ブログトップ

Black Face Sheep's Photolog

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#1です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by blackfacesheep
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2012年10月26日 セピア色の廃列車

b0134829_2048877.jpg

かつて、愛知県の奥三河地方には、田口鉄道というローカル鉄道が存在していました。
木材輸送を目的として昭和初期に開業し、南設楽郡鳳来町の本長篠駅から北設楽郡設楽町の三河田口駅までを結んでいました。
地元住民の大切な足として活躍しましたが、モータリゼーションの勃興や山間部の過疎化の進行により、利用客は徐々に減少していきました。
昭和31年には名古屋鉄道系列の豊橋鉄道に併合され、昭和39年には豊橋鉄道から田口線廃止を通知されました。
地元の人々による懸命な廃線反対への活動が行われたにもかかわらず、ついに昭和43年8月31日に田口線は廃止となりました。
こちらは設楽町田口にある奥三河郷土館に保存されている「モハ14」という、かつての田口鉄道で使用された車両です。

b0134829_20512453.jpg

車内には、昔懐かしい雰囲気が充満しています。
今の列車の網棚はステンレススチールだったりしますが、この頃までは、本物の網が使われていたんですね。

b0134829_2051421.jpg

こちらは運転台周りです・・・すべて重厚な金属製です・・・使い込まれて渋い輝きを放っておりました。
もう二度と運転されることのないハンドルが切なげでした。

こういうノスタルジックな被写体だったので、アルビューメン・プリント風味に加工してしみましたが、いかがでしょうか。
銀塩写真ブログのほうで、ばけぺんで撮った猿投神社の棒の手の写真をアルビューメンプリント風に加工して見たら、なかなか良い雰囲気になったので、デジタル写真ブログでも挑戦してみました。

セピア色の写真って、癒し効果があるみたいです・・・カラー写真のリアルさは時としてしんどくなるときがありますが、セピア色には癒されますね。
BGMには、その名もずばり、"Photo Jaunie"(セピア色の写真)というピアノ曲をどうぞ・・・カナダのアンドレ・ギャニオンさんの演奏です。



愛知県北設楽郡設楽町田口アラコ14 奥三河郷土館にて
Pentax K200D
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-10-26 21:23 | Japanese Landscapes