Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
タグ:Tamron AF18-200mm F/3.5-6.3 ( 56 ) タグの人気記事
2013年2月28日 名前と裏腹なTV塔
b0134829_22403686.jpg

名古屋名物、「テレビ塔」です。
でも、2011年7月24日の地デジ化により、アナログ放送用のテレビ電波の送信用電波塔としての役目は終えてしまいました。
長い間見慣れたアナログ電波送信設備がてっぺんから撤去されたので、なんとなく寂しく見えますね。

b0134829_22405723.jpg

こちらは同じ名古屋名物のきしめん家さんの看板です。
テレビ塔のふもとにあるんですが、「恋するきしめん」って、どんなんだろう・・・興味津々なんであります。^^;

b0134829_22411977.jpg

このテレビ塔、夜になるとライトアップされ、美しい夜景の乏しい名古屋では結構目立つランドマークになってますね。^^

b0134829_22414150.jpg

テレビ電波はもはや送信してないのに、いまだに「テレビ塔」と呼ばれているこのタワー・・・
でも、名前と一致してなくても、他の名前は考えられませんね。
2012年4月1日からスマートフォン向けマルチメディア放送の電波が送信され、再び電波塔として活躍しているそうですが、「スマホ塔」なんて、絶対に呼びたくないんであります。^^;

名古屋市東区 セントラルパークにて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-28 06:00 | Japanese Landscapes
2013年2月26日 ククル・クク・パロマ
b0134829_21384730.jpg

今日も暇だな~、なんぞ面白いことないかな~、くるくるっぽー♪

b0134829_21392413.jpg

お、みんながあっちに集まっていくぞ・・・何があるんだろ・・・ぐるぐるっぽっぽー・・・^^;

b0134829_21395355.jpg

うひゃ~、水が出てきたじょ・・・逃げて~、くるくるっぽっぽっぽ。

b0134829_2140798.jpg

あ~、驚いた、腰が抜けるかと思った、くくるくくぽっぽー♪

公園で遊ぶ鳩たち・・・どこにでもある風景なんですが、今まで撮ったことがありませんでした。
で、セントラル・パークで撮ってみましたよ。^^

鳩と言うと、昔、永嶋慎二が描いた「ククル・クク・パロマ」という漫画を思い出してしまいます・・・ギター弾きのジョルジュとコスモスの悲恋物語ですね。
もがいてこの現状から脱出しようとするんですが、結局どうしようもない・・・ひたぶるに悲しいです。

あの頃、永嶋慎二は神でした・・・「フーテン」とか「若者たち」とか、60年代のルサンチマンをいっぱい引きずった漫画、懐かしいです。
それではタイトル通り、メキシコ民謡の「ククル・クク・パロマ」をお届けいたします♪



名古屋市中区栄にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-26 06:00 | Animals
2013年2月20日 昭和が残る黄昏の港
b0134829_17291021.jpg

先日ご紹介したJR四日市駅を撮った後、「どうせなら、ついでなら・・・」ということで、さらに15分ほど歩いて四日市港にも寄ってきました。
ここは末広町と呼ばれる地域で、古くから開けた倉庫街らしく、味わいのある建物がたくさん残っておりました。
後で調べてみたら、熊沢製油倉庫と言って、戦前の建築らしいです。 

b0134829_172923100.jpg

こちらは「末広橋梁」と呼ばれる橋ですが、実は日本にただ一つ残る現役の鉄道可動橋なんであります。
1931年(昭和6年)に竣工した施設で、国の重要文化財に指定されておりますが、今でもちゃんと実用橋として稼働中なんであります。
一日に数回貨物列車がこの橋を通過しますが、、その際には橋桁の開閉が見られるそうで、ガチで撮る人は時間を調べてから来るようです。

b0134829_17295226.jpg

こちらも末広町で見かけた近代建築で、ビルの意匠が昭和初期の表現主義的なものを感じさせますね。
調べてみたらこれも旧「熊沢製油ビル」と言うらしく、現在は「NPO国際資源活用協会ビル」と呼ばれているようです。
四日市で熊澤といえば 旧四日市図書館を寄付した 熊澤一衛氏のことが頭を過ぎりますが、何か関係があるんでしょうか・・・

b0134829_1730646.jpg

西日を受けて輝く旧「熊沢製油ビル」です。
モダンな建物には出したくても出ない哀愁がただよっておりますねえ・・・やはりレトロな近代建築ならではの味わいなんであります♪

三重県四日市市末広町付近にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-20 06:00 | Rusty Scene
2013年2月18日 山間の廃牧場にて
b0134829_9545815.jpg

山の中に現れた鉄パイプのゲート・・・

b0134829_9551654.jpg

ここは昔、東海自然歩道を歩いていたときに出くわした牧場なんであります。
名鉄三河線の山線が、今は廃駅となってしまった西中金まで行っていた頃で、牛さんがたくさんいるのどかな牧場でした。
でも今はご覧のとおり・・・廃牧場になってしまっていたのでありました。

b0134829_9552946.jpg

こちらは牧場も真っ只中に置かれた水場です・・・水道管が引かれてましたが、蛇口のハンドルはなくなっていました。

b0134829_9554491.jpg

こちらは牛舎ですが、生きるものの影は何もなかったですね。

b0134829_955596.jpg

露天にさらされた農業機器は徐々に錆びて逝きつつあるようでした。

b0134829_9561637.jpg

でも、納屋に置かれたフォードのトラクターはまだ元気なようでした・・・ここがまた牧場として再開されるのを待っているようにも見えました。

b0134829_9592285.jpg

旧牧場内には桜の木もたくさんありました・・・
季節が巡ってまた桜の花が咲くように、この牧場も、近々復活の日を迎えるのかもしれません。

Lightroom 4のプリセット、「古い写真」を使ってみました。
要するに彩度をがっつり落としてあるんですが、褪色の仕方が昔のネガフィルム写真のようで、どっか懐かしいような味わいなんであります。
廃牧場の哀愁を描くには、このノスタルジックな雰囲気がぴったりな感じなんでありました。^^v

愛知県豊田市勘八町にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)

 
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-18 06:00 | Rusty Scene
2013年2月15日 プロレタリア・アートな工業都市駅
b0134829_22133132.jpg

四日市シリーズ第5弾です・・・ペンタックスリコー写真塾の終了後、まだ日差しがあったので、JR四日市駅まで足を伸ばしてきました。
近鉄四日市駅前は商業施設も充実していて賑やかなんですが、そこから15分歩いてJR四日市駅まで来ると、雰囲気ががらりと変わります。
一口で言って、「愛想がなくてぶっきらぼう」なんであります。^^;

駅舎にもちゃらい装飾など一切なく、工業都市にふさわしいハードボイルドな美しさに溢れています。
これで「星にカマトンカチ」でも描いてあったら、まるで旧共産圏の計画都市のひとつに見えてしまわなくもない・・・
で、突如として頭の中で、世界で一番勇壮だと言われた旧ソビエト連邦国歌や、ショスタコ5番の第4楽章が鳴り響き始めるんであります。^^;

b0134829_22135078.jpg

駅で見かけた電柱であります・・・ここまで実用に徹するともはやアートですね。
ひたすらコワモテで、虚飾を配したストイックなオトコの美学の世界が広がっているんでありました♪

b0134829_2214962.jpg

何に使うのかはまるでわかりませんが、工業都市にふさわしい造型がそこらじゅうで見られるんであります。

b0134829_22145852.jpg

これは駅から四日市港に向かうときに運河で見かけた赤錆物件です。

b0134829_22151683.jpg

もちろん、駅ですから機関車も各種揃っており、どれも極めてごつくて逞しい造型なのでありました♪

三重県四日市市 JR四日市駅近辺にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-15 06:00 | Japanese Landscapes
2013年2月13日 とっても昭和な近鉄四日市駅前商店街
b0134829_20504753.jpg

四日市シリーズ第3弾、今日はとっても昭和な雰囲気の近鉄四日市駅前商店街なんであります。
今回はLR4で冷黒調粗粒子風味、すなわちKodak Tri-X風に現像してみました・・・うむ、粒子の大きさが揃いすぎていて違和感あるわ。^^;

b0134829_205186.jpg

これ、先週の日曜日に撮った写真なんであります・・・昭和30年代に撮った写真じゃありません。^^;
いやはや懐かしい・・・この雰囲気を見たとき、「仕上はB&W粗粒子で決まり!」と、瞬時に思ってしまいましたもんね。^^;

b0134829_20512868.jpg

こちらも白人風のマネキンが着物を着ていると言う、進駐軍好みな一枚なんであります・・・パツキンだったら、より「らしく」なったかも。^^;

b0134829_20514971.jpg

この場所も、タイムマシンに乗っているがごとくの雰囲気に溢れておりました。
シャッターが下りているのが切ないですね。

b0134829_2052879.jpg

まだ生き残っていたんだ・・・もう絶滅してしまったと思っていた昭和の遺物、ピンク映画館であります。
撮ってたら、おじいさんが一人、中に入っていくところでした。
いまやネット上に刺激的な画像がたくさん転がっていると言うのに・・・デジタル・デバイドと言う言葉の意味をを実感してしまいました。^^;

これ、日差しがきつくてハイライトが飛んでしまうので、思い切りアンダーに撮って、その後、LR4でシャドウを掘り起こしてみました。
ちょうど、トライXでオーバー目に撮って、ハイライトを限界まで拾うのと同じようなフラットな効果が出ました。
デジタルとフィルム、シャドウから起こすかハイライトから起こすかの違いですが、K-5のRAWでのダイナミックレンジ、広いですね~。^^v

三重県四日市市諏訪栄町にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-13 06:00 | Japanese Landscapes
2013年2月6日 寒くないのにゃ
b0134829_9412171.jpg

「それ以上近づいたら、わし、逃げるんにゃ!」という警戒心が、全身からほとばしっている野良猫さんです。
野良猫撮りには便利ズームが便利ですね・・・被写体の動きに合わせて当意即妙に「寄って引いて・・・」が可能なんであります。
Tamron A14、18mmから200mmまでカバーするのがメリットで、画質には目をつぶってもらいましょう、って感じのレンズなんであります。^^;

b0134829_9413836.jpg

この野良さん、どうやら保護下にあるようで、こんな素敵なビニールハウスに住んでおりました。
給餌もしっかりとなされているようでしたね。

b0134829_9415469.jpg

最初の緊張感が溶けてビニールハウスにもどってくれたので、200mmの望遠端で狙ってパチリ・・・
このぐらいワーキングディスタンスがあれば、警戒心が強い野良さんでもしっかり撮れるんであります♪
2月初旬と言えば一年で一番寒い季節なんですが、ビニールハウスの中はぬくぬくとあったかそうなんでありました。^^v

名古屋市東区にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-06 06:00 | Animals
2013年2月4日 夕映えの野菜畑にて
b0134829_23121995.jpg

真冬でもよく晴れた日の夕方の日差しは、なかなか強いです・・・分厚いキャベツの葉っぱを透過してしまいます♪
この黄昏の時間帯の赤味を帯びた光を表現するために、"Lightroom 4"でWBとコントラストをいじったプリセットを作ってみました。
LR4は、自分でも各種のプリセットが作り置きできるし、またネット上にもフリーのプリセットがいくつもありますので、色々試せて楽しいです♪

b0134829_23123919.jpg

こちらは白菜なんであります・・・今年は寒すぎて、白菜の収穫が思うようにいかないらしいですね。

b0134829_23125553.jpg

そして冬野菜の定番、葱なんであります。

b0134829_23131552.jpg

畑の中にはこんな案山子さんもおりました・・・めっちゃシュールなんであります♪

b0134829_23133333.jpg

この畑、あまたの鉄塔が建つことで有名な中電・日進変電所の南側に位置しておりました。
ここの鉄塔は、本当に天晴れなほどの集積度で、鉄塔フェチの方々には限りなく人気のある場所なんであります♪
もちろん私も過去にも撮っているんであります♪
今回は、Lightroom 4で「哀愁のPentax Blue」をシミュレートしてみました。

Pentax純正のRAW現像ソフト、"Pentax Digital Camera Utility"で現像した写真と比較しながら、LR4のスライダーを微調整・・・。^^;
なかなか同じ感じにはなりませんが、あーだこーだやっていたら似た感じの青空になってきました・・・どーやら若干マゼンタが入るのがミソかも。
「段階フィルター」の機能を使って、あたかもPLフィルターをかましたような雰囲気までシミュレートしてみました。^^;
とーぜん"Pseud Pentax Blue"(なんちゃってペンタックス・ブルー)として、プリセット登録しておきました。^^v

愛知県日進市
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-04 06:00 | Lights & Shadows
2013年1月25日 錆び逝く国産トラクタ
b0134829_17274458.jpg

うちのご近所、舶来のトラクターばかりでなく、時々はこんなかわいらしい国産のトラクターも見かけるんであります。
肉食系の顔つきが多い舶来トラクターと違って、どこか優しげなファニーフェースですね♪
ちらりと見える銘版には"ZEN-NOH"とあります・・・つまり、農協グループの農畜産物の流通のまとめ役である「全農」ブランド製なんであります。

b0134829_17281234.jpg

後姿であります・・・舶来トラクターに負けないぐらい、グラマラスな後輪ですね♪

b0134829_17284676.jpg

どいういう用途で使うか不明ですが、とてもフォトジェニックなパーツがそこら中にあるんであります。^^

b0134829_17295572.jpg

この全農ブランドのトラクター、どうやらクボタのOEMのようです。
舶来トラクターの機関部はやたらとゴチャらけておりそれだけで迫力がありますが、国産トラクターはシンプルですね。^^

b0134829_17301355.jpg

明るい緑色に塗ったらアマガエルっぽく見えそうです・・・ケロケロと啼き出しそうな、かわいらしい顔つきなんであります。^^v
ちなみに、6x6のKiev 88Cでも撮っております・・・中判の80mmの描写と比べると、ちょっと可愛そうですね、APS-Cだと。^^;

豊田市のこのあたり、昔はのどかな農村地帯だったんでしょうが、昨今は宅地化が進んできていますね。
かつては農地だった場所にも、集合住宅が建ち始め、時代の流れを感じさせられます。

愛知県豊田市にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-25 06:00 | Tractors
2013年1月21日 新旧の青の共演
b0134829_1522771.jpg

豊田市某所のコンビニに立ち寄ったら、なんとも言えないあの臭いが駐車場の裏から・・・愛知牧場でおなじみの「農場の臭い」ですね。^^;
コンビニの裏に回ってみたら、なるほど、そこには牧場で使われるだろうと思しき農業機器が、並べられていたのでありました。
この後ろにぼんやりと写っている青い物体は・・・

b0134829_1524331.jpg

そう、うちの近くでよく見かける、青いFORDのトラクター、古き良き時代のモデルであります。
トラクターのコーポレートカラーって、各社様々ですね~、「燃える男の赤いトラクター」は一番多く、国産ではヤンマー、舶来ではインターナショナルやマッセイ・ファーガソンが有名です。
グリーンはジョン・ディア、クボタはオレンジ、そしてフォードはブルー・・・そう、この真面目で実直そうな印象のブルーなんであります。
赤錆がかなり浮いてきており、しっかり真面目に働いたんだろうな、って感じのご面相でありました♪

b0134829_1531576.jpg

はい、こちらが先ほどの臭いの元になる牛さんです・・・つぶらな瞳がかわゆいんであります。
牛さんを見ると、昔使っていたGateway 2000というPCを思い出します・・・会社のロゴが白黒牛マークだったんですね。^^;
長い会社名なので、省略されて"GW2K"なんて表記も見かけましたが、酪農で有名な米国アイオワ州に本社があり、値段の割には性能の良い、お買い得なPCでありました。

b0134829_1533595.jpg

その牛舎の前で、「麦の穂を掴む手と歯車」のロゴマークを発見・・・
おお、これはレアものです・・・前述のFORDトラクターのご先祖様である、アレのロゴなんであります♪

b0134829_153572.jpg

はい、こちらが引きショットです・・・かなり古びた英国FORDSON社のトラクターが停まっていたのでありました。
FORDSONは、米国のFORDがトラクター部門を英国に売却されたときに、英国で作られたトラクターメーカーですね。
ネットで検索をかけると、やはりブルーに塗られた個体が多いように思います。
この個体は、どうやら1950年代に製作された"Fordson Major"のようで、豊田地区で私が見かけたFordsonの中で最長老みたいです。
さすがにもう現役は引退しているようですが、長年の風雪に鍛えられた、実に良い面構えになっていたのでありました♪

愛知県豊田市にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-21 06:00 | Tractors