ブログトップ

Black Face Sheep's Photolog

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#1です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by blackfacesheep
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2012年12月9日 お久しぶりの風来坊

b0134829_14242779.jpg

昨晩、久しぶりに「手羽先のから揚げ」を食べてきました。
この料理、いわゆる「名古屋メシ」の一つですが、数ある名古屋名物の中でもトップクラスの人気を誇る食品じゃないでしょうか。
最近は、「世界の山ちゃん」が愛知県外にも精力的に進出しており、名古屋風手羽先から揚げの認知度も上がってきているような気がします。
二度揚げされてクリスピーな手羽先に、胡椒のよく効いたタレとゴマをかけたスパイシーな食品で、かなり中毒性・麻薬性のある味わいです。
なので、手羽先を食べに行くと、とりあえず一人あたり二人前(10本)は注文してしまうんであります♪

b0134829_14244333.jpg

昨晩出かけたのは「風来坊」伏見店です。
「世界の山ちゃん」、若い人や県外から来た人に人気がありますが、年配の名古屋人は、手羽と言えば「風来坊」派が多いんですよね。
私ももちろん風来坊派で、ジューシーなタレと小ぶりなサイズが好み・・・山ちゃんほど胡椒辛くないのも好みなんであります。

さて、昨日一緒に出かけたのは、私の所属する写真家グループ「全日本味噌煮込写真家協会(略称:全味協)」の皆様であります。
昔はフォトコンなども主催し、写真愛好会らしきこともやりましたが、最近はオフ会でヨタ話で盛り上がるだけの集団に成り果てております。^^v
こちらの缶バッジは協会員のお一人が作ってくれた力作で、某シアトル系コーヒーショップのロゴに似たお洒落な一品なんであります♪
前回作成したバージョンが壊れやすかったので、この写真のような改良バージョンをもってきてくださいました。^^
全味協のみなさん、昨日は楽しい時間をどうもありがとうございました~、また遊びましょうね~♪
次回は来年1月3日に、新年会を兼ねて名古屋の熱田神宮初詣&精進落しとして天下一品でくどいうまいラーメンを食べるオフなんであります♪

b0134829_1425029.jpg

この手羽先から揚げ、スパイシーで濃厚な味付けのため、ビールの「アテ」としては最高に相性がいいんであります。
でも、私は昨年末から今年の春にかけて慢性膵炎を患い、アルコールはドクターストップがかかっております・・・なのでノンアルですね♪
この「サッポロ プレミアムアルコールフリー」、結構美味かったです・・・ホップがよく効いていてビールらしい「コク」と「苦味」がありました。^^v

さて「手羽先」に対するコラボ音楽は・・・やっぱり"Bird"でしょうねえ♪
モダン・ジャズ・ジャイアントの一人、Charlie "Bird" Parkerの演奏で、"Bird Of Paradise"をどうぞ。



1947年にダイヤルに吹き込まれたもので、原曲は"All The Things You Are"、ミュート・トランペット・ソロはマイルス・デヴィスなんであります。
マイルスの音楽寿命の長さ、そしてそのスタイルの多様性には本当に驚きます・・・バップからフュージョンまで最前線でしたからねえ。^^;

チャーリー・パーカーは、1940年代初頭からモダン・ジャズの原型である"Be Bop"の創成に携わったことにより、「モダン・ジャズの父」とも言われています。
彼は、よくニックネームで、"Bird"もしくは"Yardbird"と呼ばれました・・・なぜこんなニックネームが付いたかと言えば諸説あるようです。
「鳥がさえずるように見事なソロをとるから」と言う音楽的理由説もありますが、私が好きなのは「脅威の鶏肉大食怪人」説です。
「NYに出てきてレストランで修行していたとき、まかないメシのチキン料理が大好きでいつも大食いして回りを驚かせた」って奴ですね。^^;

私がJAZZを聴きはじめた頃、バードのどこが凄いのかよくわかりませんでした・・・当時はもっと刺激の強いサックス吹きが好きでした。
コルトレーンとかマイケル・ブレッカーみたいなメカニカル系ですね・・・でも、歳をとるに連れてバードの凄さがわかるようになってきました。
バードのソロって、とにかくメロディアスでスムーズ、前もって作曲してあると誤解しそうなほどなんですね。
しかも、ソロを取るたびに印象的で以前とはまるで違うメロディーラインを構築する・・・こりゃ凄いです、化け物です♪
あまりに自然で美しいために、刺激の強いものにしか反応しない雑な高校生の感受性では理解できなかったのは当たり前かもしれません。^^;

バードを尊敬していたのはジャズミュージシャンだけではなく、ロッカーの間にも熱烈な信奉者がいましたね。
英国のロックバンド、ヤードバーズと言えば、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジが在籍したことで有名ですが、このバンド名、チャーリー・パーカーのあだな"Yardbird"に由来するんだそうです♪
残念ながらヤードバーズは空中分解してしまいましたが、残されたペイジはセッション仲間だったジョン・ポール・ジョーンズと組み、バーミンガム出身で無名のシンガー、ロバート・プラント、その仲間のドラマージョン・ボーナムを加えニュー・ヤードバーズを結成しました。
これが後の「レッド・ツェッペリン」なんであります・・・レッド・ツェップ、即興演奏が得意だったのがわかるようなエピソードです♪

名古屋市中区錦2丁目16-6 風来坊 伏見店にて
Pentax K-5
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-12-09 17:00 | Foods & Dining