差があります・・・もはや親子を通り越して爺孫かな。^^;
私は1976年入学なので、もはや立派な年寄組になります。^^;
南山大学の軽音楽部で、50年もの歴史を誇るバンド、他にはないんであります♪

とは言うものの、老いも若きもJAZZが好きだと言うことでは意見が同じです。
今回は50周年と言うことで、たくさんのOBや現役生が集まり、ににぎやかなジャムセッションが始まりました。
プロもいれば30年も楽器を触ってなかったという人もいて、後者の中からはCharlie HadenやOrnette ColemanAlbert Aylerも出てきて楽しかったです♪

私も昔はサックスを吹いていましたが、今はホラしか吹かなくなりました・・・なので演奏はパスしました。(泣)
その代わり、撮影に専心させていただきました。
めっちゃ暗い場所でしたので、ISO1600まで上げて撮ってみましたが、さほど粒状は荒れてませんね。
それに、JAZZには粒状が粗いほうが向いているような気もします。

また、JAZZっぽい雰囲気が出るように、ハナからモノトーン写真に仕上げるつもりで、階調重視で撮影しました。
Adobe Lightroomで、ハイライトとシャドウに彩度の異なるブルーを加えたスプリット・トーニングを共通設定としてポストプロセスしました。
この設定、気にいったので、"Nob's Blue Note"と名付けてプリセット登録しておきました。

また、年末には母校でNAQのOB会がありますし(来年5月に順延?^^;)、現役生たちの定期演奏会もあるそうです。
年末はJAZZYなシーンを撮ってみようかな、と考えております♪

なお、タイトルの"TRIBECA AFTER DARK"とは・・・ベーシストのOscar Pettifordのオリジナルのリーパクなんであります。^^;
↓、Kenny Clarkeの演奏をBGMにこの写真を見ていただくと、ロイクーな雰囲気で臨場感が出るんであります♪



名古屋市千種区法王町2-5 ”TRIBECA"にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-23 05:00 | Jazz
2014年11月22日 A Coffee Break in Autumn Leaves
b0134829_21223459.jpg

昨日の午後、豊田市のスターバックスでコーヒーを買って、西山公園にコーヒーブレークに行ってきました。
スタバのホリデイシーズン用GOバッグ、毎年デザインが変わるので楽しみなんですが、今年のデザインはモダンでシャープな感じですね。
私は2012年のマフラーをしたキツネさんのバージョンが好きだったなあ♪

b0134829_2044296.jpg

この西山公園、薔薇の名所としても知られていますが、私は雑木の紅葉が気に入っているんですね。
花壇の手前に、いっぱい落葉が吹き寄せられているんであります。^^

b0134829_20443014.jpg

これは桜が主成分で、欅も混じりつつある、って感じでした。

b0134829_2044496.jpg

そう、桜はほとんど丸裸になりつつありますが、欅はまだかなり残っている感じでした。
さて、欅の左下に白い花の付いた小さな樹が見えますが、これはですね・・・

b0134829_2045622.jpg

三河山間部の名物、四季桜ですね♪
春の桜に比べるとずっと小さな桜ですが、雑木の紅葉を背景に咲く姿はなかなか可憐なんであります♪

b0134829_20452073.jpg

Ai Nikkor 50mm/F1.2S、絞開放で使うと深度は浅いし、周辺減光は凄いし、ソフトフォーカスレンズみたいに滲んでご機嫌です♪
このレンズ、どうやら現行で販売しているレンズと同じ"Ai-s"タイプのようです。
最少絞りのF16がオレンジに着色されているし、絞羽根が9枚なので、それ以前の"Ai"タイプより新しいレンズのようです。
それにしても・・・いまだに新品が購入可能な21世紀のレンズとは思えない、クラシックな描写です♪
開ければ耽美的なボケが楽しめ、絞れば手が切れそうなほどシャープ・・・昔懐かしき50㎜レンズの愛すべきテイストであります。^^v

b0134829_20453646.jpg

この日のスタバのコーヒーは、私好みのストロングなスマトラでした。
夕陽に染まる紅葉や四季桜を見ながらいただくスコンとコーヒー、格別の味なんでありました♪

こういうときに聴きたいBGMは・・・やはりJazzのスタンダード、"Autumn Leaves"でしょうねえ。
Miles DavisやBill Evansと言う一流どころの演奏はもちろん素晴らしいんですが、桜や欅の紅葉を愛する私は、渋くBenny Golsonなのだ♪



愛知県豊田市西山町5丁目1 西山公園にて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm f/1.2S



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-22 05:00 | Seasonal Images
2014年11月21日 紅葉を愛でる人々
b0134829_11121480.jpg

祠の上にモミジの葉がひとひら・・・いよいよ平地でも紅葉の季節に始まってきましたねえ♪

b0134829_11141376.jpg

色づいた楓をRicoh GRで激写中のこの方は・・・おお、錆銀の組長、Rickyさんなんであります♪

b0134829_11153356.jpg

錆銀の犬山合宿の最終日の朝は、犬山の紅葉の名所、寂光院から始まりました。
ここは、合宿所の犬山国際ユースホステルから歩いても10分ぐらいの距離にあり、朝ごはんを食べる前に速攻で撮りに行ってきました。
まだちょっと早かったんですが、数本は真っ赤に色づいており、紅葉写真を撮るには苦労しませんでした♪

b0134829_11161328.jpg

こちらでモニターを確認中なのは・・・おお、こちらも錆銀の大親分のffanさんであります♪

b0134829_11164845.jpg

石仏の肩にもカエデの葉が・・・
にょほほ、こんなにうまく落ちるはずがありませんな、とーぜんのごとく捏造なんであります。^^;

b0134829_11171692.jpg

こちらで紅葉の玉ボケを狙っているのは・・・そう、錆銀の若頭、gucciさんなんであります♪

b0134829_11212594.jpg

寂光院は愛知県有数の紅葉の名所ですが、朝早かったのでさほど混雑せずに紅葉を見ることができました。

b0134829_11221320.jpg

こちらは錆銀の姉御、Hさんですね~。^^
135判フルフレーム機のNikon D750とAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRという重量級ズームを楽々と使いこなします♪

b0134829_11225436.jpg

寂光院には石像がたくさんあり、紅葉に包まれつつあってフォトジェニックでした。

b0134829_11231472.jpg

おちびちゃんも紅葉の美しさに見とれておりました。

b0134829_11243791.jpg

このAi Nikkor 50mm/F1.2、MFなのはもちろん絞開放での被写界深度は激薄なので、フォーカシングには気を使います。^^;

b0134829_11245564.jpg

写真の撮り方は人それぞれ・・・三脚を立ててガチ撮りする人もいれば、スマホでお手軽に撮る方もいらっしゃいます。

b0134829_11262043.jpg

寂光院の紅葉、そのピークまでにはまだ1週間から10日ほどありそうでした。
でも錆銀合宿ですぐ近くに宿泊したおかげで、いち早く名物のの紅葉が見られ、とっても満足なんでありました♪

愛知県犬山市継鹿尾山 寂光院にて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm f/1.2S



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-21 05:00 | Seasonal Images