Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
タグ:Nikon D610 ( 357 ) タグの人気記事
2015年12月6日 ひそやかに赤い神域
b0134829_1935998.jpg




b0134829_18463854.jpg




b0134829_18472334.jpg




b0134829_18474938.jpg




b0134829_18481495.jpg




b0134829_19262284.jpg




b0134829_18491735.jpg




b0134829_19225822.jpg

昨日は朝から良いお天気だったので、猿投(さなげ)神社に行ってきました。
ここはうちから車で30分弱、気軽に行ける距離にある神社です。
でもその歴史は古く、豊川市の砥鹿神社、知立市の知立神社と並ぶ三河国三宮のひとつで、祭神は大碓命です。
大碓命とは小碓命の双子の兄・・・つまり、ヤマトタケルノミコトのお兄さんですね。

大碓命は景行天皇52年にこの猿投山中で蛇毒のために42歳で死去し、山上に葬られました。
この神社では、左鎌が奉納される習わしになっていますが、これは、祭神の大碓命が左利きであり、当地の開拓に使ったのは左鎌だったからなんだとか。

そんな由緒ある神社なんですが、訪れる人の数はさほど多くありません。
ここが混むのはお正月の初詣と10月の猿投祭りのときぐらいでしょうか・・・昨日も遅めの七五三のお参りをする方が少々いらっしゃっただけでした。

紅葉はもう終わってしまったかな、と思っていたのですが、意外や意外、楓は大丈夫でした。
今年は真っ赤な楓は撮れずじまいになるかなと思っていたので、とてもうれしかったです・・・しかも、四季桜のおまけつきでした。^^

愛知県豊田市猿投町大城5 猿投神社にて
Nikon D610
Tamron SP AF 70-200mm F2.8 (Model A001)


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-12-06 05:00 | Seasonal Images
2015年12月3日 病棟を照らす晩秋の光
b0134829_21484973.jpg

窓から差し込む柔らかい晩秋の光・・・
木でできた廊下や壁を優しく照らし出していました。

b0134829_21503673.jpg

こちらは明治村にある日本赤十字社中央病院病棟です。
明治期の病院って、今の病院よりずっと威厳に満ちた光に溢れていたのですね。

先日の「写真集団・錆銀」と「全日本味噌煮込写真家協会」の合同オフ会で訪れた明治村、まだ写真が残っておりました。
この後も、また忘れたころに出てくるかもしれません。^^;

ちなみにこの2枚は、ズームレンズのTamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09IIN)で撮っています。
焦点距離をチェックしてみたら一枚目が52mm、2枚目が48mmでした・・・うむ~、50mmの標準レンズ一本あれば十分だったってことか。^^;

と言うことは・・・マイクロフォーサーズのLeica Summilux 25mm F1.4で、身軽に撮れた状況だったんですね。
あれだったら、絞り開放がF1.4と明るいし、A09IINのF2.8の絞り開放で撮った2枚目と同じ被写界深度で撮れますからね。^^;

とは言え、Nikon D610の方がダイナミックレンジははるかに広いし、A09は広角28mmから中望遠75mmまでカバーしてます。
やはりフルフレーム機で撮る方が余裕があるし、表現力ではずっと上なのは間違いありません・・・ただ、でかくて重いです。
うううむ・・・重厚長大で表現力を優先するか、小型軽量で機動性を重視するか・・・なかなか悩ましい問題なんであります。^^;

愛知県犬山市内山1 博物館明治村にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-12-03 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月30日 紅葉を愛でるベンチたち
b0134829_14572989.jpg




b0134829_14574725.jpg




b0134829_14575967.jpg




b0134829_14582752.jpg




b0134829_14584529.jpg




b0134829_1459614.jpg

今日で11月もおしまい・・・楓の写真を撮っていなかったので、近所の公園に行って撮ってきました。
ここは特に楓の名所と言うこともないので、そんなにフォトグラファーでごった返すということもなく、好きなように撮ることができました。

でも、普通に撮っても面白くない・・・
なので、ベンチの気持ちになって紅葉を撮ってみることにしました。^^;

「うむ~、今年も紅葉のシーズンがやってきたなあ・・・と言うことはもうじき年末だなあ・・・あまり大したこともしないうちに年が暮れるなあ・・・」
とか言ってたんでしょうかね・・・ま、最後の一言は撮影者の気持ちが出ちゃってますけどね。^^;

愛知県みよし市 三好町池ノ原1 三好公園にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm F1.4S


デジタル一眼 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-30 05:00 | Seasonal Images
2015年11月29日 魅惑の57度
b0134829_22473721.jpg

ベアさんたちがしげしげと眺めているこのコンパクトなカメラは、Rollei 35と言います。
ドイツの天才設計者、ハインツ・ヴァースケ氏が設計した「小型軽量が命」のカメラで、その小さなサイズにも関わらず普通の135判フィルムが使用できます。
今年の初夏にうちにやってきたカメラで、「南洋生まれの末弟は切味抜群♪」と言うエントリに詳細を記述しました。

b0134829_2247531.jpg

さて、一枚目のRollei 35の写真を撮ったカメラも並べてみました。
上にある黒いカメラが、パナソニックが製作したLumix DMC-GM5と言うマイクロフォーサーズ規格のデジタルカメラです。
レンズはパンケーキタイプのLumix G 20mm/F1.7 ASPHですね。

この2台、大きさはほとんど同じです・・・
- Rollei 35: 97mm×60mm×32mm (WxHxD) Weight 370g
- Lumix GM5: 98.5mmx59.5mmx36.1mm (WxHxD) Weight 211g (20mm/F1.7を付けて311g)
重さは20mmを付けたGM5のほうが軽いです・・・Rollei 35は金属製ですから持ち重りがします。

また、この20mmを装着すると、Rollei 35とGM5はさらに似てきます。
Rollei 35に装着されているのはTessar 40mm F3.5です・・・小さなレンズですが、通称「鷹の目テッサー」と呼ばれているように、極めてシャープです。
また、Lumix 20mm F1.7を35mm判換算すると40mm F3.4・・・ほぼ同じです・・・これも鬼のようにシャープなレンズです。^^
画角としてはどちらも約57度です。

この57度と言う画角、すこぶる使いやすいです。
35㎜判標準レンズの50mmよりやや広く、広角レンズの35㎜よりやや狭い画角で、背景をしっかり入れたスナップを撮るときにはとても使いやすいです。
記念写真からストリートスナップ、テーブルフォトまで活躍する万能焦点距離なんであります♪

それゆえ昔の「一家に一台」のコンパクトカメラは、38mm~45mmぐらいの焦点距離のレンズが装着されることが多かったんでしょうね。
かつて私が所有していたコンパクトカメラ、Canon New Canonet QL17にも"40mm/F1.7"のレンズが装着されておりました。^^

b0134829_1530478.jpg

この2台を後ろから見たところです。
GM5はこの小ささにも関わらず、EVFが内蔵されているのがすごいです・・・位置はRollei 35同様に左端です。
内蔵EVF、どピーカンの戸外で背面液晶が見にくいときでも構図や露出を確認しやすいし、ホールディングが安定するので手ぶれ予防にも役立ちます。

遮光性をさらに強化するため、オプションのアイカップも使っています。
GM5はISO100まで落とせ、さらにシャッター速度は電子シャッターを搭載しているので、超高速な1/16000が使える・・・
つまりNDフィルターで減光しなくても、F1.4の大口径レンズをどピーカンの日でも絞り開放で使えてしまう、ボケふぇち御用達カメラなんですね。
またそんな明るい日だと、ファインダーの遮光性はより重要になってくるので、アイカップを調達したというわけです。

さてデジタルのGM5に比べると、Rollei 35の背面はほんとにシンプルです。
フルメカニカルのフィルムカメラですから、めんどくさいものは何もついてません・・・フファインダーと巻上レバーとフィルム給装解除レバーだけですね。^^;

b0134829_1531221.jpg

この2台の大きさを一般的なものと比較すると、名刺が一番わかりやすいかも・・・一般的な名刺サイズは91mmx55mmですね。
つまりGM5やRollei 35は、名刺を一回り大きくしたぐらいの投影面積をもっているということになります。
ちなみにここに写っている名刺は私のお仕事用の名刺です。
私のクライアントは基本的にアメリカ人なので、招き猫と小判の「いかにもJAPANでござる」と言うキッチュなデザインにしてあります。^^;

b0134829_15314153.jpg

GM5はマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式カメラですから、20mm以外のレンズも装着できます。
こちらはLeica Summilux 25mm F1.4を付けたところです・・・うむ~、ちょっとGM5には大きいかな、って感じです。
それゆえ、GM5には軽量コンパクトな20mmを装着し、画角57度の"Rollei 35 Digital"として使うことが多いですね。

b0134829_1532263.jpg

さてこのスケールの上に乗っているものは何か、おわかりになりますでしょうか。
これ、セコニックのスタジオデラックスと言う露出計ですね・・・通称「スタデラ」と呼ばれ、バッテリーを必要としないセレン式の定番露出計でした。
中に永久磁石が入っているせいで、なかなかの重さです・・・212gありますね。

b0134829_15502897.jpg

露出計の付いていない二眼レフのカメラ、Rolleicord VRolleiflex Automat MXです。
実はこの2台の二眼レフ、小型軽量なのに6x6の中判写真が撮れるカメラです・・・そして、装着されているレンズはどちらも75mmです。

6x6での75mmの画角は56度、35mm判に換算すると41mm・・・おお、Tessar 40mmやLumix 20mmとほぼ同じ画角なんであります♪
Rolleiflex Automat MXは、私のフィルム写真ブログで一番活躍しているカメラですが、その理由はその画角の使いやすさにあるのかもしれません。^^

さて・・・露出計のついてないフィルムカメラでも、日中の戸外なら"Sunny 16"と呼ばれる体感露出で、問題なく写真が撮れます。
でも室内や日陰など、微妙な明るさだと露出計が欲しくなります。

二眼レフ随伴用の露出計、かつてはスタデラを持って行ったものですが、近年は軽量なコンデジを使うことが多いです・・・現代版ポラロイドですね。
この用途で最初に使い始めたのはRicoh GX200(約240g)、二代目がFUJIFILM XQ1(約206g)でした。

GM5 + 20mm/F1.7のLumixコンビ、合計で311gですから、スタデラやコンデジよりは100gほど重いです。
でもボケを活かした写真を撮るなら、マイクロフォーサーズが最小限のセンサーサイズだと思います・・・これより小さなセンサーでは難しいです。
また、マイクロフォーサーズなら高感度画質もコンデジより有利です。

m4/3センサーを搭載したコンデジ、Lumix LX100と言う選択肢もあったんですが、あれ、意外にデカくて重いです。
114.8mmx66.2mmx55.0mmで、約393g・・・並べてみると結構違います・・・しかもズームですからレンズの描写はそこそこです。

大きなセンサーと描写の優れた単焦点レンズを搭載したコンデジも最近は増えてきていますが、焦点距離は28mm(75度)~35mm(63度)ばかりです。
なぜ40mm(57度)と言う使いやすい画角のモデルを作らないのでしょう・・・昔のコンパクトカメラには多かったのに。
「風景からブツドリまでこれ一本」、と言う使い方をするとき、私は40mm(57度)が一番使いやすいのになあ。

結局、GM5に20mm/F1.7のパンケーキ・レンズを付けたものが小型軽量で一番私には向いているのでした。
約2ヶ月前に手に入れたGM5ですが、その携帯性の良さから毎日使える重宝なカメラとなっています・・・詳しくは価格.comの私のレビューをご覧ください。

Rollei 35、75mmレンズの2台の二眼レフ、そして20mmを付けたGM5・・・
どれも小型軽量で、使いやすい57度の画角を持ったスナップカメラなんであります♪♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5 & Lumix G 20mm/F1.7 ASPH (1枚目のみ)
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8



デジタル一眼 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-29 05:00 | Hardware
2015年11月28日 眠れる森のマイクロバス
b0134829_16315217.jpg




b0134829_16323279.jpg




b0134829_16324799.jpg




b0134829_1633635.jpg




b0134829_16394054.jpg




b0134829_1643828.jpg

またしても新たな定点観測物件を見つけてしまいました。
どうやらトヨタ製のマイクロバスのようです・・・相当古い個体のようで、オリジナルの塗装がわからないほどひどく腐食しておりました。
枯れつつあるセイダカアワダチソウとともに森の中に佇む姿、哀愁がただよっておりましたねえ・・・
豊田市の廃バスや、うちの近くの廃クラウン同様、この廃マイクロバスもその行く末を見守っていきたいと思います。

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm F1.4S


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-28 05:00 | Rusty Scene
2015年11月26日 平成を走る陸蒸気
b0134829_22541874.jpg




b0134829_22543989.jpg




b0134829_2255077.jpg




b0134829_22552118.jpg




b0134829_22554463.jpg

明治村乗り物シリーズ、京都市電に続いて今日は「陸蒸気(おかじょうき)」です。
陸蒸気とは、明治時代に呼ばれた「蒸気機関車」の俗称で、蒸気船が蒸気と略称されるのに対する用語だったそうです。
一説によれば明治4年頃、福澤諭吉によって造られた造語なんだとか。

また文明開化nお当時、驚きに満ちたものを列挙した言葉遊びとして「驚き桃の木山椒の木、ブリキに狸に陸蒸気」と言うのがあったそうです。^^;
これ、いろいろなバージョンがあるようです。
映画「男はつらいよ」の寅さんのタンカでは、「驚き桃の木さんしょの木。ブリキに狸に蓄音機。あたりきしゃりきにストライキ。」となっていました。^^

明治村には明治期の陸蒸気が2台動態保存されています。
この日私が乗ったのはそのうちの1台、蒸気機関車9号です・・・1912(明治45)年に米国ボールドウィン社にて製造された100年以上前のSLです。
明治村には何回も来ていますが、陸蒸気に乗ったのはこれが初めてでした・・・レトロな雰囲気に溢れておりましたねえ♪

愛知県犬山市内山1 博物館明治村にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-26 05:00 | Old Buildings
2015年11月24日 晩秋の桜猫たち
b0134829_21272516.jpg




b0134829_2128179.jpg




b0134829_21281892.jpg




b0134829_21292510.jpg




b0134829_21294948.jpg




b0134829_2130461.jpg




b0134829_21301987.jpg




b0134829_21303186.jpg




b0134829_21305343.jpg




b0134829_21311552.jpg




b0134829_21314378.jpg




b0134829_21333165.jpg




b0134829_21342036.jpg




b0134829_21345137.jpg

晩夏にご紹介した「さくらねこ」ちゃんたちに、また再会してきました。

私の住む愛知県みよし市には、「三好ネコの会」と言う地域猫の保護活動をしているボランティアグループがあります。
そのグループによって不妊手術済みとなった猫ちゃんたちは、耳先をさくらの花びらの形にカットされており、「桜耳猫」とか「桜猫」と呼ばれているようです。

先週末に、その「三好ネコの会」さんが主宰したイベント「猫に触れ合う会2015秋」があり、私も参加してきました。
桜猫ちゃんたちは、全部で60匹以上いるそうです。
今回のイベントではそのすべてが顔を出したわけではないですが、多くの桜猫ちゃんが登場し、エサやり体験、抱っこ体験、記念撮影などで盛り上がりました。

「三好ネコの会」の皆さま、楽しい体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-24 05:00 | Animals
2015年11月22日 文明開化の灯り
b0134829_19364780.jpg



b0134829_19391310.jpg



b0134829_1940961.jpg



b0134829_19403966.jpg



b0134829_194144.jpg



b0134829_1941287.jpg

明治村には素敵な光がたくさん溢れています。
この日は曇りがちなお天気だったせいで、その光が一段とステキにみえたのでありました。
これらの灯り、明治人には「文明開化の灯り」だったんでしょうねえ、きっと(^^♪

ここの灯り、どこで撮ったかすべてわかったあなた・・・明治村の年パス持ってるんじゃないでしょうか♪
1枚目は聖ザビエル天主堂、2枚目は高田小熊写真館、3枚目は帝国ホテル中央玄関、4枚目は大井牛肉店、5枚目は宇治山田郵便局舎、6枚目は三重県庁舎で撮りました♪

愛知県犬山市内山1 博物館明治村にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN) 1~3枚目
Ai Nikkor 85mm F1.4S 4~6枚目


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-22 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月20日 今なお輝く機能美
b0134829_20333388.jpg

先日の「写真集団・錆銀」の愛知合宿、最終日で向かったトヨタ博物館で撮影したビンテージカーたちです。
ここには19世紀以前の創成期から20世紀にいたるまで、素晴らしいセレクションのオールドタイマーたちが集められています。

中でも私が好きなのは、1930年代の流線形になるまでの「機能=カタチ」だったころの自動車たちです。
この時代の自動車のデザインは、どれを見ても機能的で美しいです・・・写真を撮りたくなるナニカを持っていると思います♪

こちらは、Rolls-Royce 40/50HP Silver Ghost (1910, U.K.)ですね♪
この時代の車のパーツは、用途や機能が良くわかり楽しいです・・・しかも、デザインも素敵なんであります。^^v

b0134829_20334826.jpg

ロールスロイス・シルバーゴーストを背景にしたこの三輪車は、De Dion - Bouton 1 3/4 hp (1898, France)です。
さすがおフランス製だけあって、とってもエスプリの効いたデザインなんであります♪

b0134829_2034721.jpg

こちらはDaimler Type 45 (1920, U.K.)、クラクションはまさしく「ホーン」なんであります。^^

b0134829_20342345.jpg

Morgan Aero (1922, U.K.)・・・駆動部品がむき出しで、バイク同様の機能美を誇っています♪

b0134829_2245427.jpg

Stutz Bearcat Series F (1914, U.S.A.)ですね・・・ステアリングホイールの造形が面白いです。

b0134829_20353185.jpg

世界初の量産車、Ford Model T (1909, U.S.A.)です。
「自動車を発明したのは誰か」・・・これはなかなか難しい質問です・・・でも、「自動車の大量生産を発明したのは誰か」は簡単です。
そう、Henry Fordなんであります♪

b0134829_20413985.jpg

こちらは新館のお土産物売り場の前に展示されていた"Swift 9HP (1905, U.K.)"ですね。
上に乗ることも可能なので、記念写真を撮っている方もいらっしゃいました。
それにしても、こんな貴重品を惜しげもなく記念撮影用に提供するとは・・・トヨタもなかなか太っ腹なんであります♪

愛知県長久手市横道41-100 トヨタ博物館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-20 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月18日 明治を走りぬける京都市電
b0134829_15512598.jpg




b0134829_15514174.jpg




b0134829_1552696.jpg




b0134829_1552248.jpg




b0134829_1552452.jpg




b0134829_15531976.jpg

「写真集団・錆銀」の愛知合宿@明治村の続きです。
いままでに何回となく明治村に行っているのに、京都市電とSLには乗ったことがありません。
なので、今回は「のりもの一日券付入村券(2,700円)」を奮発し、その両方に乗ってみることにしました。

まずは、京都市電です・・・明治28年(1895)に操業開始しました。
明治村の車両は明治43年から44年にかけて製造された車両で、総距離約800メートル(3駅2区間)を約30分の間隔で往復運行しています。

久しぶりに路面電車に乗りましたねえ・・・前回乗ったのはたぶん、オランダのアムステルダムのトラムだと思います。
京都市電の乗り心地、懐かしかったですね。
高校時代、名古屋市電で通学していた私にとっては、あのモケットのソファから香り立つほのかな油のにおいに郷愁を誘われてしまいました♪

愛知県犬山市内山1 博物館明治村 京都市電
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-18 05:00 | Old Buildings