Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2015年6月30日 住宅街のラピスラズリ
b0134829_20494290.jpg




b0134829_20501280.jpg




b0134829_20502576.jpg




b0134829_20505481.jpg




b0134829_2051746.jpg




b0134829_20513736.jpg




b0134829_20515051.jpg

昨日ご紹介した私の母校を出て、名古屋大学方面へ四谷通りを北上していたら、面白いお店に出くわしました。
エキゾチックな色合いとパターンが目を惹きます・・・看板を見ると、"Persian Gallery"とあります。

ショーウィンドーから中を覗いてみると、このお店はペルシャじゅうたんの専門店のようでした。
調べてみたら、1999年よりペルシャ絨毯、キリム、ギャッベの専門店として、テヘラン出身の店主さんが経営しているお店のようでした。
とてもフォトジェニックだったので、そそくさとスナップさせていただきました♪

ううむ、お店のいたるところに印象的な青が使われております・・・いわゆるラピスラズリでしょうか。
ネットで検索してみると、Lapisは石と言う意味のラテン語で、Lazuliは群青色という意味のペルシャ語なんだそうです。
この日のお天気までもが抜けるような青空、ラピスラズリだったんでありました♪

この日はフルフレーム機のNikon D610も持っていましたが、ミラーレスなOlympus Pen Lite E-PL6も持っていました。
こういうお店スナップなら、Penの方が向いています・・・MFの55㎜/F1.2を装着したD610じゃモノモノし過ぎて、警戒されてしまいます。^^;

なおレンズは、コンパクトなパンケーキレンズ、Lumix G 20mm F1.7を装着してありました。
このレンズ、先日ご紹介したRollei 35のTessar 3.5/40と同じ画角・同じ有効径です・・・35mm判換算で40mm/F3.4となります。
先日試写した時にその画角の使いやすさを再確認し、久しぶりにこの20mmで街撮りをしたくなって、相方から借りてきた、と言うわけですね♪
50mmほど狭くなく、35mmほど広すぎない・・・40mmって、街中ではほんとに使いやすい画角なんでありました。^^

名古屋市昭和区山手通1丁目11 メゾン・ド 山手1F ”Persian Gallery (ペルシャギャラリー)”にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-30 05:00 | Japanese Landscapes
2015年6月29日 爽やかな初夏の母校にて
b0134829_22342985.jpg




b0134829_22364457.jpg




b0134829_22392783.jpg




b0134829_22405250.jpg




b0134829_22411499.jpg




b0134829_22413473.jpg




b0134829_2242979.jpg




b0134829_22423311.jpg

昨日は梅雨の晴間の爽やかな一日となりましたね♪
こりゃ絶好の写真日和だわい、と言うことで、朝から撮影に出かけておりました。

と言っても、名所旧跡に出かけたわけではなく、私が卒業した母校の南山大学を訪問して来たんであります。
先日、母校の愛知県立瑞陵高校を40年ぶりに訪問してきたので、南山にも行ってみたくなったんですね。
とは言っても大学の母校には結構な頻度で訪問していたせいか、めちゃくちゃに懐かしいということはありませんでした。^^;

南山大学の校舎を設計したのは、フランク・ロイド・ライトのもとで学んだチェコ出身の建築家、アントニン・レーモンド氏です。
打放しコンクリート仕上げのモダニズム建築で、1964年に日本建築学会賞を受賞、2003年には「日本におけるDOCOMOMO100選」に選ばれているんだそうです。
戦後にできた新しい大学なので、近代建築の赤煉瓦校舎などはありませんが、コンクリはコンクリなりに味わいも出てきたような気がします。^^

昔から日当たりは抜群に良く、こういう初夏の良いお天気の日にはパッヘスクエアと呼ばれる芝生で昼寝をするのが大好きでした♪
ここを歩いていると、何十年も前の記憶がいろいろと蘇ってくるのでありました。^^

名古屋市 昭和区山里町18 南山大学にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-29 05:00 | Seasonal Images
2015年6月28日 南洋生まれの末弟は切味抜群♪
b0134829_2133267.jpg

新しいおもちゃを手に入れました・・・今や絶滅危惧種のフィルムカメラであります♪
後方に見えるKodak Tri-X 400のパッケージからおわかりになるように、とても小さな35mm判カメラなんであります♪

b0134829_213486.jpg

このカメラ、使っていないときはレンズがカメラ本体に沈む「沈胴」システムを採用しています。
こちらはレンズを沈胴させたところですね・・・正面から見ると、丸いダイヤルに挟まれて、ユニークかつキュートな顔立ちです。^^v

b0134829_214213.jpg

このちっちゃなカメラの名前は、"Rollei 35"と言います。
昨年、「ブラウンシュバイクから来たお達者三兄弟」と言うエントリを書きましたが、ローライ製二眼レフ三兄弟の末弟となるカメラです。
ちなみにこの兄弟、一番左が長男のRolleiflex Automat MX、真ん中が次男のRolleiflex 2.8C、右側が三男のRolleicord Vです。
全員1950年代生まれのロートルですが、いまだに全員現役なんであります♪
なお、今回手に入れたRollei 35は、120判のブローニー・フィルムを使う兄たちとは異なり、135判フィルムを使うカメラです。

b0134829_2141636.jpg

このRollei 35を上から見たところです・・・小型化のために、フィルム巻き上げは左手で行う設計となっています。
また前面から見たとき、レンズを挟んでいた2つのダイヤルは、左側がシャッター速度、右側が絞のダイヤルとなっています。
兄たち同様、上から見るとシャッター速度や絞が一目でわかる優れた設計になっています。

ただし・・・このサイズで135判フィルムを使える設計のために、連動距離計を搭載しておらず、距離合わせは目測なんであります。^^;
そのため、基本的に絞り込んでパンフォーカスで撮るべし、のカメラなんであります♪

現在の設定は、シャッター速度が1/125、絞がF11、被写体への距離は3メートルとなっております。
被写界深度目盛でF11を見ると、2mから6m前後までをカバーしています・・・F22まで絞れば、1.5mから無限遠までピントが来ますね。

また、兄たちと違って、このRollei 35は露出計が装備されております。
追針式のCdS露出計ですが、LV読み取り式ではなく、ちゃんとシャッター速度ダイヤルと絞ダイヤルに連動しており、実用度が高いです。
ただ、On/Offスイッチがついてないので、使わないときはレンズキャップをしておかないと、カメラ前面の小穴に光が入らないように、ポーチに入れるか蓋をしておかないと、バッテリーが消耗します。^^;

b0134829_2144181.jpg

フィルムを入れる際には、裏蓋を抜き取ります・・・ライカなどと同じですね。
本体と裏蓋の加工精度が高くて密着度が高いために、モルトなしでも十分な遮光性が確保されています。
1960年代の安いカメラは遮光用にモルトを使っており、これが経年変化で加水分解するとぼろぼろに崩れて漏光の元になり、剣呑です。

また、兄たちはドイツのブラウンシュバイク生まれでしたが、このRollei 35は"Made in Singapore"となっています。
オリジナルのRollei 35は、1967年にドイツで生まれましたが、その後コストダウンのためにシンガポール工場に生産を移管したんですね。
うちのRollei 35は、シリアルナンバーから判断すると、1971年生まれかな・・・今年44歳ってことでしょうか。

電池室は右側のフィルム室の上にあります・・・撮影中にバッテリーが上がったら、露出計が使えないと言う設計です。^^;
でもバッテリーが上がっても無問題です・・・露出計が使えなくなるだけですし、晴天の順光なら"Sunny 16"に基づく体感露出で十分です。^^

b0134829_2145897.jpg

このコンパクトなカメラを設計したのは、ドイツの天才設計者、ハインツ・ヴァースケ氏です。
「小型化命」の設計なので、普通はのっぺりしている底面にまで工夫がいっぱいなんであります。
左側のレバーは撮影済みフィルムの巻上レバー、三脚穴下の窓はフィルムカウンター、その隣は裏蓋開放ノブ、さらにアクセサリー・シューまで底面に配置されています。

b0134829_2152247.jpg

Rollei35、135判フィルムを使うカメラとしては、驚異的に小さな筐体デザインで人気となりました。
なにしろ、ハーフサイズカメラのオリンパス・ペンより小さいんであります・・・でも、重さは軽くはなく、しっかりと持ち重りします。
具体的には、97mm×60mm×32mm(WxHxD)、370gだそうです。

なりは小さくても、撮れる写真はずっと大きな一眼レフと変わらない・・・それがこのRollei 35の持味です。
なんせ初号機からして、レンズはCarl Zeiss Tessar 40mm F3.5、シャッターはデッケル社のCompur、露出計も伝統のゴッセン製でした。
なお、このシンガポール製Rollei 35のレンズはツァイスのライセンスを受けて作ったローライ製のTessar 3.5/40ですが、基本的に同じです。

ちなみに、うちに来たRollei 35はドイツ在住の日本人が某オークションサイトに出品しているものを落札いたしました。
ドイツからの運賃込みで、ほぼ福沢諭吉2枚でした。
オリジナルではPX625(1.35V)の水銀電池仕様だった露出計も、アルカリの代替電池で使えるように調整されておりました。
落札後、ドイツから1週間で届きましたし、運賃も国内の宅急便とほぼ同等と安く、安心して取引できる優良出品者さんでした。^^

先週の木曜日に到着したので、早速金曜日の午後に試写してきましたが、さすがTessar、見事な写りでした♪
露出計、シャッター、絞の精度は申し分なく、フィルム給装関係も無問題でした。^^v

b0134829_2153915.jpg

このRollei 35、大きさと言い雰囲気と言い、相方専用となったOlympus Pen Mini E-PM2によく似ています。
特に、パンケーキレンズのLumix 20mm F1.7 ASPHを装着すると、レンズスペックまで似て来ます。
このLumix 20mm、35mm判に換算すると、”40mm F3.4"なんであります・・・Tessar 40mm F3.5とほぼ同じですねえ♪
写りの雰囲気も良く似ています・・・Tessar 3.5/40同様、絞開放から鬼のようにシャープな神レンズであります。^^

同じ画角でよく写るレンズがあるなら、それでいいじゃないか・・・
わざわざ絶滅危惧種のフィルムカメラなんて買わなくたって良いじゃないか・・・
ご説ごもっともです・・・オトコのロマンです・・・いや、そういういい加減な理由ではなく、ちゃんとした存在理由があるのですよ。

デジタルカメラは本当に良くなりましたが、いまだに白黒フィルムが持つ階調表現を再現することはできないと感じているからなんですね。
それゆえに、6年間も銀塩フィルム写真ブログを毎日更新しているわけなんであります。^^;
このRollei 35も、わが銀塩カメラ・フリートの最小カメラとして活躍してくれることを楽しみにしております♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-28 05:00 | Hardware
2015年6月27日 朽ち逝く王冠
b0134829_17595629.jpg




b0134829_1802384.jpg




b0134829_1805858.jpg




b0134829_1824174.jpg




b0134829_183460.jpg




b0134829_1832388.jpg




b0134829_1834194.jpg




b0134829_1835339.jpg

新たな定点観測物件、初代トヨペット・クラウンであります。
真冬の1月に撮ったときは冬枯れの真っただ中でしたが、今回は伸び逝く夏草の中でした。
また、前回撮ったときにはシートカバーらしきものがまとわりついていましたが、今回見に行ったらそれも朽ちてしまったような感じでした。
こうやって徐々に土に帰っていくのでしょうね・・・哀愁たっぷりの王冠だったんでありました。

愛知県みよし市にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-27 05:00 | Rusty Scene
2015年6月26日 みずいろの影
b0134829_2220830.jpg




b0134829_22193341.jpg




b0134829_22334671.jpg

「みずいろの雨」と言えば、名古屋出身のスーパーヴォイス、八神純子さんの大ヒット曲ですが、こちらは「みずいろの影」であります。^^;
名古屋のランドマークのひとつ、オアシス21には「水の宇宙船」と言うオブジェがあり、お天気が良いと素敵な光と影に恵まれるんであります。
名前が名前なので、水色に染めてみました・・・って、めっちゃ安易ですみません、ブルーが大好きなのです。^^;
うっとうしい季節だし、こういうさわやか系の写真も良いのではないかと~♪


八神純子さん、いっぱい名曲を書いておりますね。
この「みずいろの雨」、いつ聞いてもかっちょええんであります・・・スティービー・ワンダーの”Another Star"風のブラスリフにぞくぞくします。^^
また、デビュー曲の「思い出は美しすぎて」も名曲だったなあ・・・どこまでも伸びていく澄み切ったハイトーンが素敵なんであります♪
八神純子さん、2015年は「あなたの街へ」と言うコンサートツアーで日本隅々をまわっていらっしゃるようです。
出身地の名古屋・愛知県も、ぜひくまなく回って欲しいなあ♪

名古屋市東区東桜1丁目 OASYS21にて
Nikon D610
Ai Nikkor 24mm F2S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-26 05:00 | Lights & Shadows
2015年6月25日 夏を告げるオレンジ色
b0134829_21363719.jpg




b0134829_2136514.jpg




b0134829_2137418.jpg




b0134829_21372063.jpg

今日は朝から蒸し暑い一日でした。
こういう日が続き始めると、本格的な夏も間近だな・・・と思うんであります。

さて、ノウゼンカズラの花も咲き始めましたねえ。
この花、この色で損をしているんじゃないでしょうか・・・オレンジ色って、めっぽう暑苦しいんですよね。^^;
黄色いヒマワリや赤いカンナを見てもさほど暑苦しいとは思わないんですが、ノウゼンカズラのオレンジを見ると、やたらと熱を感じるんであります。^^;
いずれにせよ、この暑苦しい花が咲き、セミが鳴き始めると、暑苦しい愛知県の夏を実感するんであります♪

さて、この写真、m4/3のOlympus Pen Lite E-PL6に、Nikon Fマウントの中望遠、Ai Nikkor 85mm F1.4Sを装着して撮りました。
フォーマットがマイクロフォーサーズなので、35mm判換算で170mm F2.8相当のボケとなっておりますね。
Nikon D610にTamron A001 (SP AF 70mm-200mm F2.8)を装着して170mmで撮ったのの同じボケなんであります。
同じ有効径にはなりますが、今回の組合せの方がはるかに軽量なんであります。
お祭りなどでAFが必要ならNikon D610にTamron A001を持出しますが、動かない被写体なら、Penと85mmのペアでも十分かも~♪

愛知県豊田市にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Ai Nikkor 85mm F1.4S with "Nikon F Mount - Micro Four Thirds Mount" Converter


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-25 05:00 | Flowers & Plants
2015年6月24日 洋食屋を演出する灯
b0134829_10582998.jpg




b0134829_10584675.jpg




b0134829_11124951.jpg




b0134829_11133025.jpg




b0134829_10595740.jpg

先日、相方のバースデーの際に、久しぶりに洋食屋さんのマ・メゾン竹の山店に行って来ました。
ここは昔からの洋食屋さんんで、インテリアが西洋骨董に溢れており、とてもフォトジェニックなんであります♪
この日は、初夏の宵を心地よく演出する、昔ながらの洋食屋さんの光を撮ってみました。
(お食事も一応、撮ってはいますけどね・・・↓)

愛知県日進市岩崎町竹ノ山37-175 レストラン マ・メゾン 日進竹ノ山店にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8


人気ブログランキングへ

お料理はこんな感じでした・・・^^
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-24 05:00 | Lights & Shadows
2015年6月23日 出番を間違えた夏雲
b0134829_20442756.jpg

先週の日曜日、午前中は冷たい雨が降っていたんですが、夕方近くなってお天気が豹変しました。
妙に日差しが明るいなあと思って、外に出てみると・・・おお~、まるで梅雨明けしたが如くの入道雲が東の空に浮かんでいました♪
ちょwww、おまwww・・・ちーと早過ぎないか・・・まだ6月だぞ。^^;
慌ててカメラを掴んで裏の公園に行ってきましたよ。^^

b0134829_20444973.jpg

西の空はこんな感じでした・・・こちらも雲の厚みがどことなく夏っぽい感じなのでありました。
う~ん、夏雲さんたち、出番を間違えて早く出てきてしまったような感じです。^^;

b0134829_20593698.jpg

日没近くの午後7時ちょっと前、再び公園に行ってみました。
残念ながら、あまり豪快な夕焼けではありませんでした・・・でも、私にはAdobe Lightroomと言う頼りになる相棒がいるのだ~♪
なぁ、Lrちゃん・・・夏っぽく盛ってみてくれんかのぉ・・・と頼みましたよ。
そしたらこんな風にしてくれました。^^;

b0134829_2110657.jpg


愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-23 05:00 | Seasonal Images
2015年6月22日 Garden in Rainy Blue
b0134829_12154532.jpg




b0134829_1216285.jpg




b0134829_12163249.jpg

昨日は朝から梅雨寒でした・・・あまりに肌寒かったので、思わずフリースを羽織ってしまいましたよ。
初夏と言っても、雨が降るとこういう寒い朝になりがちですよね。

と言うわけで・・・色温度を3000度ぐらいまで落として、寒々しい写真を撮ってみました。
先日はAdobe Lightroomで、彩度スライダーで青以外全部を落とし、ストイックな"Blue in Black & White"をやってみました。
今回は青っぽくはありますが、色がないわけではない・・・う~ん、こっちのほうが妖しさが出ますね。^^;
いわば、"Rainy Blue"って感じの青です・・・あはは、BGMはもちろん、コレ↓逝ってみよう♪



愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-22 05:00 | Seasonal Images
2015年6月21日 赤と青に染まる初夏の夕暮れ
b0134829_22322768.jpg




b0134829_22363988.jpg




b0134829_22391071.jpg




b0134829_22405712.jpg




b0134829_22412591.jpg




b0134829_2241431.jpg

真っ青に晴れた初夏の夕暮れ・・・
その赤い西日を受けてさらに赤く燃える赤錆タンク・・・
ここ、うちからすぐ近くにある赤錆多発地帯です・・・鉄分補給が不足気味だ思たっとき、ここに出かけることが多いですね♪

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09II)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-06-21 05:00 | Rusty Scene