Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年12月2日 食欲の秋は中国、芸術の秋は英国
b0134829_12575999.jpg

寒くなってくると、暖かいものが食べたくなりますね♪
先日も、ちょうどお昼ご飯どきに名古屋の久屋通りを歩いていたら、こんなあったかい雰囲気のお店に遭遇・・・
もう、ものの見事に誘われてしまい、中に入ってしまいました。^^

b0134829_12582430.jpg

この白い食器は、飲茶レストランのシンボルなんであります♪

b0134829_1302356.jpg

こちらは相方が注文した餡かけバリそば・・・アツアツで寒い日にはとっても美味しかったです。

b0134829_13191313.jpg

私はチャーシューチャーハンを注文しました。
左側に見える円筒形のものは何かといえば・・・

b0134829_1304034.jpg

このお店の名物、「小龍湯包」なんであります・・・アツアツの肉汁がたっぷり、激ウマなんでありました♪
ランチタイムのメニューには、この小籠包が3つずつついてきます。^^

b0134829_1313065.jpg

このレストランは、「上海湯包小館」さんと言います。
本場台湾流の小籠包が名物ですが、他の料理もおいしかったです。^^

b0134829_1315889.jpg

お店の入り口では、次から次へと小籠包が手作りされておりました。

b0134829_1335895.jpg

上海湯包小館で「食欲の秋」を堪能し、表に出て南に歩き若宮大通を右折・・・しばらく行くと印象的なデザインの建物が見えてきます。
これは名古屋市美術館・・・設計したのは地元が誇る建築家、黒川紀章先生ですね♪

b0134829_1395817.jpg

中に入ると早速、ジョナサン・ポロフスキーの《ハンマリングマン》がお出迎え・・・
この名古屋市立美術館の常設展はとても見ごたえがあります。
この日も、モディリアーニやシャガール、藤田嗣治などのエコール・ド・パリの作家たち、シケイロスやオロスコ、フリーダ・カーロなどのメキシコ・ルネサンス、現代美術では名古屋が生んだ鬼才・荒川修作の作品や、アンゼルム・キーファーの大作《シベリアの王女》が展示されていました。

b0134829_1341546.jpg

でも、今回ナゴビを訪れた理由は、特別展示の「リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展」を見るためだったんであります。

私はかつて、英国ビクトリア朝のステンドグラスにはまっており、英国の教会を訪問するのが趣味でした。
中でもアーツ・アンド・クラフツ様式のステンドグラスが大好物・・・ウィリアム・モリスと彼の仲間のデザインした窓を探して英国の田舎道をドライブしたものでした。

彼らのスタイルは、絵画史上ではラファエル前派に含まれています。
こちらの入場券に描かれているのは、そのステンドグラス・デザイナーの中でも最愛の一人、Sir Edward Coley Burne-Jonesの作品、《フラジオレットを吹く天使》です。

「ラファエル前派」は19世紀半ばのイギリスで起こった芸術運動です。
「自然に忠実に」をモットーに、ルネサンスの巨匠ラファエロ以前の美術を理想とし、それまでのイギリス画壇を支配してきたアカデミックな絵画とは異なった、豊かな物語性を孕み、想像力を喚起するような新しい絵画世界を創造しました。

この展覧会では、リバプール国立美術館の所蔵品から、ジョン・エヴァレット・ミレイ、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハント、エドワード・バーン=ジョーンズ、フォード・マドックス・ブラウン、シメオン・ソロモンなどのラファエル前派の作品をみることができました。
中でもバーン=ジョーンズの高さ3mを超える大作、《スポンサ・デ・リバノ(レバノンの花嫁)》は圧巻でしたね。^^

b0134829_135544.jpg

展示されていたのは、ラファエル前派の作家たちばかりではなく、その時代の優れた英国画家たちの絵画も集められていました。
ローレンス・アルマ=タデマやジョン・ウィリアム・ウォーターハウス、フレデリック・レイトンなどの力作も見ることができました。

中でも一番私がうれしかったのは、ジョージ・フレデリック・ワッツの作品もいくつか見られたことです。
彼の代表作である"Hope"(希望)のスケッチには感動しました。
この”Hope"の最終バージョンはロンドンのテート・ギャラリーで見ましたが、ワッツはいくつか習作を残しています。
そのうちの一つは英国サリー州のコンプトンのワッツ・ギャラリーで見ましたが、名古屋でもその習作が見られるとは思ってもおらず望外の喜びでした。

この美術展、12月13日(日)まで開催されています。
芸術の秋を堪能したい方、ぜひおすすめします♪

名古屋市中区栄3-32-15 上海湯包小館 栄本店  (1~7枚目)
名古屋市中区栄2丁目17−25 名古屋市美術館 (8~11枚目)
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-12-02 05:00 | Foods & Dining
2015年12月1日 錆残しな初冬の駐車場
b0134829_1842123.jpg




b0134829_1623477.jpg




b0134829_16244138.jpg




b0134829_16245879.jpg

初冬らしい重苦しい雲が出ていたので、「錆残し」な写真を撮ってみたくなりました。
そういう写真にふさわしい、地味な場所はいくつか知っておりますので、前から撮ってみたかった駐車場に行ってみました。
ここは壊れたトラックなどが置いてあって、滅びの美学に溢れています・・・特にこういう雲の下では、愁いを帯びた風情がフォトジェニックでした。

今日からいよいよ師走です・・・初冬ですね。
寒さも厳しくなるし、光も乏しくなります・・・だんだん写真を撮りに外出するのが億劫になる季節です・・・
でも撮るけどね。^^;

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH



心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-12-01 05:00 | Rusty Scene
2015年11月30日 紅葉を愛でるベンチたち
b0134829_14572989.jpg




b0134829_14574725.jpg




b0134829_14575967.jpg




b0134829_14582752.jpg




b0134829_14584529.jpg




b0134829_1459614.jpg

今日で11月もおしまい・・・楓の写真を撮っていなかったので、近所の公園に行って撮ってきました。
ここは特に楓の名所と言うこともないので、そんなにフォトグラファーでごった返すということもなく、好きなように撮ることができました。

でも、普通に撮っても面白くない・・・
なので、ベンチの気持ちになって紅葉を撮ってみることにしました。^^;

「うむ~、今年も紅葉のシーズンがやってきたなあ・・・と言うことはもうじき年末だなあ・・・あまり大したこともしないうちに年が暮れるなあ・・・」
とか言ってたんでしょうかね・・・ま、最後の一言は撮影者の気持ちが出ちゃってますけどね。^^;

愛知県みよし市 三好町池ノ原1 三好公園にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm F1.4S


デジタル一眼 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-30 05:00 | Seasonal Images
2015年11月29日 魅惑の57度
b0134829_22473721.jpg

ベアさんたちがしげしげと眺めているこのコンパクトなカメラは、Rollei 35と言います。
ドイツの天才設計者、ハインツ・ヴァースケ氏が設計した「小型軽量が命」のカメラで、その小さなサイズにも関わらず普通の135判フィルムが使用できます。
今年の初夏にうちにやってきたカメラで、「南洋生まれの末弟は切味抜群♪」と言うエントリに詳細を記述しました。

b0134829_2247531.jpg

さて、一枚目のRollei 35の写真を撮ったカメラも並べてみました。
上にある黒いカメラが、パナソニックが製作したLumix DMC-GM5と言うマイクロフォーサーズ規格のデジタルカメラです。
レンズはパンケーキタイプのLumix G 20mm/F1.7 ASPHですね。

この2台、大きさはほとんど同じです・・・
- Rollei 35: 97mm×60mm×32mm (WxHxD) Weight 370g
- Lumix GM5: 98.5mmx59.5mmx36.1mm (WxHxD) Weight 211g (20mm/F1.7を付けて311g)
重さは20mmを付けたGM5のほうが軽いです・・・Rollei 35は金属製ですから持ち重りがします。

また、この20mmを装着すると、Rollei 35とGM5はさらに似てきます。
Rollei 35に装着されているのはTessar 40mm F3.5です・・・小さなレンズですが、通称「鷹の目テッサー」と呼ばれているように、極めてシャープです。
また、Lumix 20mm F1.7を35mm判換算すると40mm F3.4・・・ほぼ同じです・・・これも鬼のようにシャープなレンズです。^^
画角としてはどちらも約57度です。

この57度と言う画角、すこぶる使いやすいです。
35㎜判標準レンズの50mmよりやや広く、広角レンズの35㎜よりやや狭い画角で、背景をしっかり入れたスナップを撮るときにはとても使いやすいです。
記念写真からストリートスナップ、テーブルフォトまで活躍する万能焦点距離なんであります♪

それゆえ昔の「一家に一台」のコンパクトカメラは、38mm~45mmぐらいの焦点距離のレンズが装着されることが多かったんでしょうね。
かつて私が所有していたコンパクトカメラ、Canon New Canonet QL17にも"40mm/F1.7"のレンズが装着されておりました。^^

b0134829_1530478.jpg

この2台を後ろから見たところです。
GM5はこの小ささにも関わらず、EVFが内蔵されているのがすごいです・・・位置はRollei 35同様に左端です。
内蔵EVF、どピーカンの戸外で背面液晶が見にくいときでも構図や露出を確認しやすいし、ホールディングが安定するので手ぶれ予防にも役立ちます。

遮光性をさらに強化するため、オプションのアイカップも使っています。
GM5はISO100まで落とせ、さらにシャッター速度は電子シャッターを搭載しているので、超高速な1/16000が使える・・・
つまりNDフィルターで減光しなくても、F1.4の大口径レンズをどピーカンの日でも絞り開放で使えてしまう、ボケふぇち御用達カメラなんですね。
またそんな明るい日だと、ファインダーの遮光性はより重要になってくるので、アイカップを調達したというわけです。

さてデジタルのGM5に比べると、Rollei 35の背面はほんとにシンプルです。
フルメカニカルのフィルムカメラですから、めんどくさいものは何もついてません・・・フファインダーと巻上レバーとフィルム給装解除レバーだけですね。^^;

b0134829_1531221.jpg

この2台の大きさを一般的なものと比較すると、名刺が一番わかりやすいかも・・・一般的な名刺サイズは91mmx55mmですね。
つまりGM5やRollei 35は、名刺を一回り大きくしたぐらいの投影面積をもっているということになります。
ちなみにここに写っている名刺は私のお仕事用の名刺です。
私のクライアントは基本的にアメリカ人なので、招き猫と小判の「いかにもJAPANでござる」と言うキッチュなデザインにしてあります。^^;

b0134829_15314153.jpg

GM5はマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式カメラですから、20mm以外のレンズも装着できます。
こちらはLeica Summilux 25mm F1.4を付けたところです・・・うむ~、ちょっとGM5には大きいかな、って感じです。
それゆえ、GM5には軽量コンパクトな20mmを装着し、画角57度の"Rollei 35 Digital"として使うことが多いですね。

b0134829_1532263.jpg

さてこのスケールの上に乗っているものは何か、おわかりになりますでしょうか。
これ、セコニックのスタジオデラックスと言う露出計ですね・・・通称「スタデラ」と呼ばれ、バッテリーを必要としないセレン式の定番露出計でした。
中に永久磁石が入っているせいで、なかなかの重さです・・・212gありますね。

b0134829_15502897.jpg

露出計の付いていない二眼レフのカメラ、Rolleicord VRolleiflex Automat MXです。
実はこの2台の二眼レフ、小型軽量なのに6x6の中判写真が撮れるカメラです・・・そして、装着されているレンズはどちらも75mmです。

6x6での75mmの画角は56度、35mm判に換算すると41mm・・・おお、Tessar 40mmやLumix 20mmとほぼ同じ画角なんであります♪
Rolleiflex Automat MXは、私のフィルム写真ブログで一番活躍しているカメラですが、その理由はその画角の使いやすさにあるのかもしれません。^^

さて・・・露出計のついてないフィルムカメラでも、日中の戸外なら"Sunny 16"と呼ばれる体感露出で、問題なく写真が撮れます。
でも室内や日陰など、微妙な明るさだと露出計が欲しくなります。

二眼レフ随伴用の露出計、かつてはスタデラを持って行ったものですが、近年は軽量なコンデジを使うことが多いです・・・現代版ポラロイドですね。
この用途で最初に使い始めたのはRicoh GX200(約240g)、二代目がFUJIFILM XQ1(約206g)でした。

GM5 + 20mm/F1.7のLumixコンビ、合計で311gですから、スタデラやコンデジよりは100gほど重いです。
でもボケを活かした写真を撮るなら、マイクロフォーサーズが最小限のセンサーサイズだと思います・・・これより小さなセンサーでは難しいです。
また、マイクロフォーサーズなら高感度画質もコンデジより有利です。

m4/3センサーを搭載したコンデジ、Lumix LX100と言う選択肢もあったんですが、あれ、意外にデカくて重いです。
114.8mmx66.2mmx55.0mmで、約393g・・・並べてみると結構違います・・・しかもズームですからレンズの描写はそこそこです。

大きなセンサーと描写の優れた単焦点レンズを搭載したコンデジも最近は増えてきていますが、焦点距離は28mm(75度)~35mm(63度)ばかりです。
なぜ40mm(57度)と言う使いやすい画角のモデルを作らないのでしょう・・・昔のコンパクトカメラには多かったのに。
「風景からブツドリまでこれ一本」、と言う使い方をするとき、私は40mm(57度)が一番使いやすいのになあ。

結局、GM5に20mm/F1.7のパンケーキ・レンズを付けたものが小型軽量で一番私には向いているのでした。
約2ヶ月前に手に入れたGM5ですが、その携帯性の良さから毎日使える重宝なカメラとなっています・・・詳しくは価格.comの私のレビューをご覧ください。

Rollei 35、75mmレンズの2台の二眼レフ、そして20mmを付けたGM5・・・
どれも小型軽量で、使いやすい57度の画角を持ったスナップカメラなんであります♪♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5 & Lumix G 20mm/F1.7 ASPH (1枚目のみ)
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8



デジタル一眼 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-29 05:00 | Hardware
2015年11月28日 眠れる森のマイクロバス
b0134829_16315217.jpg




b0134829_16323279.jpg




b0134829_16324799.jpg




b0134829_1633635.jpg




b0134829_16394054.jpg




b0134829_1643828.jpg

またしても新たな定点観測物件を見つけてしまいました。
どうやらトヨタ製のマイクロバスのようです・・・相当古い個体のようで、オリジナルの塗装がわからないほどひどく腐食しておりました。
枯れつつあるセイダカアワダチソウとともに森の中に佇む姿、哀愁がただよっておりましたねえ・・・
豊田市の廃バスや、うちの近くの廃クラウン同様、この廃マイクロバスもその行く末を見守っていきたいと思います。

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm F1.4S


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-28 05:00 | Rusty Scene
2015年11月27日 散り逝くナンキンハゼ
b0134829_16505063.jpg




b0134829_16513637.jpg




b0134829_16553145.jpg




b0134829_1792277.jpg




b0134829_1794650.jpg




b0134829_1710362.jpg




b0134829_17101814.jpg

11月初旬から、わが街を魅力的に彩ってくれたナンキンハゼの並木・・・
ほぼ一ヶ月にわたって住民の目を楽しませてくれましたが、さすがに落葉が増えてきました・・・今年もいよいよ、もう見納めのようです。

b0134829_14543693.jpg

ナンキンハゼって、街路樹としてはとても見ごたえのある樹だと思います。
春の新緑、夏の緑陰、秋の紅葉・・・そして冬さえも、目を楽しませてくれますね。

葉を落とし、白い木の実だけを残して素っ裸になったナンキンハゼ・・・。
これはこれで、ストイックな美しさがあるように思います・・・シャープな枝を凍てつく空に向けて突き上げるシルエット、初頭の風物詩なんであります。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-27 05:00 | Seasonal Images
2015年11月26日 平成を走る陸蒸気
b0134829_22541874.jpg




b0134829_22543989.jpg




b0134829_2255077.jpg




b0134829_22552118.jpg




b0134829_22554463.jpg

明治村乗り物シリーズ、京都市電に続いて今日は「陸蒸気(おかじょうき)」です。
陸蒸気とは、明治時代に呼ばれた「蒸気機関車」の俗称で、蒸気船が蒸気と略称されるのに対する用語だったそうです。
一説によれば明治4年頃、福澤諭吉によって造られた造語なんだとか。

また文明開化nお当時、驚きに満ちたものを列挙した言葉遊びとして「驚き桃の木山椒の木、ブリキに狸に陸蒸気」と言うのがあったそうです。^^;
これ、いろいろなバージョンがあるようです。
映画「男はつらいよ」の寅さんのタンカでは、「驚き桃の木さんしょの木。ブリキに狸に蓄音機。あたりきしゃりきにストライキ。」となっていました。^^

明治村には明治期の陸蒸気が2台動態保存されています。
この日私が乗ったのはそのうちの1台、蒸気機関車9号です・・・1912(明治45)年に米国ボールドウィン社にて製造された100年以上前のSLです。
明治村には何回も来ていますが、陸蒸気に乗ったのはこれが初めてでした・・・レトロな雰囲気に溢れておりましたねえ♪

愛知県犬山市内山1 博物館明治村にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-26 05:00 | Old Buildings
2015年11月25日 夜を迎えた都市庭園
b0134829_0595565.jpg




b0134829_101286.jpg




b0134829_110513.jpg




b0134829_132346.jpg




b0134829_1202150.jpg




b0134829_1335283.jpg




b0134829_1372784.jpg




b0134829_1354771.jpg




b0134829_1412092.jpg

名古屋の真ん中、矢場町交差点にある都市型庭園「久屋大通庭園フラリエ」に行ってきました。
昼間には何度も出かけていますし、先日もハロウィン前の雰囲気を撮って来たばかりなんですが、夜に訪問したのは初めてでしたね。

いや~、夜のフラリエは昼間とはまるで雰囲気が変わりますね・・・ミステリアスです。
昼間のあっけらかんとした風情はどこにもなく、シックで落ち着いた雰囲気の都市型庭園になっておりました。
最後のカットにもあるように、フラリエではお酒や食事のできるコーナーもあり、この日は休日だったこともあって大いににぎわっておりました。

訪問したのはは夕方6時ぐらいだったでしょうか・・・「飲んでいきなよ、食べていきなよ」と、思い切り誘惑されまくってしまいました。^^;
でも、私が夕食を食べたのはここではなくて・・・

b0134829_9433129.jpg

はい、こちらなんであります♪

b0134829_9284611.jpg

飲んだのはコレ・・・
と言っても、慢性膵炎の私は手前の「のんある」だったんですけどね。^^;

b0134829_9434513.jpg

食べたのはコレ・・・
栄の路地裏にある仙台名物厚切り牛タン料理のお店、まつ田屋さんであります。

先日開催された大学時代のJAZZバンドのOB会、無事に終わったということで幹事一同の打上をやることになりました。
その打上会場がこのお店だったんであります。
食事は7時からだったので、ちょっと早めに出かけ途中の矢場町で降りて、夜のとばりの下りたフラリエを撮ってみた、というわけです。^^

名古屋市中区大須四丁目4番1号 久屋大通庭園フラリエにて (1~9枚目)
名古屋市中区栄3-8-116 まつ田屋にて (10~12枚目)

Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-25 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月24日 晩秋の桜猫たち
b0134829_21272516.jpg




b0134829_2128179.jpg




b0134829_21281892.jpg




b0134829_21292510.jpg




b0134829_21294948.jpg




b0134829_2130461.jpg




b0134829_21301987.jpg




b0134829_21303186.jpg




b0134829_21305343.jpg




b0134829_21311552.jpg




b0134829_21314378.jpg




b0134829_21333165.jpg




b0134829_21342036.jpg




b0134829_21345137.jpg

晩夏にご紹介した「さくらねこ」ちゃんたちに、また再会してきました。

私の住む愛知県みよし市には、「三好ネコの会」と言う地域猫の保護活動をしているボランティアグループがあります。
そのグループによって不妊手術済みとなった猫ちゃんたちは、耳先をさくらの花びらの形にカットされており、「桜耳猫」とか「桜猫」と呼ばれているようです。

先週末に、その「三好ネコの会」さんが主宰したイベント「猫に触れ合う会2015秋」があり、私も参加してきました。
桜猫ちゃんたちは、全部で60匹以上いるそうです。
今回のイベントではそのすべてが顔を出したわけではないですが、多くの桜猫ちゃんが登場し、エサやり体験、抱っこ体験、記念撮影などで盛り上がりました。

「三好ネコの会」の皆さま、楽しい体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-24 05:00 | Animals
2015年11月23日 不定愁訴の秋空に立ち尽くす二重螺旋
b0134829_2226321.jpg




b0134829_22304396.jpg




b0134829_22273025.jpg




b0134829_22274491.jpg

毎度おなじみ、名古屋駅前に立つスパイラルタワーです。
ここ、面白い雲が出ているときには実に絵になる被写体なんですよね・・・雲撮りの際のオカズとして最高の被写体なんであります。^^
この日はいかにも「秋空でござい・・・なんか不安・・・」って感じの羊雲が出ており、チャンス到来だったんでありました♪

名古屋市中村区名駅4丁目27-1 モード学園スパイラルタワーズにて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-23 05:00 | Japanese Landscapes
2015年11月22日 文明開化の灯り
b0134829_19364780.jpg



b0134829_19391310.jpg



b0134829_1940961.jpg



b0134829_19403966.jpg



b0134829_194144.jpg



b0134829_1941287.jpg

明治村には素敵な光がたくさん溢れています。
この日は曇りがちなお天気だったせいで、その光が一段とステキにみえたのでありました。
これらの灯り、明治人には「文明開化の灯り」だったんでしょうねえ、きっと(^^♪

ここの灯り、どこで撮ったかすべてわかったあなた・・・明治村の年パス持ってるんじゃないでしょうか♪
1枚目は聖ザビエル天主堂、2枚目は高田小熊写真館、3枚目は帝国ホテル中央玄関、4枚目は大井牛肉店、5枚目は宇治山田郵便局舎、6枚目は三重県庁舎で撮りました♪

愛知県犬山市内山1 博物館明治村にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN) 1~3枚目
Ai Nikkor 85mm F1.4S 4~6枚目


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-22 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月21日 赤錆を抽出された古道具たち
b0134829_1984940.jpg




b0134829_1910783.jpg




b0134829_19112297.jpg




b0134829_19113538.jpg




b0134829_191231.jpg




b0134829_19225192.jpg




b0134829_1923554.jpg




b0134829_19232288.jpg

使われなくなって久しい、真っ赤に錆びた古道具たちです。
かつては田畑で忙しい毎日を送っていただろう農機具もあれば、毎日の生活で活躍していただろう秤やネズミ捕りやランプや鋸などが目につきました。
お狸様や布袋様などの陶器類は、かつては持主さんに愛玩されたものだったのでしょうか。
鈍い霜月の光の下で、一段と寂しさや侘しさを増しつつあるようでした。

これらは田園地帯の古民具屋さんの店先でのスナップでした。
そのワビサビな雰囲気を強化するために、久しぶりに「錆残し」でポストプロセスしました。
Adobe Lightroomで、明瞭度スライダーを上げ、コントラストスライダーを下げ、赤とオレンジ以外の彩度スライダーをゼロにしたものですね。
こうすると草や花、材木や空などが無彩色となり、赤錆だけが抽出されるんであります♪

この「錆残し」の発明者は、「写真集団・錆銀」の盟友、gucciさんです。
最近の彼のブログで、またお使いになっているのを見て、「こりゃいい、俺も使おう~♪」となりました。^^;

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-21 05:00 | Rusty Scene
2015年11月20日 今なお輝く機能美
b0134829_20333388.jpg

先日の「写真集団・錆銀」の愛知合宿、最終日で向かったトヨタ博物館で撮影したビンテージカーたちです。
ここには19世紀以前の創成期から20世紀にいたるまで、素晴らしいセレクションのオールドタイマーたちが集められています。

中でも私が好きなのは、1930年代の流線形になるまでの「機能=カタチ」だったころの自動車たちです。
この時代の自動車のデザインは、どれを見ても機能的で美しいです・・・写真を撮りたくなるナニカを持っていると思います♪

こちらは、Rolls-Royce 40/50HP Silver Ghost (1910, U.K.)ですね♪
この時代の車のパーツは、用途や機能が良くわかり楽しいです・・・しかも、デザインも素敵なんであります。^^v

b0134829_20334826.jpg

ロールスロイス・シルバーゴーストを背景にしたこの三輪車は、De Dion - Bouton 1 3/4 hp (1898, France)です。
さすがおフランス製だけあって、とってもエスプリの効いたデザインなんであります♪

b0134829_2034721.jpg

こちらはDaimler Type 45 (1920, U.K.)、クラクションはまさしく「ホーン」なんであります。^^

b0134829_20342345.jpg

Morgan Aero (1922, U.K.)・・・駆動部品がむき出しで、バイク同様の機能美を誇っています♪

b0134829_2245427.jpg

Stutz Bearcat Series F (1914, U.S.A.)ですね・・・ステアリングホイールの造形が面白いです。

b0134829_20353185.jpg

世界初の量産車、Ford Model T (1909, U.S.A.)です。
「自動車を発明したのは誰か」・・・これはなかなか難しい質問です・・・でも、「自動車の大量生産を発明したのは誰か」は簡単です。
そう、Henry Fordなんであります♪

b0134829_20413985.jpg

こちらは新館のお土産物売り場の前に展示されていた"Swift 9HP (1905, U.K.)"ですね。
上に乗ることも可能なので、記念写真を撮っている方もいらっしゃいました。
それにしても、こんな貴重品を惜しげもなく記念撮影用に提供するとは・・・トヨタもなかなか太っ腹なんであります♪

愛知県長久手市横道41-100 トヨタ博物館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-20 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月19日 ひそやかに忍び寄る影たち
b0134829_16193013.jpg




b0134829_15593651.jpg




b0134829_1603359.jpg




b0134829_16195755.jpg


日が短くなってくると、いやがうえにも影の存在が気になってきます。
空を撮る人は「ソラトリスト」と言うのかなと思いますが、影を撮る人も「カゲトリスト」と呼べるのかもしれません。
冬至まであと1ヶ月ちょっと・・・これからどんどんと薄暗くなっていくんでしょうね・・・
寂しさちょちょぎれる光と影が支配する、大好きな季節です♪

名古屋市 中区大須四丁目4番1号 久屋大通庭園フラリエにて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-19 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月18日 明治を走りぬける京都市電
b0134829_15512598.jpg




b0134829_15514174.jpg




b0134829_1552696.jpg




b0134829_1552248.jpg




b0134829_1552452.jpg




b0134829_15531976.jpg

「写真集団・錆銀」の愛知合宿@明治村の続きです。
いままでに何回となく明治村に行っているのに、京都市電とSLには乗ったことがありません。
なので、今回は「のりもの一日券付入村券(2,700円)」を奮発し、その両方に乗ってみることにしました。

まずは、京都市電です・・・明治28年(1895)に操業開始しました。
明治村の車両は明治43年から44年にかけて製造された車両で、総距離約800メートル(3駅2区間)を約30分の間隔で往復運行しています。

久しぶりに路面電車に乗りましたねえ・・・前回乗ったのはたぶん、オランダのアムステルダムのトラムだと思います。
京都市電の乗り心地、懐かしかったですね。
高校時代、名古屋市電で通学していた私にとっては、あのモケットのソファから香り立つほのかな油のにおいに郷愁を誘われてしまいました♪

愛知県犬山市内山1 博物館明治村 京都市電
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-18 05:00 | Old Buildings
2015年11月17日 ナンキンハゼとアメリカフウに彩られる街
b0134829_21212451.jpg




b0134829_2121584.jpg




b0134829_2122132.jpg




b0134829_21222866.jpg




b0134829_21224126.jpg




b0134829_21225974.jpg




b0134829_21231362.jpg

私の住む住宅街はカラフルな街路樹に囲まれます。
南北を貫く外周道路にはナンキンハゼが、そして東西に貫くメインストリートにはアメリカフウが植えられています。
また、うちの隣の公園から駅に至るまでのペデストリアンデッキ沿いには八重桜が植えられています。
真っ赤な楓の紅葉も見事だとは思いますが、紅葉の名所に出かけると人込みも凄くてどっと疲れてしまいます・・・
なので、この季節は家の近くの紅葉を見て楽しむことが多いですね。^^

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-17 05:00 | Seasonal Images
2015年11月16日 弾いて舞って撮って、の美術館
b0134829_22593.jpg




b0134829_225234.jpg




b0134829_2253940.jpg

先日の「写真集団・錆銀」の合宿、最終日の午後は、愛知県美術館に行きました。
私も出展している「表現者たち:第23回作品展」を、錆銀の仲間たちにも見てほしかったからです。

「表現者たち」と言う名前の通り、ここで展示されているのは絵画や写真だけではなく、陶芸作品からインスタレーションまで幅広くあります。
この日は展示会の最終日なので、クラシック・ギターの生演奏やフラダンスまでありました。
あらためて自己表現の可能性は無限だ、と気づきました。

b0134829_226860.jpg

Oさんの素敵なギター演奏とともに自分の写真を見ていただけるとは、何よりの幸せなんでありました♪

b0134829_2262232.jpg

Wさんは幼稚園の先生なので、子供たちへのフラの指導も慣れたものですね。^^

b0134829_22115531.jpg

この「表現者たち」と言うグループを創設された森先生とそのご遺作です。
素晴らしい作品です・・・ご存命のときにお会いしたかったです。

b0134829_2264660.jpg

高校時代の同級生であり、この「表現者たち」の代表のPepeくんの後ろ姿です。
Facebookと言う文明の利器で再会できてうれしかったぜ。
お互いもう若くはないけれど、来年の春も「創る仲間の展覧会」でがんばろうぜい♪

名古屋市東区東桜一丁目13番2号 愛知県美術館 8階ギャラリー展示室にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-16 05:00 | Snap
2015年11月15日 雨降りだから映画でも見よう
b0134829_20164056.jpg

昨日の名古屋は小雨でした。
お天気が良ければ透過光が綺麗なナンキンハゼも、雨の中で鈍い輝きをはなっておりました。
こういうお天気じゃ、写真を撮るわけにもいかない・・・ということで、中央右手前方の赤いオーニングが見える場所にやってきました。
ここはどこかと言えば・・・

b0134829_20165379.jpg

映画好きな名古屋人ならよく知っている小さな映画館、「名演小劇場」なんであります。
昔は演劇やコンサートの会場として機能していましたが、昨今は質の良い映画をかける名画座として有名になってきているようです。
2009年には、「ヴィニシウス 愛とボサノバの日々」を見に行っていますね。

b0134829_20174313.jpg

今回見に来た映画はコレ・・・「ヴィヴィアン・マイヤーを探して(Finding Vivian Maier)」です。
私の大好きなフォトグラファーの一人、ヴィヴィアン・マイヤーさんのドキュメンタリー映画で、昨日から名演小劇場で封切りとなりました。

このヴィヴィアンさん、プロの写真家ではなく単なる乳母・家政婦でした・・・生前はいっさい写真を発表することなく、2009年に亡くなりました。
死後、彼女の残した15万点にものぼる膨大な数の写真が発見され、そのクォリティの素晴らしさに写真界ではセンセーションが起きました。

乳母をしていた女性が、なぜこれほど優れた写真を撮ることができたのか?
なぜ誰にも作品を見せなかったのか?

この謎を解き明かすために、彼女の写真を発見したジョン・マルーフが自ら映画作りに挑んだドキュメンタリーがこの映画なんであります。
第87回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞にノミネートされています。

b0134829_20201550.jpg

映画を見終わって外へ・・・
予告編で見た映画のポスターが張ってあり、むかしながらの映画館の雰囲気でしたねえ。^^

b0134829_20193726.jpg

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して(Finding Vivian Maier)」、ドキュメンタリー映画ですから、それほどドラマチックなわけではありませんでした。

ヴィヴィアンが撮影した数々の素晴らしい写真・・・
そして彼女を知る人から語られる彼女のエキセントリックな人物像・・・
1時間半にも満たない映画ではありましたが、写真を趣味としている私にはとても興味深く、見ごたえがありました。

でも・・・どうせなら・・ニコール・キッドマンが主演した「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト (2006)」みたいな大胆な演出の伝記映画を作って欲しいなあ、と思いましたよ。
Diane Arbusも私が敬愛するフォトグラファーの一人ですが、やはり正気と狂気の狭間の中で苦しみ、若くして自殺してしまいました。
二眼レフを使う女流フォトグラファーって、鋭敏なセンスの持ち主が多いってことかもしれません。

b0134829_20211225.jpg

有名なVivian Maierさんのセルフポートレートがポスターになっていました。
手に持っているのは、私のと同じRolleiflex、 Automat MXですね。
二眼レフはウェストレベルファインダーなので、セルポは撮りやすいです・・・私もこれで、エド・ファン・デア・エルスケンの真似でセルポを撮ったことがあります。^^;

ヴィヴィアンさん、あれほどの才能を持ちながらなぜ発表しなかったのか・・・
今日の映画を見て、「単に発表するタイミングを逸してしまっただけだったのかもしれないな」と思いました。
彼女、いつかは人に見せたかったんじゃないかな、と思えたのですよ。
謎を多く残したままあの世に行ってしまった天才フォトグラファー・・・その魂よ安らかなれ、と祈らずにいられませんでした。

ちなみに今日のエントリのタイトル、JAZZ好きな人はお分かりになりますね。
そう、JAZZエッセイスト植草甚一氏の著作、「雨降りだからミステリーでも勉強しよう」のリーパクであります。^^;

名古屋市東区東桜2丁目23番7号 名演小劇場にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-15 05:00 | Snap
2015年11月14日 アールデコな光の中で
b0134829_1635090.jpg




b0134829_16353285.jpg




b0134829_1636162.jpg




b0134829_16363033.jpg




b0134829_1637272.jpg




b0134829_16372887.jpg




b0134829_16375619.jpg




b0134829_16383244.jpg

「写真集団・錆銀」の合宿、三日目は朝から雨となってしまいました。
撮影に行きたいけど、雨でも大丈夫な場所ってどこがあったかな、と考えることしばし・・・おお、アソコがあった♪
と言うわけで、久しぶりに長久手市にあるトヨタ博物館に行ってまいりました。

ここは1989年4月16日にオープンし、世界の歴史的な車を約140台を常設展示していることで有名です。
19世紀末から20世紀にかけて製造された世界各国の自動車が体系的に展示されており、クルマ好きにはもちろん、フォトジェニックな年代モノがたくさんあるので、写真愛好家にも人気があります。

さて、ここに来ると必ず撮るのが、フランスのアールデコを代表するガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が制作したカーマスコットです。
このカーマスコット展示室には、ラリックが1920年代を中心に制作した29種類32点の全カーマスコットが揃っています。
日本国内に限らず、海外でもラリックのカーマスコットを全種類をそろえて常設展示しているところはないんだそうで、かなりのレアものなんであります♪

今回はAi Nikkor 55mm F1.2と言う古いMFレンズで撮影しましたが、このレンズは七枚の直線絞りなので、点光源を撮ると七角形のボケになります。
2枚目は絞り開放ですが、それ以外はF2.0~F4.0で撮ってますね。
人物や花などを撮ると、この硬さが気になるんですが、ガラスやメカニカルなものを撮ると、この硬さがいいんであります♪

愛知県長久手市横道41-100 トヨタ博物館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-14 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月13日 紅葉の西郷邸
b0134829_2271037.jpg




b0134829_2273629.jpg




b0134829_2275499.jpg




b0134829_228925.jpg

「写真集団・錆銀」の合宿、二日目に訪れたのは、愛知県犬山市にある博物館・明治村です。
曇りがちのお天気でしたが、それゆえにフラットで撮影しやすい光線に恵まれたように思います。

こちらは明治村1丁目にある西郷從道邸です。
西郷従道は、明治維新の元勲である西郷隆盛の弟で、兄の「大西郷」に対して「小西郷」と』呼ばれたんだとか。
でも、「小」の割には成し遂げた仕事は大きく、兄同様に度量の大きな人物だったそうです。

訪れたのは11月7日、紅葉にはちょっと早いかな・・・と思っていたのですが・・・意外や意外、明治村はすでに色づき始めておりました。
この時期に明治村で紅葉写真が撮れるとは思っていなかったので、とてもラッキーでした♪

愛知県犬山市内山1 博物館明治村 西郷從道邸にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-13 05:00 | Seasonal Images
2015年11月12日 "Ezz-Thetic"なオアシス
b0134829_101078.jpg




b0134829_1012277.jpg




b0134829_1013998.jpg




b0134829_1024658.jpg




b0134829_103892.jpg




b0134829_103388.jpg

名古屋を代表するランドマーク、オアシス21です。
最近、ダイハツ・キャストのTVCMで全国的に有名になりましたね♪

ここ、昼間には何回も撮ってますが、あのCMに出てくるような夜の風景はあまり撮ったことがなかった・・・
なので、先日の「表現者たち」の在廊当番の帰りに寄ってみました。
昼間とは違う、超モダンでクールな魅力に溢れていました♪

ダイハツのCMに影響を受けて、ホワイトバランスを思い切り寒色系に振ったバージョンと、その正反対の暖色系にふったものと撮り分けてみました。
夜なので、手ぶれ補正の付いたOlympus Pen Lite E-PL6の出番です・・・使ったレンズは超広角の9-18mmですね。
このレンズ、寄ればそれなりにボケてくれるので面白いです。^^

こういう前衛的な建築物を見ると、頭の中にアブストラクトでクールな"Ezz-Thetic"のメロディが響いてきます。
ピアニスト・作曲家のGeorge Russellが1951年に書いた旋律ですが、彼が考え出したリディアン・クロマティック・コンセプト(Lydian Chromatic Concept)に基づく、当時としては超モダンなメロディラインが印象的です。

さまざまなプレイヤーが演奏していますが、私はLee Konitz Sextetによる初演が、一番緊張感に満ちていて好きです。
"Warm Konitz"なんてくそくらえ、Konitzは氷のように冷たくなければ、Konitzじゃありません♪
Miles DavisやMax Roachと言うロイクなサイドメンを従えて、ほの暗く青白く燃える演奏は極めて印象的・・・1951年としては素晴らしくモダンです。



ジョージ・ラッセルのリディアン・クロマティック、今から思うとモード奏法JAZZの走りだったんじゃないでしょうか。
モード奏法はMiles DavisとBill Evansが"Kind Of Blue"でやり始め、John Coltraneが発展させたということになってますが、この"Ezz-Thetic"を聴くとすでにポリモード奏法っぽい・・・アブストラクトで尖った魅力に満ちています♪
この曲を演奏したマイルスは、ここから"Kind OF Blue"へのヒントを得たのかもしれません。^^

"Ezz-Thetic"、1951年に作曲された曲なのに、響きが前衛的すぎたせいか、よく演奏されるようになったのは、モード奏法時代になってからのようです。
ジョージ・ラッセル自身もエリック・ドルフィーと一緒にやってるし、上の曲でコニッツと共演したマックス・ローチもロリンズと一緒にやってます。
ギターのグラント・グリーンもマッコイ・タイナーやジョー・ヘンダーソンとやってますね。

ちなみにこの"Ezz-Thetic"と言う曲、黒人ボクシングチャンピオンのエザード・チャールズ(Ezzard Mack Charles)に捧げられたものそうです。
ふ~ん、知らなかった・・・曲の雰囲気からして、てっきり英語の"aesthetic"(芸術美の, 審美的な)から取った曲名だとと思ってました。^^;

名古屋市東区東桜 オアシス21にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-12 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月11日 赤い牧場
b0134829_101524100.jpg




b0134829_10422359.jpg




b0134829_1018782.jpg




b0134829_10432076.jpg




b0134829_10285070.jpg




b0134829_1020374.jpg




b0134829_10214317.jpg




b0134829_10294168.jpg




b0134829_1022461.jpg

先日の「写真集団・錆銀」の合宿、味噌煮込みうどんを食した後に向かったのは、毎度おなじみの撮影場所、愛知牧場です。
ここには錆銀メンバーにとってはとてもオイシイ被写体に溢れた場所なんであります。
錆びたものがいっぱい転がっているし、廃トラクターも屋外展示されていますし、紅白だんだら鉄塔も建ってますし、紅葉も始まっていまました。
それゆえ、この「赤い牧場」はっ錆銀メンバーにとって定番の撮影コースになっているのでありました♪

愛知県日進市 愛知牧場にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-11 05:00 | Rusty Scene
2015年11月10日 混ざり合う参道
b0134829_1454032.jpg

覚王山の日泰寺の参道には、面白いお店が軒をならべています。
これはカフェの看板ですね・・・日中でもランプがついているのが良い雰囲気です・・・英国風って感じでしょうかね。

b0134829_1463397.jpg

こちらも英国とは確かに縁があるかもしれません。
でも、かなり昔の話です・・・そう、ここはインド料理レストランの入り口です。

b0134829_14113215.jpg

ここには象さんがいます・・・インド風・・・じゃないですね。
実際にはインド的なものとはあまり縁がないフランス風のショコラティエの店頭なんであります。
うむ~、一筋縄ではいかず、いろいろが混じっているのが覚王山の魅力かも。

b0134829_148274.jpg

ん?今度はメキシコ風かな・・・

b0134829_14125648.jpg

こっちは風変わりなデコレーション・・・しいて言うなら、ハロウィン風でしょうか。

b0134829_14135833.jpg

わっかの向こうに見えるのは、アジアンエスニックな雑貨店です。
でも、この輪ッカはいったい何・・・^^;

b0134829_14142214.jpg

昔ながらの純和風、黒板塀です。
左端の旗竿が気になります。

b0134829_14144142.jpg

うむ、これは覚王山の北にある給水塔をモチーフにしたオブジェでしょうか。^^;

b0134829_14151348.jpg

昭和が残ったお店たち・・・ここにも旗竿がありますね。

b0134829_1418185.jpg

実は10/24(土)〜11/1(日)、覚王山参道ミュージアムと言う催しが開かれていたんであります♪
「覚王山の街をアートでいっぱいにして遊ぼう!」がコンセプトだそうでうす。
普段からいろいろなものが混じりあうのが覚王山日泰寺賛同の魅力なんですが、この時期は一段と混ざりまくっておりました。^^

名古屋市千種区 覚王山・日泰寺参道にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm F1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-10 05:00 | Japanese Landscapes
2015年11月9日 霜月の廃バス
b0134829_21221052.jpg




b0134829_21222587.jpg




b0134829_21243631.jpg




b0134829_2125436.jpg




b0134829_21254940.jpg




b0134829_21265541.jpg

定点観測物件、「豊田市北部のシマシマの廃バス」、11月初旬の状態です。
9月13日のエントリ「初秋と言うにはあまりにも晩夏な廃バス」の時には、まだ猛々しい蔓蔦が繁茂しまくってましたが、さすがに11月は違いますね。
ほとんどが枯れつつある状態でした・・・まだかろうじて緑を保っている蔦もありましたが、それとて傷だらけ穴だらけでした。

b0134829_21271130.jpg

"Ricoh GR"にてタイム・ラプス撮影中です・・・ちなみに、このカメラは私のものじゃありません。
今回の廃バス観測はいつもと違っていました・・・いつもは私だけで孤独に撮っているんですが、今回はにぎやかでした。

実は先週末、私の所属する「写真集団・錆銀」の本年度の合宿を行いました。
この合宿、2013年度2014年度は愛知牧場からスタートしましたが、今年の最初の訪問地は、この「廃バスヶ原」だったんであります。

グループ構成員は日本全国に散らばっておりますが、共通して「錆びたものが大好物」、という特徴があります♪
みんなで寄ってたかって、にぎやかに廃バスを撮影いたしました。^^v

b0134829_21272631.jpg

実は私、東海地方をベースとする写真家グループ、「全日本味噌煮込写真家協会(通称:全味協)」の一員でもあります。
また、錆銀のメンバーも全員、全味協にも所属しております。

今回の錆銀の合宿は、地元の全味協のメンバーにも声をかけたので、撮影会はより大規模で楽しいものとなりました。
この廃バス撮影も錆銀・全味協の合同だったんであります。

撮影を終えた後は昼食です・・・毎年、錆銀の合宿は、名古屋名物「味噌煮込みうどん」を食べるのがお約束になっております♪
なので・・・向かった先は、近くにある美味しい味噌煮込みのお店、「山本屋山水」さんです。
名古屋の味噌煮込みの名店、山本屋総本家の系統に属するお店だけあって、実に本格的で美味しい味噌煮込みを食べることができました。^^
こうして今年も、2泊3日の楽しい錆銀合宿の幕があがったのでありました♪

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-09 05:00 | Rusty Scene
2015年11月8日 粛々と秋が深まる寺院にて
b0134829_1617567.jpg




b0134829_16172847.jpg




b0134829_16182976.jpg

夕暮れの覚王山、日泰寺です。
長くなった影たち・・・そして赤く錆びたものたち・・・
こういう哀愁に満ちたものを見ると、粛々と秋が深まっていく実感にひたってしまいますね。
って、赤錆は年がら年中撮って入るんですけど。^^;

名古屋市千種区 覚王山・日泰寺にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-08 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月7日 晩秋の光に満ちた芸術文化センター
b0134829_22212786.jpg




b0134829_22215335.jpg




b0134829_22221332.jpg




b0134829_2222556.jpg




b0134829_22232950.jpg




b0134829_22254895.jpg




b0134829_22262372.jpg

愛知県美術館の入っている愛知芸術文化センター、お天気の良い日にはとてもフォトジェニックな光と影に包まれます。
特に晩秋の日差しはよく似合います・・・哀調を帯びた印象的な光で満たされますね。
この建物の愛知県美術館8階ギャラリー展示室「J」にて、「表現者たち第23回作品展」が行われており、私もそこに写真を出展しております。
明日までなので、ご都合が合いましたらぜひ見に行ってやってくださいませ。

名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センターにて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-07 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月6日 晩秋の終着駅
b0134829_13522749.jpg




b0134829_13525193.jpg




b0134829_13531149.jpg




b0134829_13541956.jpg




b0134829_1355222.jpg




b0134829_13553539.jpg




b0134829_16413441.jpg

名鉄三河線・山線区間の終着駅、旧西中金駅です。
ここは何度も撮っておりますが、今回訪れてみてちょっと違和感がありました。
みょうに明るく、こざっぱりとしているのですね。
新たに設けられた説明版を読んでみると、昨年、歩道拡張工事に伴って、駅舎が2メートルほど線路側に移され、その際に古い部材を撤去したとのこと・・・
なるほど、納得です。
でも、以前のオリジナルのほうが廃駅らしい哀愁があったのになあ・・・と思ってしまいました。
そのため、今回は駅舎ではなく、そのまわりの風景を主に撮ってみました・・・やはり廃駅は赤錆がないと絵にしにくいです。^^;

なお、今日から3日間、写真友達たちとの合宿が始まります・・・コメレス遅くなると思います、申し訳ありません。
遠く新潟や群馬や埼玉からも友達が来て、地元の友人たちと一緒になって遊びます。
ユースホステルに泊まって、昼間は撮影、夜はデジタルフォトをPCに取り込み、Adobe Lightroomでのポストプロセス大会となる予定です。
またその様子は後日、ご紹介いたします♪

愛知県豊田市中金町 名鉄三河線・旧西中金駅にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-06 05:00 | Rusty Scene
2015年11月5日 "Golden Earrings"な街角
b0134829_0281352.jpg




b0134829_0284537.jpg




b0134829_0324368.jpg

晩秋の都会の夕暮れ時、たまに深い黄金色の光に包まれるときがあります。
先日、愛知県美術館に「表現者たち・第23回作品展」の搬入・設営が終わって外に出たとき、そんな光に出会いました。
こういう黄金色の光を見ると、「秋だな~」と実感します。
そして・・・頭の中でRay Briant Trioの"Goleden Earrings"↓が鳴り始めるんであります♪



このアルバム、決してJAZZ史上に残るような革命的な名盤ではありません。
でも、優しく深みのある音に飽きるということはありませんね・・・秋から冬にかけての愛聴盤なんであります♪

名古屋市中区にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-05 05:00 | Jazz
2015年11月4日 季節感が微妙な星の丘
b0134829_120749.jpg

名古屋の東部にあるショッピングストリート、星ヶ丘テラスの街路樹です・・・さすがに色づき始めましたね。
これから一ヶ月、どんどんと木々の葉の色が美しく染まっていくのを楽しめるんであります♪

b0134829_1203618.jpg

星ヶ丘テラスを訪れたのは10/31・・・ハロウィン当日ですので、ハロウィンっぽいものがまだたくさん出ておりました。

b0134829_1204958.jpg

気の早いお店では・・・すでにクリスマスのディスプレイが始まっておりました・・・10月中にクリスマスって、いかにも早い感じがしますけどね。^^;

b0134829_121639.jpg

でも、ハワイアンカフェの前の雰囲気はあまり秋が深まっていない感じでしたねえ・・・ハワイの国旗と言いヤシの樹と言い、常夏の島をアピールしてました♪
とは言え、背景の木々は明らかに色づいてきており、秋をごまかすことはできないんですけどね。^^;

先日、Ai Nikkor 85mm/F1.4SをLumix DMC-GM5に装着して撮ってみましたが、今回はAi Nikkor 55mm F1.2を付けてみました。
35mm判に換算すると、110mm/F2.4の望遠レンズってことになりますね。
GM5はISO100の低感度と、1/16000の高速シャッターが使えるので、ついこういう大口径レンズを付けて遊びたくなってしまうんであります♪

名古屋市千種区星ヶ丘 星ヶ丘テラスにて
LUMIX DMC-GM5
Ai Nikkor 55mm/F1.2 with Micro Four Thirds Adapter


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-04 05:00 | Japanese Landscapes
2015年11月3日 搬入・設営する表現者たち
b0134829_21482177.jpg




b0134829_21485097.jpg




b0134829_2201740.jpg




b0134829_223570.jpg




b0134829_2232897.jpg




b0134829_2252910.jpg




b0134829_21501243.jpg

昨日、愛知県美術館に行ってきました。
実は本日から県美8階ギャラリー展示室Jにて、「表現者たち第23回作品展」が行われ、そこに私も写真を出展するからなんですね。

この「表現者たち」と言うグループは、高校時代の同級生、Pepe君が主宰しているグループで、毎年1回、この県美で発表会を開催しています。
グループのみなさん、個性的な方ばかりです・・・↑の看板や入館証をご覧いただくとお分かりになると思います。
Pepeさんいわく、「アートで遊べる人しかメンバーに入れてない」んだそうです・・・今回も、それぞれ素敵な作品ばかりで見ごたえたっぷりです♪

今年は私も初めて、仲間に加えていただくことになりました。
昨日はその作品の搬入と会場設営に行ってきたんであります・・・県美のギャラリーでの展示は、昨年のJPS展以来ですね♪

私が出す作品は全部で6点、すべて白黒フィルムで撮った写真です。
自分が気に入った写真はフィルム写真ばかり、って言うのが不思議です・・・ワンショットにかける緊張感と気合が違うんでしょうかね。
すべて今まで発表済みの写真ばかりですが、Adobe Lightroomのスプリットトーニングにて着色を施しました。
タイトルは「発狂した奇数月」です。
6枚目の写真がそれです・・・今回のDMと会場内パンフにも使ってもらいました。
また、本日の私の銀塩フィルム写真ブログにも、着色後の展覧会バージョンを掲載しております。

b0134829_21503630.jpg

表現者たち第23回作品展
●日時:2015/11/03(火) 〜 2015/11/08(日) 午前10時~午後6時 
- 11/6(金)は午後8時まで
- 11/8(日)は午後5時まで
●会場:愛知県美術館 8階美術館ギャラリーJ1・J2
●料金:無料

お時間のある方、ぜひご覧いただければ幸いです。
なお、私は11月4日(水曜日)の午前11時以降夕方まで在廊の予定です。

名古屋市東区東桜一丁目13番2号 愛知県美術館 8階ギャラリー展示室にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
# by blackfacesheep | 2015-11-03 05:00 | Arts