Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2015年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2015年2月28日 忘却の彼方から
b0134829_201697.jpg




b0134829_2031226.jpg




b0134829_2034798.jpg




b0134829_2041399.jpg




b0134829_2045982.jpg




b0134829_2064911.jpg




b0134829_207913.jpg




b0134829_2073585.jpg




b0134829_2075662.jpg

我家からすぐ近くにある特別養護老人ホーム、安立荘(あんりゅうそう)さんに行って来ました。
ここは「回想法」と呼ばれる心理療法を用い、認知症の予防に役立てているんだそうです。
回想法とは、米国の精神科医ロバート・バトラーが1963年に提唱した療法で、高齢者の五感に訴える雰囲気の中で回想に浸ることで、精神を安定させることができるんだとか。

なるほど・・・それで、こういう懐かしいしつらえになっているんですね。
手動の縄結い機、かき氷機やコーラ瓶が置かれた駄菓子屋・煙草屋さん、富山の置き薬のパッケージ、昔の教科書、琺瑯看板、籐の乳母車、白黒写真の数々、古い農機具などなど・・・
昭和31年生まれの私にとっては、どれも懐かしい風景ばかりでした。
愛知県の高浜市にもこの安立荘はあるそうなので、またそのうち出かけてみようと思っております♪

b0134829_2213792.jpgところで・・・
Ai Nikkor 50mm f/1.8Sを手に入れました。
私のNikon F3、普段はレンズを装着していないので、なんとなく寂しそうに見えたからですね。^^;

また、このNikon F3の主な任務は、空シャッターを切って遊ぶ愛玩用ですから、いつもレンズが付いていないと具合が悪いってのもあります。^^;

そのため、レンズキャップ代わりとして、某オークションで入手・・・「難あり・・・カビ生えてます」となっていたので格安でした。

レンズが届いたのでチェックしてみましたが、確かにレンズ前玉周辺部に少しカビが生えてます。
でも、試写してみても、カビの影響は全く感じられないです・・・十分使い物になりますねえ♪

このレンズ、いわゆるパンケーキレンズです。
重量はたった175gしかないとっても小さなレンズですが、描写は侮れません。
Ai Nikkor 55mm f/1.2の非現実感漂うドリーミーな絞開放の描写に比べると、この50mm f/1.8の描写は、絞開放から極めて堅実・実直です。

このレンズ、日本国内向けと輸出向けの2種類がありますが、私が手に入れたのは日本国内向けです。

輸出向けは最短撮影距離が0.6mと長く、仕上げもプラスチックが使われていて安っぽいです。

日本国内向けは最短撮影距離が0.45mと若干短く、他のAi Nikkor同様の金属鏡胴のしっかりとした仕上げになっております。

重厚長大なAi Nikkor 55mm f/1.2とはまるで違う性格の標準レンズなので、使い分けが楽しみです♪

愛知県みよし市打越町山ノ神60番地 特別養護老人ホーム安立荘にて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Olympus Pen Lite E-PL6 & M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (10枚目のみ)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-28 05:00 | Still Life
2015年2月27日 Softly as in an evening sunset
b0134829_14105735.jpg





b0134829_1413296.jpg





b0134829_14134470.jpg





b0134829_1414462.jpg





b0134829_14231793.jpg

JAZZのスタンダードの中でも、つとに人気のある曲のひとつに、"Softly as in a morning sunrise (朝日のごとくさわやかに)"があります。

でもこの「朝日のごとくさわやかに」と言う和訳タイトル、誤解を生みますね。^^;
オリジナルの歌詞だと、"Softly as in a morning sunrise, The light of love comes stealing into a newborn day"となっています。
つまり、「朝日のようにひそやかに、愛の光は新たに生まれた日に忍び込んでくる・・・」って感じで、あまり爽やかじゃないんであります。^^;

この写真は雨上がりの夕方に撮ったものなので、歌詞の一節、"Softly as in an evening sunset, The light that gave you glory will take it all away"をリーパクしました。^^;
「夕陽のようにひそやかに、つかの間の輝きを与えし光は、全てを奪い去り闇へといざなう・・・」なんであります。
こっちのほうが写真の情景に似つかわしいんであります♪

この曲は、多くのJAZZミュージシャンに取り上げられてますね。
クラシカルなMJQによるもの、鈍く黒光りするSonny Clarkのトリオ、ファンキーなWinton Kellyのトリオ、アブストラクトなEric Dolphy・・・
どれも甲乙つけがたい演奏ですが、今回は私の大好きなJohn ColtraneによるVillage Vanguardでのライブ盤でどうぞ。



この演奏、途中までは、マッコイ・タイナーがリードする爽やかなピアノ・トリオの演奏に聴こえます。
でもコルトレーンのソプラノが入ってくるやいなや、全然爽やかじゃない体育会系JAZZに変わっていきます。^^;
Village Vanguardにやってくるとテナー・ジャイアントは"Softly"をやりたくなるらしく、Sonny Rollinsもピアノレス・トリオでやってます。
ドラムスはトレーンのライブ同様、Elvin Jonesであります・・・ピアノがいないせいで唸り声が目立ちますねえ。^^;

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-27 05:00 | Lights & Shadows
2015年2月26日 A New Strap for Old Cameras
b0134829_1450922.jpg

私の所有する二眼レフ、Rollei三兄弟のうちの一台、Rolleicord Vです。
このカメラは1956年8月ごろに誕生したオールドタイマーで、私とタメ歳なんであります。
でも・・・ちょっと、いつもと違うんですよね・・・よく見てくださいね・・・はい、ストラップがおニューになりました♪

b0134829_14502249.jpg

こちらはさらにお年寄で、1952年生まれのRolleiflex 2.8Cです。
一枚目のRolleicordに付けてあったストラップ、このRolleiflex 2.8Cにもつけられるんであります。^^v

b0134829_14503449.jpg

Rolleiflexのストラップと言えば、いわゆる「カニ爪ストラップ」が有名です。
Rolleiのカメラがカニ爪ストラップになったのは1959年にRolleiFlex3.5Fが発売されてからだそうです。
つまり、それ以前のRolleiには違う構造の金具が付いていました・・・それがこの金具なんであります。
カニ爪ストラップほど簡単ではありませんが、これもワンタッチで取り付け・取り外しができるんですね。^^

オリジナルのストラップは約60年前の皮製品なので、もはや耐用年数を超えてしまい、切れてしまいました・・・
それで、昨年末に名古屋市名東区にあるレザークラフトのお店、スタジオ ラ・コーズ(STUDIO LA CAUSE)さんを訪れ、作り直しを依頼してきたんであります。
このたび完成したとのご連絡をいただいたので取りに行って来たんですが、Rolleiflexにぴったりの渋いデザインで作ってくれました。
黒い染料が皮の内部まで含浸しているので、ハードボイルドな雰囲気を湛えております。^^v
またオリジナルにはなかった長さ調節用のバックルも付けてもらいました。

そのバックルのクロムな輝きが、Rollei純正のメタルレンズキャップとマッチしており、男の道具にふさわしいストイックな雰囲気を湛えています。
2台のRolleiに使えるこの特製ストラップ、お値段は8,500円でしたが、一生もんと考えれば安いんであります♪

b0134829_14504638.jpg

実はこの古いストラップ、もう1セット所有しております・・・Rolleiflex 2.8Cに2セット付いてきたんですね。
今回、立派なストラップをスタジオ・ラ・コーズさんに作ってもらったので2本も必要はないんですが、とりあえず予備として手元に置いておこうと思っております。
でも、古いRolleiをお使いの方でこの金具が欲しい方がいらっしゃったら、お譲りしてもいいかな、とも思ってます♪

b0134829_1451848.jpg

スタジオ ラ・コーズさん謹製のお財布です・・・使い込めば使い込むほどに味わい深い色に変わっていく良質の皮で丁寧に作られています。
これ、私が相方にホワイトデーのお返しとして贈りました。^^
30,000円と、Rollei用ストラップより高かったんですが、奮発させていただきました♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen Lite E-PL6
SIGMA 60mm F2.8 DN


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-26 05:00 | Still Life
2015年2月25日 むっつりと発狂しつつある高圧線鉄塔
b0134829_212867.jpg


b0134829_21375538.jpg


b0134829_21382655.jpg


b0134829_21414971.jpg


b0134829_21385115.jpg


b0134829_21294548.jpg

メリハリのない雲で覆われた曇り空は写欲が湧きませんが、濃淡のはっきりした雲で覆われた曇天だと、俄然やる気になってしまいますねえ♪
この日の空は曇り空がムラムラになっており、西を見ると青空もちらり・・・やがて晴れていくだろうことを予測させるお天気でした。
こりゃ、ソラトリストとしては放ってはおけません・・・手元にあったE-PL6に超広角ズームを装着して、冬空を撮ってみました。
せっかくの禍々しい雰囲気なので、そのまま仕上げちゃもったいない・・・なので、思い切りLightroomで遊ぶことに決定・・・^^;
WBをいじり、スプリットトーニングを仕込み、HSLパネルいじりまくって「発狂系」でプロセスしてみました♪

愛知県豊田市にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-25 05:00 | Lights & Shadows
2015年2月24日 いつでも朝ごはんが食べられるアメリカンダイナー
b0134829_20311441.jpg

先日、日本語の生徒の一人DS君と雑談していた時、「センシュウノドヨウビ、Early Birdsデゴハンヲタベテキマシタ」と彼が言いました。

英語でEarly Birdと言えば、朝の早い人のことを言います・・・"My mom is an early bird! = She gets up early!"なんであります。
DS君に「それ、朝早くからやっているレストランですか?」と聞いたら、「ソウデス、イツデモアサゴハンガタベラレマス。」と言います。

俄然興味をもってしまいました・・・で、先日の土曜日、名古屋に出かけた際に寄ってきました♪

b0134829_20315479.jpg

おおおお、スプーンとフォークをデザインした風見鶏にEarly Birds Breakfastの文字が・・・ここだ~♪

b0134829_20321789.jpg

ここ、7:00から17:00まで、いつ出かけてもアメリカン・ブレックファストが食べられるお店なんであります♪
私が頼んだのは、550円の”One Egg Plate"ですね・・・おなかが空いている人は"Two Eggs"や"Three Eggs"も選べます。
卵の調理方法はスクランブル、サニーサイドアップ、ターンオーバーから選べます・・・私はサニーサイドアップを選びました。^^v
また、トーストではなくビスケット、ソーセージではなくベーコンをチョイスし、付け合わせはハッシュドポテトです。

ううむ、こりはアメリカンダイナーな味わいなんであります。^^v
英国のフル・イングリッシュ・ブレックファストに比べるとシンプルですが、あんな重い朝食を食べたら胃がもたれますから、このぐらいが適量です。^^
ハインツのトマトケチャップとマスタード、メイプルシロップのボトル、フィエスタのマグカップとフォーマーのプレートがアメリカンですねえ♪

b0134829_20323414.jpg

このお店のコースターです・・・"Early Birds Catch The Worm"と書いてあります。
これ英語のことわざですが、直訳すると「早起き鳥はミミズを捕まえる」、つまり「早起きは三文の徳」ってわけであります♪
お店の名前の由来、旗色鮮明ですねえ。^^

b0134829_2033861.jpg

お店の中の色彩も、とってもアメリカンな感じですね。
あ、San Pellegrinoはイタリアもんですが、アメリカはイタリア移民も多いので無問題なのだ・・・って、無理やりだなあ。^^;

b0134829_20333412.jpg

エントランスの雰囲気も、どことなくアメリカンな雰囲気なんでありました♪
今度はおなかを空かせて、"Two Eggs Plate"を食べに行ってみたいものであります♪

名古屋市中区千代田4-14-20 アーリーバーズ (EARLY BIRDS)にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-24 05:00 | Foods & Dining
2015年2月23日 雨のち晴れの梅林にて
b0134829_21232354.jpg




b0134829_21234378.jpg




b0134829_21263051.jpg




b0134829_21242553.jpg




b0134829_21252863.jpg




b0134829_21265294.jpg




b0134829_21273891.jpg




b0134829_2127509.jpg昨日、私の所属する写真同好会、「全日本味噌煮込写真家協会」の皆様と、梅を撮りに行ってきました。

昨日寝る前にチェックした天気予報では、午前中は雨は降らないはずだったんですが、朝起きてみると9時ちょっと前から降り出しました。
これはいかん・・・晴れオトコとして定評のある私の沽券に係わるので、一生懸命雨上がりの御祈祷をさせていただきましたよ。

あびらうんけんそわか~、雨あがれ・・・
あびらうんけんそわか~、雨よやめ・・・
大日如来が雨をつかさどる神様かどうかはしらないんですけどね・・・あはは。^^;

すると不思議・・・現地に集合したらお天気が回復してきて雨がやみました・・・
それどころか、青空まで顔を出してきました♪
ちょっと熱心に祈祷しすぎて、汗ばむような陽気になってしまいました・・・
やり過ぎは良くないですねえ。^^;

撮影後は、豊田市内の和食レストランでランチ・・・そしてその後は我家で談笑・・・さらにお時間のあるかたとは我家特製餃子の夕食も食べていっていただきました。
全味協の皆様、昨日も一日楽しく遊んでいただき、どうもありがとうございました♪

なお、今回の梅撮りに使った機材はOlympus Pen Lite E-PL6と、Nikon Fマウントの単焦点レンズ、Ai Nikkor 55mm f/1.2です。
eBayで手に入れた格安マウントアダプターで装着し、135判換算で110mm/F2.4の中望遠レンズとして使ってみました。
やはりこれだけの有効径になると、なかなか豪快なボケをたのしむことができました♪



愛知県豊田市平芝町5丁目 平芝公園にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Ai Nikkor 55mm f/1.2 with m4/3 Adapter
Nikon D610 & Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (最後のみ)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-23 05:00 | Flowers & Plants
2015年2月22日 冬陽の野良猫
b0134829_15512149.jpg

立春過ぎてもまだ寒いニャ・・・ついつい香箱座りをしてしまいたくなるニャ・・・

b0134829_1551401.jpg

お、あっちの方がお日様が当たってあったかそうニャ・・・移動するニャ。

b0134829_1552781.jpg

う~ん、気持ちがいいニャ・・・ころんころんしたくなるニャ。

b0134829_15522762.jpg

縮こまっていた背中も伸ばせるニャ、ぐい~んとするニャ♪

b0134829_15524079.jpg

運動したら腹が減ってきたニャ・・・食べもんでも探しに行くニャ・・・

などと言ってるのかどうかはまったくわかりませんが、とても愛嬌のある野良にゃんでした。^^v
Olympus Pen Lite E-PL6はチルト液晶があるので、ローアングルで猫撮りをするときには楽ですね~♪
また、AFもミラーレス機としてはなかなか速くて正確なので、友好的な野良猫ぐらいなら、さほど苦労せずに止められます。^^

さて、今日は2月22日、「猫の日」なんであります♪
世界各国で愛されている猫さん、それぞれの国で「猫の日」が制定されているようで、ロシアは3月1日、アメリカ合衆国は10月29日だそうです。
ちなみに、International Cat Day (World Cat Day)ってのもあって、8月8日なんだそうです♪
St. Valentine's Dayのチョコレートみたいに猫缶がバカ売れする日・・・なんでしょうかね。^^;

昨日に引き続き、JAZZの名曲を貼っておきましょう。
猫の日なので・・・めちゃくちゃベタですが、オルガンの名手Jimmy Smithの"The Catであります♪



ちなみにこの作品、ビルボードのポップ・チャートで12位にランクインしたそうで、それゆえ、JAZZで一番売れたアルバムと言われたんだとか。
確かにこのメロディ、JAZZを知らない人でも「うん、聞いたことがある!」って言うと思います・・・TVなどでも使われましたもんねえ。^^
でも・・・実際に一番売れたJAZZアルバムは・・・Miles Davisの大傑作、"Kind Of Blue"らしいんですけどね。^^;

名古屋市中区大須にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-22 05:00 | Animals
2015年2月21日 バレンタインの星の丘
b0134829_19181595.jpg





b0134829_19183958.jpg





b0134829_19185941.jpg


St. Valentine's Dayの日、星ヶ丘テラスに行って来ました。
ちょっとおしゃれな都市風景でも撮ってみようと思ったのですが・・・ひっそりとしていましたねえ。^^;
この寒さではオープンカフェに座る人もおらず、通りを歩く人も少なく、立春を過ぎてもまだ街は冬なんでありました。
でも、なぜかバラは咲いておりました・・・このバラ、四季咲きなのか、いつ行っても咲いております。
鮮やかなローズマダーが春っぽくて救われました♪

ワインとバラとくれば・・・脊髄反射でJAZZのスタンダード、"Days of Wine and Roses"がお出ましになります。^^;
ボス・テナーの第一人者、Dexter Gordonの演奏でどうぞ~♪



"Days of Wine and Roses"、いわゆるABAB'32小節の「ウタモノ」と呼ばれる構成です。
コード進行が美しい割にはアドリブもとりやすいので、昔、大学のJAZZバンドでFのブルースの次に演奏したのがこれでした。
この曲を聴くと、今から30ん年前の大学生のころを思い出しますねえ♪

名古屋市千種区星ヶ丘 星ヶ丘テラスにて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm f/1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-21 05:00 | Seasonal Images
2015年2月20日 Reflections on Hands-on Museum
b0134829_2147544.jpg




b0134829_2148796.jpg




b0134829_21482556.jpg




b0134829_21484348.jpg

長年この地域に住んでいても、行ったことのない場所はまだたくさんあります。
この豊田産業文化センター、通称「さんぶん」と言いまして場所は良く知っています・・・でも、今までまともに訪問したことがありませんでした。
この「さんぶん」の中には「とよた科学体験館」というのがあります・・・英語名は、Toyota Hands-on Museumですね。
どうやら名古屋市科学館のように、実験を通じて科学を学習できる博物館のようです。

実は今週の日曜日に、私の所属する写真同好会「全日本味噌煮込写真家協会」の撮影会を、豊田市の梅の名所・平芝公園で行います。
でも、天気予報を見ると、どうやら雨の可能性もある・・・
なので、インドアで撮れる場所の代替案を考える必要がり、いろいろ探していた時にここに行き当たった、と言うわけなんであります。^^

中に入ってみました↓が、残念ながら名古屋市科学館ほどの規模ではありませんでした。
雨天の代替撮影地としては、ちーと役不足化も・・・^^;
でもその外壁はミラーフィニッシュになっており、冬の日差しを浴びて輝いておりました・・・絶好の超広角レンズの餌食だったんでありました♪

愛知県豊田市小坂本町1丁目25番地 豊田産業文化センター内「とよた科学体験館」にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
SIGMA 60mm F2.8 DN (6,9,10,13枚目)


人気ブログランキングへ

とよた科学体験館はこんなところでした・・・
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-20 05:00 | Lights & Shadows
2015年2月19日 疑惑の消火栓
b0134829_974460.jpg

渋い面構えの消火栓を見つけました。
でも設置されている場所は、こんな郊外の畑の広がる場所で、消火栓が必要な場所とも思えないんですよね。

b0134829_98181.jpg

真ん前から見るとこんな感じです・・・がら~んとした場所です。
でも、このフェンスの前にある赤錆鉄柱は何なんでしょう・・・

b0134829_982713.jpg

近くに寄ってみたら、どうやらポンプのようです・・・水を汲み上げる必要があったということなのか・・・

b0134829_984819.jpg

周りの土地には鉄柱がところどころ残っておりました。

b0134829_9986.jpg

これはゲートでしょうか・・・今は畑に入る門になっているようでした。

b0134829_992515.jpg

どうやらこの消火栓の背後のフェンスの中には、かつてなんらかの事業所があったのでしょうね。
雰囲気からすると、工場が存在していた感じです・・・今はなくなってしまったようです。
いろいろと想像力を刺激してくれる消火栓なんでありました。^^

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm f/1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-19 05:00 | Rusty Scene