Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2014年12月31日 師走の宿場町
b0134829_2264832.jpg





b0134829_2285352.jpg





b0134829_2291549.jpg





b0134829_221001.jpg





b0134829_22104798.jpg

10月初旬に、「おおくて廃校プロジェクト“20のてのひら”」と言うイベントを見に行きましたが、その時にちらっと見た大湫宿を再訪してきました。
大湫宿は、海抜510mの高地に設けられた中山道の宿場町です。
美濃16宿の中で最も高い場所なので急坂がつづいており、旅人も人馬役からも難所とされていたそうです。
かつてはこの地域の重要道だったにもかかわらず、その峻嶮な地形が厭われ、国道19号線・中央自動車道・JR中央線など、すべての交通機関は南麓の土岐川沿いに開かれました。
また、多治見・土岐・瑞浪・恵那・中津川と言う東濃地方の街も、新しい道路や鉄道沿いに開けてきました。
そのため、この大湫宿は往時の中山道の姿を色濃くとどめており、あたかも時間が止まってしまったような錯覚に襲われてしまいます。

時間の経過の感覚は人によってさまざまですが、加齢とともに加速していくというのは普遍的な事実じゃないでしょうか。
子供のころの1年はやたらと長かったのに、大人になってからは本当に短く感じるようになりました。
還暦が近づいてきた今、さらに加速がついてきて、つい先日、秋になったと思ったばかりなのに、もう大晦日・・・驚きます。^^;

2014年もあと数時間・・・
今年も1年間、このヘタレブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
また来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

岐阜県瑞浪市大湫町にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm/F1.2



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-31 05:00 | Japanese Landscapes
2014年12月30日 凍てつく野辺の廃バス
b0134829_1482724.jpg





b0134829_1485716.jpg





b0134829_1491922.jpg





b0134829_1494090.jpg





b0134829_1501683.jpg





b0134829_1503310.jpg





b0134829_1504940.jpg





b0134829_151831.jpg





b0134829_1514047.jpg





b0134829_1523436.jpg





b0134829_1525077.jpg

毎度おなじみ、定点観察物件の廃バスです。
夏には夥しい蔦に憑りつかれて賑やかなことになっているこの廃バスですが、さすがにクリスマスの後では、頑強な雑草ですらが枯れ果てておりました。
廃バスが一番それらしく見える季節・・・やはり冷たい北風にさらされるこの季節じゃないでしょうか。
滅びゆくものには冬がふさわしいんであります。

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm/F1.4S with ND8 Filter (1~4枚目、10枚目)
Ai Nikkor 35mm/F2S (5~9枚目、11枚目)



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-30 05:00 | Rusty Scene
2014年12月29日 ノーベル賞を祝うオアシス
b0134829_2122268.jpg





b0134829_2124015.jpg





b0134829_2132277.jpg





b0134829_2134116.jpg





b0134829_214348.jpg

名古屋のランドマーク、オアシス21の「水の宇宙船」です・・・今年は青色LEDで青く幻想的に光っておりました♪
これ、青色LEDの発明に貢献しノーベル賞を受賞した、赤崎勇・名城大教授と天野浩・名古屋大教授の偉業を讃えるためのイベントなんですね。
名古屋大学、地元では有名校ですが全国的には地味なイメージの大学です。
でも、ノーベル賞受賞卒業生は京大、東大についで第3位だそうです・・・うむ、意外に健闘しているんだなあ♪
青く光る「水の宇宙船」、始めて見ましたが、とっても幻想的でした。^^v

名古屋市東区東桜 オアシス21にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09)



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-29 05:00 | Lights & Shadows
2014年12月28日 自動車都市を睥睨する中華料理
b0134829_22385655.jpg

冬空のもとに広がる地方都市の眺め・・・
奥に見える印象的な建物はなんでしょうか。^^

b0134829_22553793.jpg

はい、愛知県が生んだ大建築家、黒川紀章先生の傑作である豊田大橋と豊田スタジアムなんであります♪
豐田大橋、手前のアーチが補修工事中で、せっかくの美しいフォルムを堪能できずに残念でした。
さて、日本を代表する自動車産業都市、豊田市の中心部をこの高みから睥睨しているものは・・・

b0134829_2256414.jpg

青菜と豚肉のオイスターソース炒めなんであります♪

b0134829_22561820.jpg

はい、ここは中華料理屋さんですね~♪
名鉄豊田市駅の駅ビル、T-FACE B館の11Fと言う眺望のよい場所にある、「紅虎餃子房」さんなんであります。

こういう窓際で、外の背景を入れながらお料理も綺麗に写そうとすると、部屋の外と中の明るさが違いすぎるために苦労します。
戸外に露出を合わせると料理は真っ黒になるし、料理に合わせると戸外は白飛びします。

で・・・Adobe Lightroomの段階フィルターに頑張ってもらいました♪
料理は真っ黒に潰れるアンダー露出にして戸外の風景を描写し、ポストプロセスの際に全体の明度を上げてから段階フィルターで背景の風景の明度を再度落とすんであります。

何でこんなことをしているかと言えば・・・カメラのダイナミックレンジをチェックしたかったんですね。
このカメラ、RAWならまずまずのダイナミックレンジがありますね、手前の料理を明るくしながらも、背景の白飛を防いでくれました♪

b0134829_22571144.jpg

このレンズは標準ズームなので、広角端の28mm相当にしてみました・・・虎が背景におりますね。^^

b0134829_23153314.jpg

このカメラ、ダブルズームキットなので、望遠ズームもついております・・・200mm相当で中国特産の香酢を狙ってみました。
普通のお酢よりうまみが強くて、香酢って大好物なんであります♪

b0134829_22573992.jpg

望遠ズームの望遠端300㎜相当です・・・実は、2枚目の豊田大橋と豊田スタジアムの写真も、このレンズの300㎜相当で撮っておりました♪
この透かし文字、なんて読むのでしょうか・・・「福臨門」まではわかりますが、もう一つはなんなんだろう。^^;

b0134829_22582943.jpg

この紅虎餃子房さん、実は回転レストランなんであります。
回転レストランって懐かしい響きです・・・昔、名古屋の中日ビルの上にもありましたよねえ、思いっきり昭和のにおいがする場所でした。
ただ、この紅虎餃子房さんは、年に1日しか回転しないらしいです・・・豊田のおいでん祭りの花火大会の日だそうです♪

カウンターの下には、「五福臨門」と書いてあります・・・これかぁ、さっき読めなかったのは。^^;
さっそくググってみたら、「ウーフーリンマン」と読む中国の四文字熟語で、全ての福を意味する五種類の幸福を 入り口に集めてくれると言う最高の熟語なんだとか。
ちなみに五福とは、長寿(長生き)、富貴(財と地位)、健寧(健康と平安)、好徳(陰徳を積む)、善終(臨終の時に心残りがない)なんだそうです。

こんなに良いロケーションにあるのに、それほど混雑していませんでした。
また、お値段もそれほど高くはなく、私が食べた「青菜と豚肉のオイスターソース炒め」ランチは850円でした♪
味もまずまず、平均以上の美味しさなんでありました・・・ここ、意外に穴場なのかも。^^v



b0134829_22585052.jpgさて、なぜこの紅虎餃子房さんに来たかと言えば、それは新しい機材の試写のためだったんであります。

相方に私のサブカメラ、Olympus Pen mini E-PM2をプレゼントしてしまったので、新たにPenを一台調達しました。

Pen Lite E-PL6です・・・私のPen mini E-PM2より一世代新しく、ISO100が使えてティルト液晶がついているのが主な相違点です。

Penシリーズは、モデル末期になると叩き売りにされるのがお約束で、中でもPen Liteはもっとも価格下落率の高いモデルですね。
ズームレンズもあったほうが便利かなと思って、今回はダブルズームキットをチョイスしましたが、密林書店で39,800円と言う大バーゲン価格で手に入れました。
望遠ズームのない単なるレンズキットなら、29,800円でした・・・E-PL6、安いですねえ。^^;
さすがにクリスマスが終わったら元の値段に戻ってしまったようですけどね。^^;

さて、試写してみての感想ですが、Pen mini E-PM2より一段と成熟した画質になったな、という感じがします。
4枚目の窓際実験でのダイナミックレンジを見ると、マイクロフォーサーズもここまで来たか・・・と思えるほどの優秀さであります♪

2本のズームレンズも、まずまずの描写性能ですね。
マウントがプラスチックだったり、少々絞り開放では甘かったり、逆光時にフレアっぽかったりしますが、値段を考えれば、御の字の写りじゃないでしょうか。
何より小型軽量なのは素晴らしいです・・・135判換算で28mmから300㎜相当までカバーできて、2本合計でもたったの300グラムです♪


b0134829_22593612.jpg

我家の2台のPenの記念撮影です。
相方用にプレゼントしたPen mini E-PM2には銀色の45mm/F1.8がつけっぱになっており、シルバーボディにマッチしています。
こうしてみると、E-PM2とE-PL6、実はあまり大きさって変わらないんですね・・・もっとE-PL6は大きいと思ってました。
でも首からぶら下げていると・・・ティルト液晶による重量増加を実感しますけどね。^^;

愛知県豊田市若宮町1-57-1 T-FACE B館 11F 紅虎餃子房 豊田店にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
FUJIFILM XQ1 (最後の2枚のみ)



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-28 05:00 | Foods & Dining
2014年12月27日 寒い季節には暖かなお店へ・・・STUDIO LA CAUSE
b0134829_1859118.jpg





b0134829_18592483.jpg





b0134829_18595419.jpg





b0134829_1901289.jpg

昔ながらのSINGERのミシンを使って革製品を作る・・・素敵な雰囲気です。
ここは名古屋市名東区にあるレザークラフトのお店、スタジオ ラ・コーズ(STUDIO LA CAUSE)さんです。

b0134829_1902969.jpg

カウンターの上で心配そうに佇んでいるのは、私のRolleiflex 2.8Cですね。
この還暦カメラの革ストラップの修理のためにイエネコカメラさんを訪問した時、このスタジオ ラ・コーズさんを紹介されたんであります。

b0134829_190511.jpg

お店のマスターにRolleiflex 2.8Cのストラップをチェックしてもらいました。
この時代のドイツ製品はやたら頑丈にできており、分解するのにも苦労されたようですが、何とか古い革ストラップを外していただきました。
オリジナルの金具を使って新たな革ストラップの製作をお願いしてきましたが、年内はお忙しいので出来上がりは来年になりそうです。

b0134829_193525.jpg

このお店の暖房はアラジンのブルー・フレームなんであります。
そういえば、イエネコカメラさんの暖房もコイツでしたねえ・・・昔ながらの暖かさがが、こういうレトロなお店の雰囲気にぴったりでした。
またBGMも古いJAZZがかかっておりご機嫌でした・・・私が訪問した時は、Miles Davisの"Birth of the Cool"が鳴っておりましたねえ♪
人間のぬくもりの感じられるお店で、長く使える製品を買う・・・寒い季節の贅沢なんでありました。

名古屋市名東区社が丘3-910 スタジオ ラ・コーズ(STUDIO LA CAUSE)にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm/F1.2



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-27 08:37 | Still Life
2014年12月26日 34年ぶりの定期演奏会
b0134829_21432640.jpg


b0134829_2144667.jpg


b0134829_21443158.jpg


b0134829_21445940.jpg


b0134829_21453193.jpg


b0134829_21455040.jpg


b0134829_2146499.jpg


b0134829_21472517.jpg


b0134829_21474696.jpg


b0134829_21481913.jpg


b0134829_21484195.jpg


b0134829_2149892.jpg


b0134829_2149308.jpg


b0134829_2150019.jpg


b0134829_21504596.jpg


b0134829_21514657.jpg


b0134829_2152849.jpg


先週の日曜日、私が大学時代に所属していたJAZZバンド、"NAQ"の定期演奏会に行ってきました。
このNAQ、本名はNanzan Art Quartetと言いまして、今年で創部50周年となる歴史のあるJAZZバンドです。
創部は1964年、フリーJAZZのNew York Art Quartetがデビューした年ですから、あの前衛的なサウンドを志していたんでしょうか。^^;

Quartetと言っても、4人編成には一切こだわっておらず、バンド名になってしまっております。
「QuartetやQuintetじゃないのに、NAQはおかしいじゃねえか」と言うメンバーは私の知る限りいなかったなあ・・・
もしいたら、「ばけやろう、NAQのQはなあ、Questだぞ、Nanzan Art Questな、げーじつをたんきゅーすんだよ、わかったか!」と、解説してやろうかと思ってたんですが・・・だーれも疑問に思わなかったようです。^^;

先月はその50周年を祝うOB会がJAZZ BAR "TRIBECA"で行われましたが、今回は現役生たちの演奏会なんであります。

定期演奏会、略して「定演」・・・懐かしい言葉ですね。
1978年、私はNAQの3回生のバンマスであると同時に南山大学軽音楽部の主幹でした。
当時の軽音はロック系のバンドが5つありました・・・ロック・イン・ポップス、テネシー・リバー・ボーイズ、ベガーズ、ヤング・アイランダーズ、アンサンブル・ウーテルプ・・・それぞれ元々の音楽はロック、カントリー&ウェスタン、ブルース、ハワイアン、シャンソンだったはずなんですが、1978年当時はほとんどボーダーレスなAORをやっておりました。^^;
それら5つのロック系のバンドとJAZZのNAQの6バンドで、鶴舞の名古屋市公会堂で定期演奏会を行ったんであります。

今は・・・それらのロック系のバンドはすべて、断絶してしまいました。
でもわがNAQはいまだに存続している・・・これは素晴らしいことであります・・・後輩諸君、伝統を守り続けてくれてありがとう♪

ただNAQの雰囲気は・・・あの当時に比べると激変してしまいましたね。
まず、女子比率がとんでもなく高くなりました・・・当時は15%ぐらいだった女子率、いまや完全に逆転し、85%ぐらいが女子です。^^;
かつてのNAQは軽音の中でも「人外魔境」と呼ばれ、アナーキーでアブナイ男子が多かったんです・・・汗臭い体育会系JAZZの世界でした。^^;

また、今の子たちは、いわゆるドンバ言葉と言われる特殊な業界言葉も使いません。
私たちのころは、ドンバ語をしゃべるのがかっこいい、クールだと錯覚していた節がありました。
「ケーサ、ミーノに行くでゲーセン、貸してちょ~」「そんなネーカもっとらん、デーセンなら貸せるけど」とか、「あいつはの音はロイキだわ、もろにンポでモーイだでかんわ、ロイクな音が聞きたいでかんわ」とか。
もう「夜露死苦」やら「愛死天流」などのヤ○キー言葉とそんなに違わない、とってもイケナイ世界でした。^^;

さらに、今はメンバー数がとても多いです。
我々のころは、各学年に数人しかおらず、定演で演奏するのも3バンドぐらいでしたが、いまや各学年で3~4バンドあり、合計で10バンド出ておりました。
しかも、それぞれオサレなバンド名までついております・・・我々のころは「ツェーネンバンド」「エフネンバンド」と言う即物的なバンド名でした。
これだけ部員が多いってことは・・・JAZZって、今とても人気があるんでしょうか・・・それとも後輩たちの勧誘が上手なんでしょうか。^^

また、今は定演が終わると、3年生は引退するんだそうです。
私のころの定演は、4年生はおろか5年生(ゲーネン)や6年生(アーネン)まで出演していたし、私も1980年に5年生でも出演しました。^^;
今の子たちはえらいなあ、引退して就職活動に専念するんでしょうね・・・就活に能天気だった私たちのころとはえらい違いです。^^;

私が最後に定演に出たのは1980年・・・あれから34年ぶりの定演ですから、その変貌ぶりにカルチャーショックを味わったのも不思議ではありません。
でも、この変化は当たり前と言えば当たり前なんであります。
昔のままだったら、逆におかしいです・・・今の現役生たちは平成生まれです・・・1990年代生まれです。^^;
10円玉を握りしめて電話ボックスに駆け込んだ時代から、スマホでLineやFacebookでつながる時代に変わってしまったんです。
主観的に考えるとちょっと寂しくても、客観的に考えれば時代の流れに沿って変わってしまって当然なんであります。^^

なにはともあれ、我々のころは絶滅危惧種に近かったJAZZバンドがかくも隆盛を極めているというのは素晴らしいことです。
これからもNAQの歴史が続いていくことを、心より祈っております♪

名古屋市中区栄4丁目5-22 はとビルB1F "Live DOXY"にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09)
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-26 05:00 | Jazz
2014年12月25日 クリスマスなポニーちゃん
b0134829_22414746.jpg





b0134829_2244522.jpg





b0134829_22452264.jpg

愛知牧場のオーナーさんはカトリック教徒だそうで、この季節のアイボクはクリスマスな雰囲気に包まれております。
ゲストが乗馬できるポニーちゃんたちも、この季節はクリスマスなデザインのおべべを着せてもらい、一層キュートにみえました♪

Nikon D610
Ai Nikkor 85mm/F1.4S



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-25 05:00 | Seasonal Images
2014年12月24日 七角形のイルミネーション
b0134829_22173781.jpg





b0134829_22175767.jpg





b0134829_22185954.jpg





b0134829_22191865.jpg


みなさま、Merry Christmas♪
35mmという画角は、街並スナップに好適である、というのが定説です。
なので、Ai Nikkor 35mm f/2Sをクリスマスな光のあふれる名古屋のダウンタウンに持ち出してみました。

1枚目と2枚目は絞り開放のF2、なめらかに溶ける玉ボケが気持ち良いです。
この時代のNikkorは円形絞りなどというしゃらくさい構造は採用していないので、絞れば絞り枚数に応じた玉ボケが出ますね。

3枚目はF2.8、4枚目はF4まで絞っております・・・七角形の玉ボケが味わい深いんであります♪
ポートレートなどを撮るときに、こういう多角形の玉ボケはうるさく感じることもありますが、イルミネーションを撮るときは最高です。^^v

名古屋市中区にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/2S



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-24 05:00 | Lights & Shadows
2014年12月23日 35mmな市政資料館
b0134829_19353563.jpg





b0134829_1938417.jpg


b0134829_19384239.jpg


b0134829_19394947.jpg


b0134829_19401680.jpg


b0134829_19404120.jpg


b0134829_19411128.jpg


b0134829_19413564.jpg


b0134829_19505058.jpg


b0134829_19431064.jpg


b0134829_19442166.jpg



b0134829_19473267.jpg先日、名古屋の丸栄百貨店で開催されていた中古カメラ市で、ニコンのMFレンズ、Ai Nikkor 35mm/F2Sを手に入れました。

35mmの単焦点レンズと言えば、短期間ですがAF化されたAi AF Nikkor 35mm f/2Dを所有していたことがありました。
私はどうやら35mmより50mmあたりの方が好みらしく、結局、使いこなせずにドナドナしてしまいました。

でも、なぜまた懲りずに35mmを、しかも酔狂にもMFバージョンを・・・
実はこのMFバージョン、AFバージョンとは設計が違い、よりシャープだと言われているからですね。^^;

さっそく美しい赤レンガ造りの名古屋市市政資料館に試写に行ってきました。
さっそく使ってみましたが、確かにシャープネスは物凄い切れ味です・・・絞り開放のF2.0からスパリと切れます。

また、ボケの質が違う感じで、こちらのMFバージョンの方が、ボケ足が柔らかいような気がします。
う~ん、同じNikkorの35mmでも、違うもんなんですねえ♪



名古屋市東区白壁1−3 名古屋市市政資料館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/2S
FUJIFILM XQ1 (最後のみ)



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-23 05:00 | Old Buildings
2014年12月22日 昭和な空気の流れるカメラ屋さん
b0134829_1854885.jpg





b0134829_18543273.jpg





b0134829_1855056.jpg





b0134829_18552670.jpg


何度か撮影しているイエネコカメラさんです。
ここは国産の中古フィルムカメラの販売、修理のお店で、販売しているカメラはすべて点検、整備し、試写していると言うコダワリのお店です。

私のRolleiflex 2.8Cの革ストラップ、製造後61年も経っているので、いつ切れてもおかしくない剣呑な状態です。
どこかで修理できないものか・・・と考えていたとき、イエネコカメラさんのことが頭に浮かびました。
先日、近くに出かけたときに久しぶりに寄ってきました。
残念ながら、イエネコカメラさんでも修理できないとのこと・・・ま、革細工屋さんではないのでしょうがないですね。^^;

せっかく訪問したので、レトロな店内をAi Nikkor 55mm/F1.2で撮影させてもらいました。
このお店、とっても昭和な雰囲気が流れていて、私のように青春時代をどっぷりと昭和に浸っていた人間にはとてもなごめるお店ですね。^^
お店も、そのビルも、とっても懐かしい雰囲気が漂っているんでありました♪

名古屋市中区新栄1−6−3 シャインビル218号室 イエネコカメラにて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm/F1.2



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-12-22 05:00 | Still Life