Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
タグ:Lumix G 20mm/F1.7 ASPH ( 170 ) タグの人気記事
2015年11月21日 赤錆を抽出された古道具たち
b0134829_1984940.jpg




b0134829_1910783.jpg




b0134829_19112297.jpg




b0134829_19113538.jpg




b0134829_191231.jpg




b0134829_19225192.jpg




b0134829_1923554.jpg




b0134829_19232288.jpg

使われなくなって久しい、真っ赤に錆びた古道具たちです。
かつては田畑で忙しい毎日を送っていただろう農機具もあれば、毎日の生活で活躍していただろう秤やネズミ捕りやランプや鋸などが目につきました。
お狸様や布袋様などの陶器類は、かつては持主さんに愛玩されたものだったのでしょうか。
鈍い霜月の光の下で、一段と寂しさや侘しさを増しつつあるようでした。

これらは田園地帯の古民具屋さんの店先でのスナップでした。
そのワビサビな雰囲気を強化するために、久しぶりに「錆残し」でポストプロセスしました。
Adobe Lightroomで、明瞭度スライダーを上げ、コントラストスライダーを下げ、赤とオレンジ以外の彩度スライダーをゼロにしたものですね。
こうすると草や花、材木や空などが無彩色となり、赤錆だけが抽出されるんであります♪

この「錆残し」の発明者は、「写真集団・錆銀」の盟友、gucciさんです。
最近の彼のブログで、またお使いになっているのを見て、「こりゃいい、俺も使おう~♪」となりました。^^;

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-21 05:00 | Rusty Scene
2015年11月19日 ひそやかに忍び寄る影たち
b0134829_16193013.jpg




b0134829_15593651.jpg




b0134829_1603359.jpg




b0134829_16195755.jpg


日が短くなってくると、いやがうえにも影の存在が気になってきます。
空を撮る人は「ソラトリスト」と言うのかなと思いますが、影を撮る人も「カゲトリスト」と呼べるのかもしれません。
冬至まであと1ヶ月ちょっと・・・これからどんどんと薄暗くなっていくんでしょうね・・・
寂しさちょちょぎれる光と影が支配する、大好きな季節です♪

名古屋市 中区大須四丁目4番1号 久屋大通庭園フラリエにて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-19 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月15日 雨降りだから映画でも見よう
b0134829_20164056.jpg

昨日の名古屋は小雨でした。
お天気が良ければ透過光が綺麗なナンキンハゼも、雨の中で鈍い輝きをはなっておりました。
こういうお天気じゃ、写真を撮るわけにもいかない・・・ということで、中央右手前方の赤いオーニングが見える場所にやってきました。
ここはどこかと言えば・・・

b0134829_20165379.jpg

映画好きな名古屋人ならよく知っている小さな映画館、「名演小劇場」なんであります。
昔は演劇やコンサートの会場として機能していましたが、昨今は質の良い映画をかける名画座として有名になってきているようです。
2009年には、「ヴィニシウス 愛とボサノバの日々」を見に行っていますね。

b0134829_20174313.jpg

今回見に来た映画はコレ・・・「ヴィヴィアン・マイヤーを探して(Finding Vivian Maier)」です。
私の大好きなフォトグラファーの一人、ヴィヴィアン・マイヤーさんのドキュメンタリー映画で、昨日から名演小劇場で封切りとなりました。

このヴィヴィアンさん、プロの写真家ではなく単なる乳母・家政婦でした・・・生前はいっさい写真を発表することなく、2009年に亡くなりました。
死後、彼女の残した15万点にものぼる膨大な数の写真が発見され、そのクォリティの素晴らしさに写真界ではセンセーションが起きました。

乳母をしていた女性が、なぜこれほど優れた写真を撮ることができたのか?
なぜ誰にも作品を見せなかったのか?

この謎を解き明かすために、彼女の写真を発見したジョン・マルーフが自ら映画作りに挑んだドキュメンタリーがこの映画なんであります。
第87回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞にノミネートされています。

b0134829_20201550.jpg

映画を見終わって外へ・・・
予告編で見た映画のポスターが張ってあり、むかしながらの映画館の雰囲気でしたねえ。^^

b0134829_20193726.jpg

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して(Finding Vivian Maier)」、ドキュメンタリー映画ですから、それほどドラマチックなわけではありませんでした。

ヴィヴィアンが撮影した数々の素晴らしい写真・・・
そして彼女を知る人から語られる彼女のエキセントリックな人物像・・・
1時間半にも満たない映画ではありましたが、写真を趣味としている私にはとても興味深く、見ごたえがありました。

でも・・・どうせなら・・ニコール・キッドマンが主演した「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト (2006)」みたいな大胆な演出の伝記映画を作って欲しいなあ、と思いましたよ。
Diane Arbusも私が敬愛するフォトグラファーの一人ですが、やはり正気と狂気の狭間の中で苦しみ、若くして自殺してしまいました。
二眼レフを使う女流フォトグラファーって、鋭敏なセンスの持ち主が多いってことかもしれません。

b0134829_20211225.jpg

有名なVivian Maierさんのセルフポートレートがポスターになっていました。
手に持っているのは、私のと同じRolleiflex、 Automat MXですね。
二眼レフはウェストレベルファインダーなので、セルポは撮りやすいです・・・私もこれで、エド・ファン・デア・エルスケンの真似でセルポを撮ったことがあります。^^;

ヴィヴィアンさん、あれほどの才能を持ちながらなぜ発表しなかったのか・・・
今日の映画を見て、「単に発表するタイミングを逸してしまっただけだったのかもしれないな」と思いました。
彼女、いつかは人に見せたかったんじゃないかな、と思えたのですよ。
謎を多く残したままあの世に行ってしまった天才フォトグラファー・・・その魂よ安らかなれ、と祈らずにいられませんでした。

ちなみに今日のエントリのタイトル、JAZZ好きな人はお分かりになりますね。
そう、JAZZエッセイスト植草甚一氏の著作、「雨降りだからミステリーでも勉強しよう」のリーパクであります。^^;

名古屋市東区東桜2丁目23番7号 名演小劇場にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-15 05:00 | Snap
2015年11月11日 赤い牧場
b0134829_101524100.jpg




b0134829_10422359.jpg




b0134829_1018782.jpg




b0134829_10432076.jpg




b0134829_10285070.jpg




b0134829_1020374.jpg




b0134829_10214317.jpg




b0134829_10294168.jpg




b0134829_1022461.jpg

先日の「写真集団・錆銀」の合宿、味噌煮込みうどんを食した後に向かったのは、毎度おなじみの撮影場所、愛知牧場です。
ここには錆銀メンバーにとってはとてもオイシイ被写体に溢れた場所なんであります。
錆びたものがいっぱい転がっているし、廃トラクターも屋外展示されていますし、紅白だんだら鉄塔も建ってますし、紅葉も始まっていまました。
それゆえ、この「赤い牧場」はっ錆銀メンバーにとって定番の撮影コースになっているのでありました♪

愛知県日進市 愛知牧場にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-11 05:00 | Rusty Scene
2015年11月9日 霜月の廃バス
b0134829_21221052.jpg




b0134829_21222587.jpg




b0134829_21243631.jpg




b0134829_2125436.jpg




b0134829_21254940.jpg




b0134829_21265541.jpg

定点観測物件、「豊田市北部のシマシマの廃バス」、11月初旬の状態です。
9月13日のエントリ「初秋と言うにはあまりにも晩夏な廃バス」の時には、まだ猛々しい蔓蔦が繁茂しまくってましたが、さすがに11月は違いますね。
ほとんどが枯れつつある状態でした・・・まだかろうじて緑を保っている蔦もありましたが、それとて傷だらけ穴だらけでした。

b0134829_21271130.jpg

"Ricoh GR"にてタイム・ラプス撮影中です・・・ちなみに、このカメラは私のものじゃありません。
今回の廃バス観測はいつもと違っていました・・・いつもは私だけで孤独に撮っているんですが、今回はにぎやかでした。

実は先週末、私の所属する「写真集団・錆銀」の本年度の合宿を行いました。
この合宿、2013年度2014年度は愛知牧場からスタートしましたが、今年の最初の訪問地は、この「廃バスヶ原」だったんであります。

グループ構成員は日本全国に散らばっておりますが、共通して「錆びたものが大好物」、という特徴があります♪
みんなで寄ってたかって、にぎやかに廃バスを撮影いたしました。^^v

b0134829_21272631.jpg

実は私、東海地方をベースとする写真家グループ、「全日本味噌煮込写真家協会(通称:全味協)」の一員でもあります。
また、錆銀のメンバーも全員、全味協にも所属しております。

今回の錆銀の合宿は、地元の全味協のメンバーにも声をかけたので、撮影会はより大規模で楽しいものとなりました。
この廃バス撮影も錆銀・全味協の合同だったんであります。

撮影を終えた後は昼食です・・・毎年、錆銀の合宿は、名古屋名物「味噌煮込みうどん」を食べるのがお約束になっております♪
なので・・・向かった先は、近くにある美味しい味噌煮込みのお店、「山本屋山水」さんです。
名古屋の味噌煮込みの名店、山本屋総本家の系統に属するお店だけあって、実に本格的で美味しい味噌煮込みを食べることができました。^^
こうして今年も、2泊3日の楽しい錆銀合宿の幕があがったのでありました♪

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-09 05:00 | Rusty Scene
2015年11月6日 晩秋の終着駅
b0134829_13522749.jpg




b0134829_13525193.jpg




b0134829_13531149.jpg




b0134829_13541956.jpg




b0134829_1355222.jpg




b0134829_13553539.jpg




b0134829_16413441.jpg

名鉄三河線・山線区間の終着駅、旧西中金駅です。
ここは何度も撮っておりますが、今回訪れてみてちょっと違和感がありました。
みょうに明るく、こざっぱりとしているのですね。
新たに設けられた説明版を読んでみると、昨年、歩道拡張工事に伴って、駅舎が2メートルほど線路側に移され、その際に古い部材を撤去したとのこと・・・
なるほど、納得です。
でも、以前のオリジナルのほうが廃駅らしい哀愁があったのになあ・・・と思ってしまいました。
そのため、今回は駅舎ではなく、そのまわりの風景を主に撮ってみました・・・やはり廃駅は赤錆がないと絵にしにくいです。^^;

なお、今日から3日間、写真友達たちとの合宿が始まります・・・コメレス遅くなると思います、申し訳ありません。
遠く新潟や群馬や埼玉からも友達が来て、地元の友人たちと一緒になって遊びます。
ユースホステルに泊まって、昼間は撮影、夜はデジタルフォトをPCに取り込み、Adobe Lightroomでのポストプロセス大会となる予定です。
またその様子は後日、ご紹介いたします♪

愛知県豊田市中金町 名鉄三河線・旧西中金駅にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-06 05:00 | Rusty Scene
2015年10月31日 影が支配する駅前広場
b0134829_2281552.jpg




b0134829_2283598.jpg




b0134829_228549.jpg

いよいよ今日で10月もおしまい・・・
まだ本格的な寒波がやってくるまでは、少し間がありますが、光と影の雰囲気はすっかり冬っぽくなってきました。

ここは自動車都市の鉄道の玄関駅、名鉄豊田線・豊田市駅です。
午後3時を回ると、もうすでに人恋しいような光線が周りを満たしていました。
そっか・・・そういや今日はハロウィンなんであります・・・ほの暗い影の支配する日なんであります♪

それにしてもこういう光、撮っていて飽きないなあ・・・この季節はこんな写真が続きそうです・・・ご容赦を。^^;

愛知県豊田市 名鉄豊田線 豊田市駅にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-31 05:00 | Lights & Shadows
2015年10月26日 秋が深まる廃駅
b0134829_19393091.jpg




b0134829_19394683.jpg




b0134829_1940260.jpg




b0134829_1948343.jpg




b0134829_1948516.jpg




b0134829_195131100.jpg




b0134829_1950574.jpg




b0134829_19502192.jpg

昨日、久しぶりに名鉄三河線「山線」の廃線区間にある廃駅、三河広瀬駅に行ってきました。
前回は真夏の8月初旬に撮影に出かけましたが、今回は秋・・・より廃駅としての哀愁に満ちているような気がしました。
晩秋に撮ったこともありますが、冬が近づくにつれてどんどんと憂いの色が濃くなっていくような感じのする駅です。
この三河広瀬駅に来るたびに、今にも列車がやってきそうな錯覚に襲われます・・・でも、二度と列車がやってくることは二度とないんですよね。
お天気が良いだけに、より一層寂寥感がつのる廃駅でした。

そう・・・昨日はお天気が良かったので、久しぶりに中判フィルム写真を撮ろうと思って、Rolleiflex 2.8CにNeopan 100 Acrosを入れてみました。
Rolleiflexには露出計が付いていません・・・でも、ラチチュードの広いネガフィルムを晴天の日の順光で使うなら体感露出でもどうにかなります。
とは言っても、逆光や日陰だと露出計があった方が安心だし、室内だと露出計必須です。
そのため、コンデジを露出計として随伴させることが多いのですが、今回はGM5と20mm/F1.7のLumixコンビの露出計としてのデビュー戦となりました。

GM5はカスタム設定が保存できるので、露出計適性が高いです。^^
1:1の真四角フォーマット、ISO100固定、露出補正+0.3EV、モノクローム・・・これが露出計のない二眼レフカメラの随伴モードなんであります♪

Rolleiflex 2.8Cで数枚撮った後、ご老公は「GM5よ、ご苦労さん、あとはてきとーに撮って良いぞよ」と言いました・・・
このGM5、先代露出計のRicoh GX200やFUJIFILM XQ1と似たようなサイズですが、センサーはm4/3、しかもレンズは交換式です。

コンパクトなパンケーキの20mm/F1.7は、寄って絞りを開けてボカシたり、引いて絞って広角なパンフォーカスにしてみたり、いろんな使い方ができます。
コンデジのズームより、よほど撮っていて面白いんであります・・・やはり露出計以上の仕事をするなあ、って当たり前か^^;・・・
XQ1の206gからGM5+Lumix 20mm/F1.7の311gへ・・・ちょっと重量が増えましたが、XQ1からリプレイスして正解だったのでした♪

愛知県豊田市東広瀬町 名鉄三河線「旧・三河広瀬駅」にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-26 05:00 | Rusty Scene
2015年10月22日 "Things ain't what they used to be"なOB会
b0134829_22225410.jpg

こちらはわが母校のキャンパスです。

b0134829_1610977.jpg

そして、こちらはわが母校のイタリアンレストランです。
背景になにやら看板がぶらさっておりますが、これは何かと言うと・・・

b0134829_221965.jpg

私がかつて参加していたJAZZバンド、Nanzan Art Quartetの50周年OB会なんであります♪
こちらは今から52年前にNAQを作った大先輩の開会のスピーチですね。

b0134829_2212922.jpg

私の職務は、このOB会の一部始終をカメラで記録することだったんであります。^^
まずは現役生たちの演奏がスタートしました♪

b0134829_222288.jpg

食事は立食のバッフェですから、三々五々集まって、昔ながらのバカをやるんであります。^^

b0134829_2235090.jpg

JAZZのバンドって、昔も今もやる曲は大して変わりません。
これは現代版の1001ですかね、JAZZスタンダードの曲集なんであります♪

b0134829_224794.jpg

久しぶりに会うメンバーも多く、話は尽きません。^^

b0134829_2253222.jpg

一番上のOBと一番若い現役生の歳の差は・・・なんせ50周年ですからねえ、一番古いOBから見たら孫みたいなものなんでしょうね。^^

b0134829_2272896.jpg

今日のエントリのタイトルにある、"Things ain't what they used to be"は、Duke Ellington楽団の十八番のブルースです。
作曲したのはMercer Ellington、デュ-クの息子です。

b0134829_228552.jpg

"Things ain't What They Used to Be"というタイトル、直訳すると「物事は昔のままではない」ってことですね。
「昔はよかったね」と言う邦訳もありますが、意訳し過ぎじゃないかと思います・・・そんなに懐古的なニュアンスは感じられませんから。

ちなみに"ain't"とは学校英語では習わない短縮形で、"am not"、"is not"、"are not"、"have not"、"has not"の意味だそうです。
アメリカの南部でよく使われる言葉なので、私の日本語の生徒で南部のジョージア州出身のTP君にそのニュアンスを尋ねてみましたが、「ちょっと田舎臭いニュアンスがあるけど、使うのがはばかられるほど下品なわけでもない」言葉だそうです。

b0134829_2274622.jpg

還暦を超えてもお洒落で元気なOBの皆さまです♪

b0134829_22135017.jpg

現役+OBによるジャムセッションも楽しかったですね。

b0134829_2283068.jpg

NAQの誇るベーシストたちです。
なぜかNAQ、ベーシストはOBになっても活躍している方々が多いです♪

b0134829_22132685.jpg

老いも若きも、同じ曲を演奏できる・・・これがJAZZバンドの良いところかもしれません。

b0134829_22115936.jpg

50周年だけあって、OB48名、現役24名、合計72名の盛会となりました。
そして・・・まさしく"Things ain't what they used to be"というタイトルのままでした。
昔に比べると、大きく違うNAQがそこにありました。

私のころのNAQ、部員数は多くはありませんでした。
しかし今や部員数は一学年だけでも十人以上おり、中でも女子含有率がとても高く、今や80%の部員は女子なんだそうです。
私のころとは真逆ですね。^^;

また、部室も昔はタバコ吸い放題だったのに、今はもちろん禁煙です。
そして晩秋の定期演奏会が終わると、3年生は引退してしまうのだそうです・・・うう、俺、5年生の時も定演出てたぞ。^^;
かつては軽音の人外魔境と呼ばれたNAQも、健全になったものです。

それでもやっぱりNAQはNAQでした・・・4ビートのJAZZを守り続けてくれているのでした。
私が在学していたころの軽音楽部のバンド、NAQ以外は絶滅してしまいましたが、NAQは以前より元気なぐらいです。
学内唯一のJAZZバンドとして、その伝統を守り続けてくれている現役生たちには、本当に感謝しています。

幹事役の皆さま、会場セッティングをしてくれた現役生の皆さま、久しぶりに集まって盛り上げてくださったOB/OGの皆さま、本当にありがとうございました。
次は60周年でしょうか、楽しみです。^^

b0134829_16152389.jpg

さてこちらは・・・N先輩がLumix LX100で撮ってくださった、OB会専属フォトグラファーの姿であります。^^;
今回の撮影機材は、Nikon D610とLumix DMC-GM5の2台体制で臨みました。
コンパクトなGM5には20mmを付けっぱなしにしてパンフォーカスな引きの写真に徹し、ネックストラップではなくハンドストラップです。
D610ではボケを活かした写真に徹しました・・・ここの写真ではAi Nikkor 85mm F1.4Sが付いてますが、MFはちーとしんどかったです。^^;

b0134829_16154613.jpg

もう長い間、楽器には触っていないのにジャムセッションを見ていたら、自分の中のドンバ虫が騒ぎ始め、参加したくなってしまいました。
さすがにテナーサックスは息が続かないので諦めて、現役メンバーからアルトサックスを借りて参戦しました。
気軽にFのブルースでもやるつもりでいたら、「おい、枯葉やるぞ、キーはEマイナーな!」と、テナーサックスのK先輩が言うではないですか。
EマイナーのAutumn Leavs・・・ひ~、マジっすか・・・K先輩がフルバンドで吹いているときのキーだそうです。^^;

普通、JAZZでやるAutumn LeavesのキーはGマイナーが定番です・・・しかし、先輩の言うことには、今も昔も逆らえません。
アルトで吹く枯葉は39年ぶりかな・・・しかもEマイナーはアルトではC#マイナー・・・頭の中で移調することすらできず、もうわやくちゃ吹いてました。(泣)
聴衆の皆さま、お耳汚し、本当に失礼しました。^^

名古屋市昭和区山里町 南山大学にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2, Ai Nikkor 85mm F1.4, Tamron SP AF 28-75mm F2.8
Lumix DMC-GM5, Lumix G 20mm F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-22 05:00 | Jazz
2015年10月19日 晴れ、時々紙吹雪
b0134829_1903424.jpg




b0134829_197470.jpg




b0134829_193179.jpg




b0134829_6282651.jpg




b0134829_6285395.jpg




b0134829_1944060.jpg

1年に二日、豊田市では紙吹雪が舞います。
挙母祭りですね・・・去年は山車の勇壮な引き入れを撮りに行きましたので、今年は山車の引き出しを撮りに行こうかと思ってました。

とりあえず豊田市駅前の駐車場に車を入れて、挙母神社へ向かって歩き出すと、市駅の前の道路にはすでにたくさんの紙吹雪が舞い散っていました。
昨日の試楽と今朝の本楽の際にまかれたもののようでした。

うむ・・・これはおもしろい・・・
今回は、このまかれた紙吹雪を主人公にして撮ってみようかな・・・がぜんやる気になってしまいました。

1枚目のような超ローアングルで撮るなら、ティルト液晶付きのOlympus Pen Lite E-PL6を持って来れば楽だったんですけどね。
昨日からカメラバッグの中に入っていたのはLumix DMC-GM5でした。^^;
挙母祭りはフルフレーム機のD610と70-200/F2.8で撮るつもりだったので、m4/3は予備でした・・・しょうがないので、這いつくばって撮りましたよ。^^

というわけで、ここでの撮影は終了、さて、挙母神社に行って本楽の引き出しを撮るか・・・
とも思ったのですが、なんとなく去年と似たような写真を大量生産しそうな気がして緊張感が切れてしまい、すごすごと帰ってきてしまいました。^^;

愛知県豊田市にて
Lumix DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-19 05:00 | Snap