Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
タグ:Ai Nikkor 55mm/F1.2 ( 72 ) タグの人気記事
2015年12月28日 赤錆を抽出されたバリカン・コロナ
b0134829_18343188.jpg




b0134829_18344425.jpg




b0134829_18345772.jpg




b0134829_18353541.jpg




b0134829_18355013.jpg




b0134829_1836695.jpg




b0134829_18362681.jpg




b0134829_18383331.jpg

久しぶりに豊田市の山中に路駐されている定点観測物件、「バリカン・コロナ」に会いに行ってきました。
これはト1964年にデビューしたヨペット・コロナの三代目にあたるモデルで、「アロー・ライン」と呼ばれる流麗なデザインで有名でした。
フロントグリルのカタチから、後年は「バリカン」コロナと呼ばれることが多くなったそうです。

このコロナに初めて会ったのは2013年の12月だったかな。
母親が働いていた外資系会社のインセンティブで獲得し、初めて我家にやってきた自家用車だったので、とても懐かしかったのを覚えています。

あれから2年・・・錆はゆるやかに進行中のようでした。
撮影していたら、地元の方に「これ、やはり珍しいですか?」と声をかけられ、「はい、珍しいですとも♪」と会話が弾みました。
その方の話によると、かれこれ30年近く前からここに置いてあるとのこと・・・徐々に風化して入っているものの、意外に丈夫ですね、とおっしゃってました。

今回は「錆残し」でポストプロセスしてみました・・・赤錆だけ残したモノクロームです。
カラーで撮っても、あまり変わらなかったかもしれませんが。^^;
ゆっくりと土に帰りつつあるバリカン・コロナ・・・またしばらくしたら撮りに来るからな、それまで元気でいろよ。

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-12-28 05:00 | Rusty Scene
2015年12月7日 Winter Fragments #1
b0134829_20453776.jpg



b0134829_20455348.jpg



b0134829_20461143.jpg

昨日の日曜日、数日前の天気予報では晴天だと言われておりました。
でも今朝起きてみるとそこには冬景色・・・いかにも初冬らしい、鈍く冴えない曇天となってしまいました。

私は「光と影」のある写真が好きです・・・でも、光も影もない写真も、ときどき撮りたくなるんですよね。
ゆっくりと時間が流れていくような写真、こういう光の下だと撮れるような気がするからです。
冬の鈍い光、意外に好きです。

街路樹の葉もまだ完全に落ちきっておらず、また街をゆく人々の服装も着ぶくれした完全武装と言う感じでもありません。
昨日はまだ晩秋的要素の方が多かったですが、これから寒くなるにつれて、だんだん初冬的要素に変遷していくんでしょうね。

いずれにせよ、これからはこんな「冬のカケラ」「写真が増えていくような気がします。
それで、"Winter Fragments"シリーズを始めることにしました。・・・タイトルを考えるのが楽だし。^^;

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-12-07 05:00 | Seasonal Images
2015年11月20日 今なお輝く機能美
b0134829_20333388.jpg

先日の「写真集団・錆銀」の愛知合宿、最終日で向かったトヨタ博物館で撮影したビンテージカーたちです。
ここには19世紀以前の創成期から20世紀にいたるまで、素晴らしいセレクションのオールドタイマーたちが集められています。

中でも私が好きなのは、1930年代の流線形になるまでの「機能=カタチ」だったころの自動車たちです。
この時代の自動車のデザインは、どれを見ても機能的で美しいです・・・写真を撮りたくなるナニカを持っていると思います♪

こちらは、Rolls-Royce 40/50HP Silver Ghost (1910, U.K.)ですね♪
この時代の車のパーツは、用途や機能が良くわかり楽しいです・・・しかも、デザインも素敵なんであります。^^v

b0134829_20334826.jpg

ロールスロイス・シルバーゴーストを背景にしたこの三輪車は、De Dion - Bouton 1 3/4 hp (1898, France)です。
さすがおフランス製だけあって、とってもエスプリの効いたデザインなんであります♪

b0134829_2034721.jpg

こちらはDaimler Type 45 (1920, U.K.)、クラクションはまさしく「ホーン」なんであります。^^

b0134829_20342345.jpg

Morgan Aero (1922, U.K.)・・・駆動部品がむき出しで、バイク同様の機能美を誇っています♪

b0134829_2245427.jpg

Stutz Bearcat Series F (1914, U.S.A.)ですね・・・ステアリングホイールの造形が面白いです。

b0134829_20353185.jpg

世界初の量産車、Ford Model T (1909, U.S.A.)です。
「自動車を発明したのは誰か」・・・これはなかなか難しい質問です・・・でも、「自動車の大量生産を発明したのは誰か」は簡単です。
そう、Henry Fordなんであります♪

b0134829_20413985.jpg

こちらは新館のお土産物売り場の前に展示されていた"Swift 9HP (1905, U.K.)"ですね。
上に乗ることも可能なので、記念写真を撮っている方もいらっしゃいました。
それにしても、こんな貴重品を惜しげもなく記念撮影用に提供するとは・・・トヨタもなかなか太っ腹なんであります♪

愛知県長久手市横道41-100 トヨタ博物館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-20 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月16日 弾いて舞って撮って、の美術館
b0134829_22593.jpg




b0134829_225234.jpg




b0134829_2253940.jpg

先日の「写真集団・錆銀」の合宿、最終日の午後は、愛知県美術館に行きました。
私も出展している「表現者たち:第23回作品展」を、錆銀の仲間たちにも見てほしかったからです。

「表現者たち」と言う名前の通り、ここで展示されているのは絵画や写真だけではなく、陶芸作品からインスタレーションまで幅広くあります。
この日は展示会の最終日なので、クラシック・ギターの生演奏やフラダンスまでありました。
あらためて自己表現の可能性は無限だ、と気づきました。

b0134829_226860.jpg

Oさんの素敵なギター演奏とともに自分の写真を見ていただけるとは、何よりの幸せなんでありました♪

b0134829_2262232.jpg

Wさんは幼稚園の先生なので、子供たちへのフラの指導も慣れたものですね。^^

b0134829_22115531.jpg

この「表現者たち」と言うグループを創設された森先生とそのご遺作です。
素晴らしい作品です・・・ご存命のときにお会いしたかったです。

b0134829_2264660.jpg

高校時代の同級生であり、この「表現者たち」の代表のPepeくんの後ろ姿です。
Facebookと言う文明の利器で再会できてうれしかったぜ。
お互いもう若くはないけれど、来年の春も「創る仲間の展覧会」でがんばろうぜい♪

名古屋市東区東桜一丁目13番2号 愛知県美術館 8階ギャラリー展示室にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-16 05:00 | Snap
2015年11月14日 アールデコな光の中で
b0134829_1635090.jpg




b0134829_16353285.jpg




b0134829_1636162.jpg




b0134829_16363033.jpg




b0134829_1637272.jpg




b0134829_16372887.jpg




b0134829_16375619.jpg




b0134829_16383244.jpg

「写真集団・錆銀」の合宿、三日目は朝から雨となってしまいました。
撮影に行きたいけど、雨でも大丈夫な場所ってどこがあったかな、と考えることしばし・・・おお、アソコがあった♪
と言うわけで、久しぶりに長久手市にあるトヨタ博物館に行ってまいりました。

ここは1989年4月16日にオープンし、世界の歴史的な車を約140台を常設展示していることで有名です。
19世紀末から20世紀にかけて製造された世界各国の自動車が体系的に展示されており、クルマ好きにはもちろん、フォトジェニックな年代モノがたくさんあるので、写真愛好家にも人気があります。

さて、ここに来ると必ず撮るのが、フランスのアールデコを代表するガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が制作したカーマスコットです。
このカーマスコット展示室には、ラリックが1920年代を中心に制作した29種類32点の全カーマスコットが揃っています。
日本国内に限らず、海外でもラリックのカーマスコットを全種類をそろえて常設展示しているところはないんだそうで、かなりのレアものなんであります♪

今回はAi Nikkor 55mm F1.2と言う古いMFレンズで撮影しましたが、このレンズは七枚の直線絞りなので、点光源を撮ると七角形のボケになります。
2枚目は絞り開放ですが、それ以外はF2.0~F4.0で撮ってますね。
人物や花などを撮ると、この硬さが気になるんですが、ガラスやメカニカルなものを撮ると、この硬さがいいんであります♪

愛知県長久手市横道41-100 トヨタ博物館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-14 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月8日 粛々と秋が深まる寺院にて
b0134829_1617567.jpg




b0134829_16172847.jpg




b0134829_16182976.jpg

夕暮れの覚王山、日泰寺です。
長くなった影たち・・・そして赤く錆びたものたち・・・
こういう哀愁に満ちたものを見ると、粛々と秋が深まっていく実感にひたってしまいますね。
って、赤錆は年がら年中撮って入るんですけど。^^;

名古屋市千種区 覚王山・日泰寺にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-08 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月4日 季節感が微妙な星の丘
b0134829_120749.jpg

名古屋の東部にあるショッピングストリート、星ヶ丘テラスの街路樹です・・・さすがに色づき始めましたね。
これから一ヶ月、どんどんと木々の葉の色が美しく染まっていくのを楽しめるんであります♪

b0134829_1203618.jpg

星ヶ丘テラスを訪れたのは10/31・・・ハロウィン当日ですので、ハロウィンっぽいものがまだたくさん出ておりました。

b0134829_1204958.jpg

気の早いお店では・・・すでにクリスマスのディスプレイが始まっておりました・・・10月中にクリスマスって、いかにも早い感じがしますけどね。^^;

b0134829_121639.jpg

でも、ハワイアンカフェの前の雰囲気はあまり秋が深まっていない感じでしたねえ・・・ハワイの国旗と言いヤシの樹と言い、常夏の島をアピールしてました♪
とは言え、背景の木々は明らかに色づいてきており、秋をごまかすことはできないんですけどね。^^;

先日、Ai Nikkor 85mm/F1.4SをLumix DMC-GM5に装着して撮ってみましたが、今回はAi Nikkor 55mm F1.2を付けてみました。
35mm判に換算すると、110mm/F2.4の望遠レンズってことになりますね。
GM5はISO100の低感度と、1/16000の高速シャッターが使えるので、ついこういう大口径レンズを付けて遊びたくなってしまうんであります♪

名古屋市千種区星ヶ丘 星ヶ丘テラスにて
LUMIX DMC-GM5
Ai Nikkor 55mm/F1.2 with Micro Four Thirds Adapter


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-04 05:00 | Japanese Landscapes
2015年11月1日 消え去った花見通りの青春
b0134829_0453710.jpg


晩秋の遅い午後の日差しに影を落とす樹々・・・
そして真っ青な空とそれに対抗意識を抱くかのように鮮やかなオレンジのタワークレーン・・・
都会なら、どこでもよくみかける再開発の風景です。

b0134829_045518.jpg

ここは名古屋市昭和区にある川名公園です。
大きな災害などの避難計画のために、古い民家や商業施設を立ち退かせて作られた防災公園なので、とても広大です。

b0134829_0461579.jpg

この公園を東西に貫く道路です・・・この道路はかつて、花見通りと呼ばれていました。
そしてここには、私が毎日のように通ったJAZZ喫茶がありました・・・先日の開店40周年の日に書いたエントリにも出てくる尾張屋です。
1975年10月23日から1979年7月31日、この尾張屋で過ごした4年弱の時間は、私にとっては青春そのものでした。

b0134829_0464424.jpg

これが在りし日の花見通りです・・・私がPentax KXに24mmレンズを付けて撮ったものだと思います。
このころからアンダーで暗い露出が好きでした・・・雀百まで、なのであります。
右の真ん中あたりに尾張屋がありました。

b0134829_0472389.jpg

こちらが尾張屋です・・・画角からして、これは50mmで撮ってると思います。
当時、レンズは50mmと24mmしか持ってなかったと思います。
青いペンキがシックなお店でした・・・尾張屋の初期のころなので、まだ電話ボックスがありません。
右に写ってるのは尾張屋の常連客のTさんと、近所の子供たちですね。^^

b0134829_0473896.jpg

花見通りを歩く尾張屋店主のCさんです。
当時の花見通りには、名古屋市バス50番系統が走っており、妙見町と名古屋駅を結んでいました。

b0134829_0481687.jpg

こちらは今からちょうど40年前の写真じゃないでしょうか。
右に写っている女性、Tさんは尾張屋の年表によれば、1975年11月1日に京都に帰ったことになってますからね。^^
これはおそらく初めてKodak Tri-X 400で撮った写真だったと思います・・・浪人で暇だった私は、尾張屋の専属フォトグラファーを買って出てました。

b0134829_0545039.jpg

で・・・主な被写体は何かと言うと・・・尾張屋で飲んでいる友人たちだったのですね♪
このころは毎晩大騒ぎしてました・・・サントリー・オールドがここに写ってますが、実際には廉価なホワイトを飲んでましたねえ。^^

b0134829_0492166.jpg

特に開店当初の1975年の晩秋から冬にかけては、毎晩が宴会、パーティでしたねえ。
夜な夜なこんなことや・・・

b0134829_0493428.jpg

あんなことや・・・

b0134829_0495611.jpg

そんなことばかりしておりました。^^;
よくこんな状態で翌年の春、よくぞ大学受に受かったもんだと自分でも思います。
勉強と言えば、赤尾のシケタンの丸暗記と、JAZZのLPの裏の英文ライナーノーツを読んだりすることぐらいでした。
Ira GitlerrやNat Hentoffのペダンティックな文章で、英文解釈は多少は鍛えられたかもしれません。^^;

b0134829_1343515.jpg

尾張屋の申年同窓生です・・・来年にはみんな還暦です。^^;
このころは、自分たちがそんな年齢になるなんてことは、まーるで想像外だったなあ。

b0134829_0501379.jpg

これは尾張屋最後の年の夏だと思います・・・私はN大学の4年生となり、"Adios OWARIYA, Adios Amigos"のTシャツを着ておりますね。

b0134829_051116.jpg

再開発により、花見通りの風景はまるで変わってしまいました。
かつてここにあった愛すべき古い住宅や商店などはすべてなくなり、あっけらかんとした空間が広がっています。
尾張屋があったとおぼしきあたりには、大きな樹が立っていました。

b0134829_0511765.jpg

公園のみならず、周りの民家もどんどん再開発され、大きな集合住宅にかわりつつあります。
もはや、私の知っている花見通りのスカイラインはどこにもなくなってしまいました。

b0134829_0513187.jpg

それでも・・・この場所を照らし出す晩秋の切ない光だけは、尾張屋時代と変わらないように思えました。

b0134829_0514870.jpg

公園の整備はまだ続いており、2016年度には「昭和文化劇場」がオープンする予定だそうです・・・どんどん変わっていきます。
もはや、昔の花見通りの面影は私の心の中だけにしかありませんが、それが消えてなくなることは決してないと思います。
尾張屋よ、そして花見通りよ、本当にありがとう。

名古屋市昭和区川原通8丁目 川名公園にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-01 05:00 | Japanese Landscapes
2015年10月25日 神無月のショッピングストリート
b0134829_2029113.jpg




b0134829_20293425.jpg




b0134829_20304046.jpg




b0134829_2032351.jpg




b0134829_20322152.jpg

10月も下旬となると、いよいよ本格的な秋の雰囲気になってきますね。
名古屋を代表するショッピングストリートの一つ、大津通のショーウィンドーも温かみを感じさせるディスプレイに変わってきました。
また、大津通の欅の樹も、徐々に葉を落とし始める季節になってきました。
私が一番好きな季節は、厚手のコートは要らないけど、ウールのジャケットは欲しいな、と言う微妙な寒さの季節です・・・晩秋の11月ですね。
私の愛用のハリス・ツイードジャケットが着られるようになるまであとわずか・・・楽しみになのだ~♪

名古屋市中区 大津通にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-25 05:00 | Seasonal Images
2015年10月20日 志し高き先達
b0134829_035510.jpg




b0134829_041974.jpg




b0134829_045844.jpg




b0134829_051324.jpg




b0134829_055274.jpg




b0134829_0105240.jpg




b0134829_061157.jpg

トヨタ鞍ヶ池記念館の敷地には、先日ご紹介した「旧・豊田喜一郎邸」の他に、この「トヨタ創業展示室」もあります。
ここには、トヨタ創業期の年表や写真の展示、織機やトヨペットクラウン(RS型)、トヨダ・AA型乗用車などの車両や1/5車両模型が展示されています。
また創業期のシーンを再現したジオラマや、挙母工場のジオラマもとても興味深いです。

なかでも一番私が心を打たれるのは、トヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎氏による下記の言葉です。

「ただ自動車を作るのではない。
日本人の頭と腕で、
日本に自動車工業を作らねばならない。」

何という志の高さでしょうか・・・

これぞ、ものづくり王国日本の礎となった大切な思想だと思います。
私はトヨタのシンパではないし、今所有している車もマツダとアウディですが、トヨタ自動車が日本の産業界で果たした貢献は素直に尊敬しています。

b0134829_063296.jpg

純国産技術による本格的乗用車としてデビューしたのは、この初代クラウンRS型でした。
今から60年前、創業からは18年たった1955年1月のことでした。
私が子供のころ、よく見かけた観音開きのクラウン・・・決してスマートではないですが、オリジナリティ溢れる威厳がありました。

うちの近所にも赤く錆びた初代トヨペット・クラウンが草むらで休んでおりますが、その存在感はいまだに端倪すべからざるものがあります。
「絶対に日本人の手で、優れた自動車を作るんだ!」と言う凄みのあるオーラを感じてしまうのです。

愛知県豊田市池田町南250番地 トヨタ鞍ヶ池記念館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-20 05:00 | Still Life