Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
タグ:Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G ( 85 ) タグの人気記事
2014年11月23日 TRIBECA AFTER DARK
b0134829_20181.jpg


b0134829_211067.jpg


b0134829_22727.jpg


b0134829_224849.jpg


b0134829_253326.jpg


b0134829_263092.jpg


b0134829_2728.jpg


b0134829_275893.jpg


b0134829_7571640.jpg


b0134829_282588.jpg


b0134829_7534995.jpg


b0134829_29227.jpg


b0134829_7522761.jpg


b0134829_8315112.jpg


b0134829_292091.jpg


b0134829_295212.jpg


b0134829_8331411.jpg


b0134829_2121074.jpg


b0134829_2122998.jpg


b0134829_2125095.jpg


b0134829_2134219.jpg


b0134829_2135799.jpg


昨晩、大学時代に所属していたJAZZバンド、Nanzan Art Quartet (NAQ)の同窓会に行ってきました。
集まった場所は名古屋の高級住宅街の覚王山の隠れ家的バー、TRIBECA・・・ここもNAQの後輩がやっているお店です。

Tribecaとは、本来ニューヨークの地域名で、"Triangle bellow Canal Street(キャナル・ストリート下の三角地帯)の略なんだそうです。
元はさびれた倉庫街で、JAZZYな雰囲気が横溢する場所だったようですが、最近は再開発されてお洒落なエリアに変わりつつあるんだとか・・・
この名古屋のトライベッカも美味しい料理とお酒とJAZZYな雰囲気が楽しめる場所なんであります♪

さて、今年はNAQが創部されて50周年となる記念の年なんだそうです。
創部した方は1964年に入学された方で、今年の新入生は2014年・・・50歳の歳の差があります・・・もはや親子を通り越して爺孫かな。^^;
私は1976年入学なので、もはや立派な年寄組になります。^^;
南山大学の軽音楽部で、50年もの歴史を誇るバンド、他にはないんであります♪

とは言うものの、老いも若きもJAZZが好きだと言うことでは意見が同じです。
今回は50周年と言うことで、たくさんのOBや現役生が集まり、ににぎやかなジャムセッションが始まりました。
プロもいれば30年も楽器を触ってなかったという人もいて、後者の中からはCharlie HadenやOrnette ColemanAlbert Aylerも出てきて楽しかったです♪

私も昔はサックスを吹いていましたが、今はホラしか吹かなくなりました・・・なので演奏はパスしました。(泣)
その代わり、撮影に専心させていただきました。
めっちゃ暗い場所でしたので、ISO1600まで上げて撮ってみましたが、さほど粒状は荒れてませんね。
それに、JAZZには粒状が粗いほうが向いているような気もします。

また、JAZZっぽい雰囲気が出るように、ハナからモノトーン写真に仕上げるつもりで、階調重視で撮影しました。
Adobe Lightroomで、ハイライトとシャドウに彩度の異なるブルーを加えたスプリット・トーニングを共通設定としてポストプロセスしました。
この設定、気にいったので、"Nob's Blue Note"と名付けてプリセット登録しておきました。

また、年末には母校でNAQのOB会がありますし(来年5月に順延?^^;)、現役生たちの定期演奏会もあるそうです。
年末はJAZZYなシーンを撮ってみようかな、と考えております♪

なお、タイトルの"TRIBECA AFTER DARK"とは・・・ベーシストのOscar Pettifordのオリジナルのリーパクなんであります。^^;
↓、Kenny Clarkeの演奏をBGMにこの写真を見ていただくと、ロイクーな雰囲気で臨場感が出るんであります♪



名古屋市千種区法王町2-5 ”TRIBECA"にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-23 05:00 | Jazz
2014年11月16日 晩秋に輝く桜並木
b0134829_11311579.jpg





b0134829_1132116.jpg





b0134829_11374992.jpg





b0134829_14431962.jpg





b0134829_14423826.jpg


紅葉の紅葉に比べると地味ですが、私は桜の萌えるようなオレンジの紅葉って、大好きです。
ここは国立豊田高専の前の桜並木で、春になると見事な桜のトンネルになる場所です。
秋のこの季節はオレンジ色に萌える紅葉となり、これはこれで見事ですね~♪

愛知県豊田市高原町5丁目付近にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-16 05:00 | Seasonal Images
2014年11月14日 やさしく時が過ぎていく集合住宅
b0134829_1101941.jpg





b0134829_1103467.jpg





b0134829_1105571.jpg





b0134829_1111314.jpg





b0134829_1113498.jpg


古い建物が好きです。
歴史のある寺社建築なども好きですが、特に好きなのは、ごく普通の住宅かな。
時間の経過とともにゆっくりと古びていくものを見ると、ひたぶるに心の安らぎを覚えてしまうんであります。
新しくて元気なものも素敵だとは思いますが、まぶしすぎて感情移入の対象にはなりくい・・・何なんでしょうね~、こういう感覚。^^;

ところで、本日から日曜日の夜まで、写真友達たちと、犬山市に写真合宿に行ってきます。
この写真仲間の名前、「写真集団・錆銀(さびぎん)」と言います・・・こういう錆写真が好きな人々の集まりなんであります。^^;
デジタルカメラも使いますが、中判銀塩フィルムカメラと言う時代錯誤的な撮影機材を使い、自家現像する素晴らしき仲間たちなんであります♪
しばらくコメレスなど滞りがちになると思いますが、なにとぞよろしくお願いいたします。^^;

名古屋市千種区にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-14 05:00 | Rusty Scene
2014年10月31日 万聖節の牧場
b0134829_2223328.jpg





b0134829_22273562.jpg





b0134829_22275239.jpg





b0134829_22283170.jpg





b0134829_2121217.jpg





b0134829_2229097.jpg





b0134829_22293522.jpg





b0134829_2229497.jpg


愛知牧場が一番ミステリアスな雰囲気に包まれる季節・・・・ハロウィンの季節なんであります。
特にその黄昏時・・・見慣れた牧歌的な雰囲気の丘陵が、どこか不気味な雰囲気を帯びてくるんですね。
これはまさしく、アメリカのSFファンタジー作家、レイ・ブラッドベリの書く『 十月はたそがれの国』 って雰囲気なんであります。
ハロウィンという言葉より、万聖節と言ったほうがさらに妖しい雰囲気になって好ましいんであります♪

AF-S Nikkkor 50mm/F1.4Gと85mm・F1.8G、どちらも大口径レンズなので、絞開放で使うとご機嫌に周辺減光してくれますね。
それをさらにAdobe Lightroomでビネットを盛ってありますから、おどろしい雰囲気が百層倍なんであります。^^;
レンズ設計者が見たら泣くだろうなあ・・・

また、それ以外にもかな~りAdobe Lightroomでいじっております。
ビネッティング、焼き込み、覆い焼き、段階フィルター・・・万聖節らしくなるように、いろいろ遊ばせてもらいました。↓

愛知県日進市 愛知牧場にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G (1,2,5,7枚目)
Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G (3,4,6枚目)



人気ブログランキングへ

最後の「残照のコスモス」のオリジナルはこんなんでした・・・^^;
[PR]
by blackfacesheep | 2014-10-31 05:00 | Seasonal Images
2014年10月29日 秋色に染まりつつある住宅街
b0134829_16355615.jpg





b0134829_16362663.jpg





b0134829_16364216.jpg





b0134829_1639349.jpg





b0134829_1639556.jpg





b0134829_16401799.jpg





b0134829_16403547.jpg


10月も余すところあとわずか・・・
今年もいよいよ紅葉の季節になってきましたねえ♪
私の住む住宅街の桜並木や雑木も、一段と秋らしい色に染まりつつあるように思います。
私、楓の紅葉の名所より、こういうごく普通の住宅街の広葉樹の雑木の紅葉のほうが和めるんですよね。
うちの隣の公園からバス通りあたりまでを早速撮ってきましたが、秋の午後の遅い日差しを浴びて、哀愁ちょちょぎれる色が出ておりました♪

なお、6枚目に写っている二眼レフは最近手に入れたRolleiflex 2.8Cです。
「ねえ2.8C、すまんけど、そこでモデルやってくんない?」
「え・・・ワシでええのか?照れるのぉ、どんなポージングすればええかのぉ?」
「いや、特になんにもしなくていい、そこに黙って座ってて。(あんたは後ろのボケの引き立て役に最適なんだよ、あはは^^;)」
「いくよ~、チーズ、カション。」
後の桜並木の紅葉、F1.4でぼかして撮りたかったので何か手前に的になるもの欲しかった、と言うだけだったんであります。^^;

とは言うものの、このRolleiflex 2.8C、いまだに男前なんであります・・・1953年生まれなので今年61歳になるんですけどね。
仕事もいまだに現役でばりばりにこなします・・・私もこういうじいさんになりたいものです♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-10-29 05:00 | Seasonal Images
2014年10月23日 四神が守る白い橋
b0134829_10102865.jpg

午後の光を受けて輝くススキの群れ、秋ならではの風景ですね。
さて、その向こうに見えるアーチ型の橋は・・・

b0134829_932585.jpg

夕映えに白さが映える美しい橋なんであります。
背後に見えるのは、黒川紀章先生が設計した豊田スタジアムですが、先生のもう一つの作品である豊田大橋ではありません。

b0134829_8492614.jpg

この橋は久澄橋と言います。
向こうに見えるのが矢作川の上流に架かる豊田大橋です・・・現在、再塗装作業中です。
さて、「久澄橋」の名前の下に何やら書かれています・・・
「堅固な北の守り そして堅実なあゆみ 永遠の意志をあらわした玄武のかたち」と読めますが、これは何でしょう・・・

b0134829_8564547.jpg

実は久澄橋の4か所の親柱には、花崗岩を組み合わせて、四神がデザインされているんであります。
四神(しじん)とは、中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣で、東の青竜・南の朱雀・西の白虎・北の玄武ですね。
これは北西の角にある親柱で、やや北によっていることから、玄武のようです。
玄とは黒を意味し、五行説では北方の色とされ、霊亀と呼ばれる亀がデザインされることが多いようです・・・なるほど、亀っぽい雰囲気です。^^

b0134829_856619.jpg

さて、橋をわたって対岸にやってきました・・・ここは北東の親柱です・・・東なので青龍なんであります。
描かれている文言は、こうです・・・「東の守り そして青春の象徴 未来のうねりをあらわした青龍のかたち」となっていました。
平成5年11月と言うことは1993年・・・21年前にできた橋なんですね~。

b0134829_9515275.jpg

こちらが青龍を橋のたもとから見たところです。
なるほど、うねってますね~、これが未来のうねりなんですね♪

b0134829_8524562.jpg

さて、橋の南東の角にやってきました・・・ここは朱雀になる場所です。
朱雀は鳳凰、フェニックス、ガルーダ等と同一起源だという説もある聖鳥だそうです・・・そういや、なんとなく羽根っぽい造形かな。^^;

b0134829_853690.jpg

例によって親柱の文言を書き写してみました。
「南の守り そしてあざやかな朱夏 あつき情熱をあらわした朱雀のかたち」となっておりました。
ちなみにこの久澄橋、「きゅうちょうばし」と読みます・・・長い間、「くずみばし」だと思い込んでおりました。^^;

b0134829_8532765.jpg

さて、南西の角にやってきました・・・ここは白虎にあたる場所ですね。
文言は「西の守り そして躍動の象徴 ちから強さをあらわした白虎のかたち」と書いてありました。
橋のかかる川の名前、矢作川が記されておりました。

b0134829_953049.jpg

これが白虎の意匠です・・・どこが虎なんだろう・・・おお、そっか~、この縦縞風味の意匠がが虎なのかも~♪

b0134829_9543711.jpg

最後にまた、玄武に戻ってきました。
北にある豊田大橋の存在感が大きすぎて、そのすぐ南にあるこの久澄橋は損をしていると思います。
でも、アダヤオロソカにはできない橋だと思います。
奥三河と豊田市を結ぶ国道301号線にかかる橋ですから、地域で果たしている役割は、豊田大橋よりずっと高いと思うんですよね。

それに、この橋だって十分美しい橋だと思うのですよ・・・戦後急速に発展した豊田市を象徴して日の出をモチーフにした意匠はユニークです。
実際、独創的なデザインと景観の両立、および構造の統一性などが評価され、1994年(平成6年)度の土木学会田中賞(作品賞)を受賞しているぐらいなんであります♪
四神に守護された久澄橋・・・華やかな豊田大橋とは違う、ひそやかな美しさがある橋なんであります♪

なお、こういう建築物を撮るときは広角系のレンズを使いたくなるんですが、今回は標準レンズの50㎜と中望遠の85㎜で撮ってみました。
理由は・・・広角系だと背景の構造物が小さくなりすぎててしまい、迫力がなくて面白くないんですね。
それに、でかい建造物を大口径レンズの絞開放の浅い被写界深度で浮かせてみたかった、ってのもあるかも・・・なんせボケフェチですから。^^;

愛知県豊田市 国道301号線 久澄橋にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G (1,6,11枚目)
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G (2~5枚目、7~10枚目)



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-10-23 05:00 | Japanese Landscapes
2014年10月11日 秋のカフェバス
b0134829_17423443.jpg





b0134829_17425377.jpg





b0134829_1749539.jpg





b0134829_17491920.jpg





b0134829_17494056.jpg





b0134829_17495677.jpg





b0134829_17501550.jpg


秋になったので、カフェ・ラテを飲んで来ました♪
出向いたカフェは、豊田市駅東口の移動カフェ、"cafebus non"さんなんであります。
夏はここでアイリッシュ・クリーム・シロップを落としたアイスコーヒーを飲んでましたが、秋はやはり暖かいものが飲みたくなりますね。
nonさんの作るカフェ・ラテ、ほとんどアートなんでありました♪
カップホルダーにも、可愛らしいカメラのイラストを描いてくださいました。^^v

秋はイベントがいろいろあって各地へ出店するようですね。
10月11日(土)安城市 デンパーク、12日は常滑市で貸切営業、18日は豊田市で貸切営業、23日には納屋橋の夕暮れコーヒースタンド、25日(土)は豊橋市中央図書館、11月には紅葉で有名な香嵐渓に出店するんだそうです。
お近くで見かけたら、ぜひコーヒーを飲んできてください、美味しいですよぉ、nonさんのコーヒー♪

愛知県豊田市西町1-1 cafebus nonにて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-10-11 05:00 | Foods & Dining
2014年10月8日 秋めくアウトレットモール
b0134829_1113076.jpg





b0134829_11175690.jpg





b0134829_11133978.jpg





b0134829_11185628.jpg





b0134829_11142192.jpg





b0134829_11204460.jpg





b0134829_1121998.jpg


先日、瑞浪の「旧・大湫小学校」を訪問した後、「どうせなら・・・ついでなら・・・」と言う感じで、土岐プレミアム・アウトレットにも寄ってきました。
ここは、丘の上の見晴らしの良い場所を切り開いてつくられたアウトレット・モールです。
アメリカののコロラドをイメージしたデザインになっているんだそうで、ちょっとバタ臭い雰囲気の秋を楽しんできました。
お天気のあまり芳しくない土曜日の午後ということもあって、なかなかの混雑ぶりでした・・・ショッピングならお天気、関係ないですからね。^^;
それにしても、相変わらずここは人気がありますね・・・大きな駐車場があっても満車でした。^^;

岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2 土岐プレミアム・アウトレットにて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-10-08 05:00 | Snap
2014年10月5日 宿場町のアートな廃校にて
b0134829_2317452.jpg




b0134829_23172953.jpg




b0134829_2318848.jpg




b0134829_23184022.jpg




b0134829_23191048.jpg




b0134829_2353130.jpg




b0134829_2321011.jpg




b0134829_23211928.jpg




b0134829_23213789.jpg




b0134829_2322453.jpg




b0134829_2323039.jpg




b0134829_23232893.jpg




b0134829_23241336.jpg




b0134829_23245265.jpg




b0134829_0274076.jpg




b0134829_23255147.jpg




b0134829_23261118.jpg


ここは岐阜県の東濃地方、瑞浪市大湫町の山里・・・かつての中山道大湫宿です。
その古い宿場町にひっそりと佇む木造の廃校、「旧・大湫小学校」に行ってきました・・・と言っても、今回は「廃校慕情」シリーズではありません。
「おおくて廃校プロジェクト“20のてのひら”」と言うアートなスペシャルイベントを見に行って来たんですね♪

様々なジャンルの若手作家が自分達の手で自分達の発表の場を作り上げるイベントで、20人の作家さんが参加しています。
窯業で栄えた土地柄なので、陶芸作品が多いです・・・どの作品も癒しに満ちた暖かな風合いの作品ばかりでした。

アートな癒しの雰囲気は視覚だけではありません・・・聴覚も癒されてきました♪
マンドリンのアンサンブル、「⑧strings(エイトストリングス)」さんによるミニ・コンサートもあったんですね。
あのノスタルジックな音色・・・癒されましたねえ・・・素敵な演奏をどうもありがとうございました。^^

私、昔から弦楽器のトレモロの音に弱いんですよ・・・マンドリンはもちろん、ブラジル音楽で使われるバンドリンも大好物なんであります♪
ショーロの作曲者・演奏者にJacob do Bandolimと言うバンドリンの名手がいますが、彼の"Vibrações""Nostalgia"、たまらんです。
ZIMBO TRIOと一緒にやったボサノバの名曲"CHEGA DE SAUDADE"も良いですが、ジャコーはやはりショーロが一番です。^^v

また、味覚を刺激する出展もありましたね・・・食材にこだわった手作りごはん、パン、スイーツも揃っていました。

本日の10月5日(日曜日)も開催しております。
お天気はあまり良くないようですが、ぜひご興味がおありの方は、お出かけになってみてください。
視角と聴覚に訴えるアート、癒されますよ~♪

旧・大湫小学校と中山道・大湫宿、気に入りました・・・もう少し秋が深まったら、「廃校慕情」シリーズをリテイクに行って来ようっと。^^

岐阜県瑞浪市大湫町415-3 旧・大湫小学校にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-10-05 05:00 | Arts
2014年9月15日 秋の陽にまどろむ還暦カメラ
b0134829_2112021.jpg

今日は敬老の日・・・初秋の爽やかなお天気のなかでまどろむこのカメラは・・・
はい、私の愛機、Rolleiflex Automat MXなんであります。

b0134829_631265.jpg

このカメラ、1954年製ですから、今年で還暦を迎えます・・・あはは、敬老の日のネタに使ってみました♪
しかし、この還暦カメラ、いまだに現役バリバリの矍鑠としたご老公なんであります。^^

b0134829_21123769.jpg

Rolleiflex Automat MXにもいろいろなタイプがありますが、私のは"K4A"と言うモデルで、1951年6月~1954年3月に作られました。
シリアルナンバーを見ると、半分よりやや若いので、おそらく1952年の秋ごろが本当の誕生日なのかもしれません。
そのため、今年還暦ではなく、すでに62歳になってしまっているのかも・・・^^;
目もしっかりしてますよ、白内障にもなっておらず、くっきりしゃっきりと写るZeiss-Opton Tessar 75mm/F3.5であります。

b0134829_21125372.jpg

二眼レフとしては後輩のMamiya C220 Professionalと並べてみました。
Mamiya C220は1968年生まれですから、今年46歳の働き盛りなんであります。
ここのところ、なぜか二眼レフというカメラが使いやすく、今年になっての私のフィルム写真は、ほとんどこの2台で撮っております。
今年のJPS展への入選作品「去りゆく夏」も、このRolleiflex Automat MXで撮りました。
左側に写っているのは最近の愛用白黒フィルムKodak T-MAX 100、そして入射光式露出計のスタジオデラックス、通称スタデラですね。

b0134829_630814.jpg

Rolleiflex Automat、56mm x 56mmの正方形の中判写真が撮れるカメラの割には、とてもコンパクトです。
ここに見えている小さなミラーレスカメラ、Olympus Pen mini E-PM2と比べても、それほどいかつくありません。

右に見えているのは英国Billingham社のカメラバッグ、Hadley (S)ですが、これ、本来はM型ライカ用の小さなバッグです。
でも、RolleiflexとPen miniと交換レンズ3本を入れるのにちょうどよい大きさなので愛用しております。

Rolleiflexが水戸のご老公、Pen miniが助さん、スタデラが格さんって、感じでしょうか。^^
それにしても・・・このご老公はタフです・・・傘寿ぐらいまでは平気で使えそうな感じなんであります~♪

愛知県豊田市 矢並町法沢714-5 鞍ヶ池公園、およびみよし市三好ヶ丘にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-09-15 05:00 | Still Life