ブログトップ

Black Face Sheep's Photolog

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#1です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by blackfacesheep
プロフィールを見る
画像一覧

2011年1月15日 ヴィラ・セントーサ(マレー民族博物館)にて

b0134829_17404742.jpg

マラッカの中心部は中華系とインド系の移民が多い場所で、あまりマレー人の姿を見ることがありません。
そのために、マレー様式の高床式住宅のある風景を見たかったら、マラッカ川の向こう側に広がるカンポン・モルテンという地区に出かける必要があります。
上は、そのカンポン・モルテンに向かう際に渡ったマラッカ川に掛けられた橋です。

b0134829_1741164.jpg

この橋を渡ってすぐの場所に、「ヴィラ・セントーサ」と名付けられたマレー民族博物館があります。
この博物館は公立のものではなく、プライベートな博物館なんですが、入場料は無料です。
ただし、維持するのはなかなかに大変らしく、寄付をしてくださいと頼まれますね。

b0134829_17412093.jpg

中に入ると、実に見事・・・個人で収集されたマレーの伝統的な生活様式の家具や調度がたくさん展示されています。

b0134829_17413865.jpg


b0134829_17415553.jpg

ダイニング・テーブルの上に並べられた食器を見ていると、明るく優しい色合いのものが多いように感じました。
やはりトロピカルな気候にはこういう配色が似合うんでしょうか・・・
そう言えば、原色に溢れた中国文化でさえ、ピンクやスカイブルーを使ったプラナカンな配色に陶器になってしまう土地柄ですからね~。^^

b0134829_17421140.jpg


マレーシア、マラッカ:ヴィラ・セントーサ(マレー民族博物館)にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2011-01-15 17:55 | Malaysia Landscape