ブログトップ

Black Face Sheep's Photolog

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#1です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by blackfacesheep
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2009年11月7日 トマソン化した運河閘門

b0134829_19442388.jpg

久しぶりの近代建築シリーズ、名古屋の山王橋の北にある松重閘門(まつしげこうもん)です。
この閘門は、1930年(昭和5年)に作られたもので、堀川と中川運河とを結ぶ重要な役割をしていました。

堀川と中川運河では、堀川の方が約1m水位が高いため、閘門がないとスムーズに通行ができません。
30分かけて水位を調節するための閘門として、東西に片側2本ずつ、計4本の尖塔をつくり、その中に、閘門の鉄扉を動かすための錘が上下するようになっていたそうです。

b0134829_1945332.jpg

水上交通が輸送の主役を担っていた時代が終わり、自動車にそれが取って代わられると、閘門の必要性も減少し、1976年(昭和51年)には使用が停止されてしまいました。

b0134829_19462663.jpg

使用停止後には取り壊される予定でしたが、住民運動などによって存続することになり、1993年(平成5年)には名古屋市の都市景観重要建築物に指定されています。

b0134829_19444027.jpg

松重閘門、その本来の仕事を終えてトマソン化していますが、こういう昭和初期の遺構は大切に保存していって欲しいものですね。

b0134829_1945212.jpg


名古屋市中川区山王 中川運河松重閘門にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8
[PR]
by blackfacesheep | 2009-11-07 20:00 | Old Buildings