Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
タグ:Leica DG Summilux 25mm/F1.4 ( 33 ) タグの人気記事
2015年11月3日 搬入・設営する表現者たち
b0134829_21482177.jpg




b0134829_21485097.jpg




b0134829_2201740.jpg




b0134829_223570.jpg




b0134829_2232897.jpg




b0134829_2252910.jpg




b0134829_21501243.jpg

昨日、愛知県美術館に行ってきました。
実は本日から県美8階ギャラリー展示室Jにて、「表現者たち第23回作品展」が行われ、そこに私も写真を出展するからなんですね。

この「表現者たち」と言うグループは、高校時代の同級生、Pepe君が主宰しているグループで、毎年1回、この県美で発表会を開催しています。
グループのみなさん、個性的な方ばかりです・・・↑の看板や入館証をご覧いただくとお分かりになると思います。
Pepeさんいわく、「アートで遊べる人しかメンバーに入れてない」んだそうです・・・今回も、それぞれ素敵な作品ばかりで見ごたえたっぷりです♪

今年は私も初めて、仲間に加えていただくことになりました。
昨日はその作品の搬入と会場設営に行ってきたんであります・・・県美のギャラリーでの展示は、昨年のJPS展以来ですね♪

私が出す作品は全部で6点、すべて白黒フィルムで撮った写真です。
自分が気に入った写真はフィルム写真ばかり、って言うのが不思議です・・・ワンショットにかける緊張感と気合が違うんでしょうかね。
すべて今まで発表済みの写真ばかりですが、Adobe Lightroomのスプリットトーニングにて着色を施しました。
タイトルは「発狂した奇数月」です。
6枚目の写真がそれです・・・今回のDMと会場内パンフにも使ってもらいました。
また、本日の私の銀塩フィルム写真ブログにも、着色後の展覧会バージョンを掲載しております。

b0134829_21503630.jpg

表現者たち第23回作品展
●日時:2015/11/03(火) 〜 2015/11/08(日) 午前10時~午後6時 
- 11/6(金)は午後8時まで
- 11/8(日)は午後5時まで
●会場:愛知県美術館 8階美術館ギャラリーJ1・J2
●料金:無料

お時間のある方、ぜひご覧いただければ幸いです。
なお、私は11月4日(水曜日)の午前11時以降夕方まで在廊の予定です。

名古屋市東区東桜一丁目13番2号 愛知県美術館 8階ギャラリー展示室にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-03 05:00 | Arts
2015年10月30日 晩秋の遅い午後の田園地帯
b0134829_8144364.jpg




b0134829_8145637.jpg




b0134829_815983.jpg




b0134829_8182714.jpg




b0134829_8195054.jpg




b0134829_8255231.jpg





b0134829_21101093.jpg我家の近所の田園地帯に、秋らしい被写体を求めてスナップに行ってきました。

ただ、普通にとっても面白くないので、コンデジ大の大きさのLumix DMC-GM5に、ニコンのフルフレーム機用のMFレンズ、Ai Nikkor 85mm F1.4Sを装着して撮ってみました。

GM5はEVFも内蔵していて拡大も可能だし、フォーカスピーキング機能も付いているので、意外にMFレンズでも使いやすかったです。
しかも、GM5は1/16000と言う高速シャッター速度で撮れるし、拡張ISOは100まで落とせるので、F1.4の絞開放が使いやすいです。

この85㎜/F1.4、マイクロフォーサーズ・フォーマットで使うと、35㎜判換算で170mm/F2.8となります。

つまり、Nikon D610に70-20mm/F2.8の望遠ズームを装着し、170mm位置で撮ったのと同じ被写界深度になるってわけですね。

動きものを撮るには普通にD610と70-200mmで撮った方が楽ですが、動かないものが被写体なら、話は変わる・・・GM5と85mm/F1.4と言う組み合わせも、軽量コンパクトで機動性が高いんであります♪


愛知県みよし市にて
LUMIX DMC-GM5
Ai Nikkor 85mm/F1.4S with Nikon F Mount / Micro Four Thirds Adapter
Olympus Pen Lite E-PL6 & Leica DG Summilux 25mm/F1.4 (最後のみ)
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-30 05:00 | Seasonal Images
2015年10月28日 神無月の25%減塩とんこつ味棒ラーメン
b0134829_22284654.jpg

日が落ちるのが早くなりましたね・・・
夕方4時を過ぎると、西側の窓から夕日の「最後のひと踏ん張り」の光が入ってきて、一輪挿し代わりのリンゴジュースのボトルを透過していきます。
こういう透過光、私の大好物なんであります。
さて、ボトルの向こう側になにやらにぎやかな色彩のものが見えますが、これは何かといえば・・・

b0134829_22303389.jpg

はい、久しぶりのB級即席麺シリーズなんであります。
今回取り上げたのは、棒状のラーメンで有名なマルタイが発売している「屋台とんこつ味棒ラーメン」ですね。
5年前に、"On a slow boat to China"と言うタイトルでオリジナルの「マルタイ棒ラーメン」を取り上げたことがありますが、あれはしょうゆ味でした。
今回は屋台とんこつ味で、「美味しさそのままで25%減塩しました」と言うのがウリのヘルシーなラーメンなんであります♪

b0134829_22295113.jpg

夜に外出する予定があったので、早めの夕飯を食べることにしました。
具は煮ぬき卵と小松菜、ネギなんであります・・・さてお味のほうは・・・うむ、オリジナル棒ラーメン同様、縮れていないストレート麺がレトロですね。
スープの味は、さすがに塩分25%カットしているだけあって、とってもマイルドです・・・はっきり言うと、「眠い味」です。^^;

う~ん、私もトシなのでこういう減塩バージョンのほうが良いことはわかっているのですが、ちょっと物足りないなあ、あはは。^^;
でも、基本的には悪くない味です。
ラーメンと言うより「中華そば」って言葉が似合いそうな、素朴な味わいでした♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-28 05:00 | Foods & Dining
2015年10月24日 大人でも楽しい絵本展
b0134829_2051690.jpg

今年の秋も、この鬼瓦のいる場所に行ってきました♪

b0134829_20163135.jpg

ここは西三河のやきものの街、高浜市にある「かわら美術館」です。
かわらと名前が付いてますが、瓦をみにいったわけではなく、絵本展を見に行ってきたのですね♪

b0134829_20184877.jpg

昨年はここに「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 - 絵本をめぐる世界の旅」を見に来ました。
ここは毎年、世界の絵本展を開催する面白い美術館なんであります♪
2013年はイタリア・ボローニャ国際絵本原画展、2012年はブラティスラヴァ世界絵本原画展、2011年と2009年にもイタリア・ボローニャ国際絵本原画展を展示していました。
今年は11月1日まで、2015イタリア・ボローニャ国際絵本原画展が開催中なんであります♪

b0134829_2064141.jpg

昨年も思いましたが、ここの絵本展は実に見ごたえがあります・・・絵本と言っても、大人が鑑賞しても楽しい作品が展示してあるので、見ていて飽きません。
展示室の中は写真撮影禁止ですので、表に展示してあった絵本を撮ってみました。

b0134829_2075381.jpg

ヨーロッパからアメリカ、アジアに至るまで、さまざまな場所に在住の作家さんたちの作品が展示されていました。

b0134829_2087100.jpg

画材もペン、色鉛筆、アクリル絵の具、グワッシュ、切り絵、木版画などの伝統的なものから、コンピューターで作ったものまで、さまざまでした。

b0134829_2085654.jpg

作品は1階と2階の展示室に大量に展示されており、どれも力作ばかりでした。
う~ん、これで600円とは、非常にお値打ちなんであります。

b0134829_20102256.jpg

作品鑑賞後は、一緒に見に行った相方および友人のCちゃんとお茶タイム、この美術館内にあるフレンチ・レストラン"Omi"さんに行きました。
これはCちゃんが頼んだ高級抹茶チョコレート、映画「タカハマ物語」のお菓子です。
一流ショコラティエによる逸品ですからお値段も3つで480円となかなか高価・・・でも、食べてみると納得ですね、抹茶の幽遠な香りがたまりません♪

b0134829_20103562.jpg

こちらは私が頼んだケーキセットです・・・チーズケーキ付きで650円と、これはリーズナブルなお値段でしたね。
ここ、初めて入りましたが、静かで雰囲気も良いし気に入りました・・・来年はランチを食べがてら美術鑑賞してみようと思ってます・・・
順番からすれば、来年もブラティスラヴァ世界絵本原画展が開催されると思いますからね~♪

b0134829_20171259.jpg

ミュージアムショップにも、素敵なグッズがいっぱい売っておりました。^^

b0134829_2017276.jpg

うちもハガキを買って帰ってきました・・・美術展で買った絵葉書、我家の廊下に貼って飾っているのですね。^^

b0134829_20105097.jpg

この「かわら美術館」、あまり知られてはいないかもしれませんが、一見の価値ありです・・・この絵本展はとても素晴らしいです♪

愛知県高浜市青木町九丁目6番地18 高浜市やきものの里 「かわら美術館」にて
Olympus Pen mini E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-24 05:00 | Arts
2015年10月23日 "My one and only love"な落葉の公園
b0134829_173958.jpg




b0134829_1732995.jpg




b0134829_174988.jpg




b0134829_175028.jpg

10月も後半となり、街角にも枯葉が目立つ季節となってきました。
なのにタイトルは「"Autumn Leaves"な落葉の公園」ではなく、「"My one and only love"な落葉の公園」なんであります。
これは、今日の日付、10月23日に関係があります・・・実は今日は私にとって、大切な日なんであります。

今からちょうど40年前の1975年10月23日、名古屋市昭和区花見通りに「尾張屋」と言う名前の小さなJAZZのお店がオープンしました。

b0134829_1958201.jpg

これが尾張屋の回転告知チラシです・・・ 植草甚一風のコラージュは店主のCさんの手作りなんであります。
ま、いわゆるJAZZ喫茶です・・・レコードを聴きながらコーヒーやアルコールをいただくお店でした。
私は当時、大学浪人中だったんですが、この日以来、ほぼ毎日、そのお店に入り浸りました・・・人生変わりましたねえ。^^;

一応大学受験も諦めてはおらず、お店の中でレコードのライナーノーツや歌詞カードを見て英語を勉強しておりました。
この"My one and only love"も、愛聴曲の一つでした。
イントロの歌詞、"The very thought of you makes my heart sing..."を聴きながら、「そーか、makeは使役動詞だから原型不定詞を使うんだな・・・」とか勉強したんでありました。(滝汗^^;)

JAZZのスタンダードは、タイトルだけでも英語の勉強に役に立ちました。
"Everything happens to me"で、「EveryとかEachは単数形だな、だから三単現のSが付くのか・・・」と学びました。
また、"It never entered my mind"で、「enterは他動詞だから、前置詞なしでいきなりmy mindとなるのだな・・・」とか理解しましたよ。^^v
そして"I Wish I Knew"では、「仮定法過去、実現するのが難しい現在の願望だな、知ってたらいいんだけどな、だな♪」と覚えました。

でもこういうええ加減な勉強態度だったにもかかわらず、翌年の春、何かの間違いで大学に合格してしまいました。
その年の10月23日には、尾張屋1周年記念として菅野邦彦氏のピアノトリオのコンサートを名演小劇場で行う予定になっていました。
宣伝用のハガキまで作ったのに、このコンサートはなぜか流れてしまいました・・・理由はよく思い出せません。
コンサートがキャンセルされてしまったので、1周年記念の日は尾張屋で飲んでいたのを覚えてます。

さて、尾張屋のFacebookに懐かしい写真があったので、貼っておきますね。↓
b0134829_17275722.jpg

この写真は、尾張屋が閉店した1979年7月28日に撮ったものだと思います・・・今から36年前ですね。
私は最前列で夜なのにサングラスをかけて写ってます・・・昨日の写真と見比べると36年間の経年変化がお分かりになるかと思います。^^;
なお、右から3人目はいまだに全味協で付き合いのあるMiyabine君かな。

この若々しい(正確にはバカバカしい^^;)時代の写真は、このあたりにたくさんあります。
みんな若かったなあ・・・"Things ain't what they used to be"になっちまいましたね。^^;

何はともあれ、今は亡き尾張屋40周年、おめでとう。^^
今でも枯葉が公園の地面を埋め尽くす風景を見ると、楽しかったあのころを思い出します。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-23 05:00 | Jazz
2015年10月16日 Jazz in OZ
b0134829_10235224.jpg




b0134829_10245759.jpg




b0134829_16455710.jpg




b0134829_10265930.jpg




b0134829_1637224.jpg




b0134829_10281057.jpg




b0134829_16303356.jpg




b0134829_10355167.jpg




b0134829_166911.jpg




b0134829_10294442.jpg




b0134829_16342644.jpg




b0134829_10302075.jpg

先日の「女性ボーカリストの集うJazz Street」でご紹介した"NAGOYA JAZZ STREET 2015 in 大曽根"、サブカメラのLumix DMC-GM5でも撮っておりました。
このGM5には、標準画角のSummilux 25mm/F1.4を装着し、街並みスナップ風の写真を大量生産しました。
そうなると気分はカルティエ・ブレッソン・・・温黒調のモノトーンにしてみたくなった、と言うわけです。

この大曽根のOZモール、名前の由来は映画『オズの魔法使』"The Wizard of Oz"ですね。
そのため、そこら中にオズの魔法使い関連のフィギュアが飾られていて楽しかったです。
でも、"Over The Rainbow"を歌っているボーカリストさんはいなかったような・・・あ、途中で帰ってしまったので、大トリで歌ったのかもしれませんが。^^;

名古屋市北区 大曽根にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-16 05:00 | Jazz
2015年10月9日 黄昏逝く神無月
b0134829_16524367.jpg




b0134829_16525965.jpg




b0134829_16533792.jpg




b0134829_16542180.jpg




b0134829_16543880.jpg




b0134829_16545655.jpg

相方が「今日の夕日はなかなかきれいだよ」と言うので、慌ててカメラを持って外に出てみました。
秋の日は釣瓶落とし・・・あっという間にきれいな夕焼けは終わってしまいました。

そのまま現像してもあまりドラマチックじゃなかったので、例によってAdobe Lightroomさまにお出ましいただき、神無月色に盛ってみました。^^;
こういうのを捏造と言うか、創造と言うかは、それぞれの人の価値観によって様々ですね。^^;

我家のマイクロフォーサーズ、Lumix DMC-GM5がやってきて、Olympus Pen Lite E-PL6との2台体制になりました。
でも、守備範囲が若干違うんですね、この2台。

こういう薄暗い時間帯の写真は、やはり手ぶれ補正の付いたOlympus Pen Lite E-PL6の方が安心です。
またE-PL6はチルト液晶なので、最後のカットのような超ローアングルの撮影にも便利です。

GM5はとにかく荷物を減らしたいとき、その小型軽量さが効いてきます・・・20㎜F1.7を装着しても311グラムしかありません。
下手なコンデジより軽いんですよね。^^;

E-PL6とGM5、同じマイクロフォーサーズ規格でも若干性格が違うので、使い分けができるのが楽しいです♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-09 05:00 | Lights & Shadows
2015年10月3日 The October Country
b0134829_18125167.jpg




b0134829_18273729.jpg




b0134829_18355981.jpg




b0134829_1838361.jpg




b0134829_1839149.jpg




b0134829_18392041.jpg




b0134829_184054.jpg

10月の雰囲気を撮りたくて、近所の愛知牧場に行ってきました。
テーマは”The October Country"・・・

SFファンの方なら、ピンときますね・・・アメリカのSF&ファンタジー作家、レイ・ブラッドベリの初期の傑作短編集のタイトルからリーパクしました。
この本の邦訳名は「十月はたそがれの国」と言いまして、高校生の時に読んで好きになりました。
ブラッドベリはSFの抒情詩人と言われるだけあって、ほの暗い晩秋の雰囲気を活かした幻想的でメランコリックな作品集でした。

この作品へのオマージュとして、2013年には「十月はたそがれの国」、2014年には「万聖節の牧場」と言うエントリを上げております。
どちらも、暮れなずむ夕方のアイボクで撮った写真なんであります。
10月っぽい写真を撮りたければ、愛知牧場は鉄板のロケ地ですね~♪

今回もブラッドベリへのオマージュとして、アイボクにやってきましたが、時間帯はずっと早い午後3時過ぎです。
これには若干理由がありまして・・・
はい、新しく導入したカメラ、LUMIX DMC-GM5の「どピーカンでの大口径レンズ絞開放大会」をやりたかったからなんであります♪

このGM5、電子シャッターを搭載しておりまして、1/16000と言う高速シャッターが使えます。
またISOを拡張することで、ISO100が使えます。
つまり・・・明るい日中でも、大口径レンズのSummilux 25mm/F1.4を絞り開放でぶっぱなせるので、まだ日の高い午後にやってきたわけなんであります。

しかもこのGM5、コンデジ並みの小さなボディの癖に、EVFを内蔵しております。
つまり、背面液晶ではなかなか見づらいような明るい戸外でも、ちゃんと画面を見ながら撮影ができてしまうんですね。

もちろんOlympus PenのPen miniやPen Liteでも、ND8フィルターをかませれば、どピーカンでも大口径レンズを絞り開放で撮影できます。
また、外付けEVFもあるので日向でも楽に撮影できます。
でも・・・GM5はすべてがオールインワンなので、とてもお手軽なんですね♪

今回、ここに上げた写真はすべてSummilux 25mm/F1.4の絞り開放です。
35mm判換算だと、50mm/F2.8の被写界深度ですから、大したボケではありません・・・35㎜判フルフレーム機には到底敵いません。

でも、APS-C機なら互角になりえます・・・35㎜/F1.8を付けたAPS-C機なら、同じ被写界深度、ボケ量になりますもんね。
それが、このコンデジなみの小さなボディで撮れてしまうところに値打ちがあります♪

同じマイクロフォーサーズ機のOlympus Pen Lite E-PL6とは、役割分担しながら持ち出すことになりそうです。
明るい戸外で機動性優先なら、GM5は良い選択肢になりそうです♪

愛知県日進市 愛知牧場にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-03 05:00 | Seasonal Images
2015年9月30日 里山の秋
b0134829_20512475.jpg




b0134829_20514672.jpg




b0134829_20521915.jpg




b0134829_20523878.jpg




b0134829_20525861.jpg




b0134829_20535194.jpg




b0134829_2054860.jpg

小さな秋を探しに里山に行ってきました・・・向かったのは、豊田市の東部にある「豊田市自然観察の森」です。
ここは失われゆく里山の自然を残し、子供たちの教育に役立てるために選ばれた場所で、四季折々の懐かしい景色に出会うことができます。

お彼岸ですから、文字通り、彼岸花が満開に咲いておりました。
この花は、田んぼのあぜ道に咲いているのが一番に会うかもしれません・・・都会のビル街でも咲いてましたが、居心地が悪そうでしたもんね。

また、稲刈りはすっかり終わっており、稲架掛けになってました。
森の小道にはキノコがいっぱいでておりました・・・蔦も枯れつつありました・・・秋の七草の萩も咲いておりましたね。

稲刈りの終わった田んぼには、フジバカマが咲き始め、案山子さんたちが暇そうに日光浴をしておりました♪
懐かしき里山の秋・・・満喫してきました。^^

愛知県豊田市東山町4丁目1206−1 豊田市自然観察の森にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-09-30 05:00 | Japanese Landscapes
2015年9月25日 原色の幾何学
b0134829_23492744.jpg




b0134829_23494658.jpg




b0134829_2350341.jpg




b0134829_23503596.jpg




b0134829_23512385.jpg

美術館って、まわりの空間も実に計算されたアートになっているところが多いような気がします。
例えばこの名古屋市立美術館・・・黒川紀章先生の設計によるシンプルなラインがとても美しい建物です。
この建物の周りをぐるっとまわってみました。
直線や円形や不定形など、幾何学的な造形が、青・緑・赤・青・黄色・赤・緑と言う原色と絡んでいるのでありました♪
うむ~、さすがアートな場所は違いますねえ♪

名古屋市中区栄2丁目17−25 名古屋市美術館にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-09-25 05:00 | Lights & Shadows