ブログトップ

Black Face Sheep's Photolog

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#1です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by blackfacesheep
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2015年10月14日 リングで味わうマクロな気分

b0134829_9445469.jpg

秋の日差しにまどろむ一輪の花・・・

b0134829_1932353.jpg

これ、実際にはこんな大きさです。
M.Zuiko 45mm F1.8の最短撮影距離付近まで寄ってもこのぐらいの大きさにしか撮れないんですが、一枚目はずっと大きく写ってますね。
はい、いわゆる「マクロ写真」なんであります。^^
でも、うちにはマクロレンズと言うものが一本もありません・・・じゃ、どうやって撮ったのかと言うと・・・

b0134829_9423195.jpg

ヒントはこのMamiya C220と言う二眼レフです・・・レンズとボディの間に蛇腹が付いておりますね。
この蛇腹がミソでして、レンズとボディの間の距離を通常のヘリコイド式より遠くすることができます・・・そうすると、近接のものにピントが合うようになります♪
つまり、ボディとレンズの間に何か挟めば、どんなレンズでもマクロ撮影ができるようになるんであります♪

b0134829_1932191.jpg

じゃん♪
このベアさんが腕輪の代わりにして遊んでいるものが、マイクロフォーサーズ用の「中間リング」とか「接写リング」と呼ばれるものです。

b0134829_19323868.jpg

この中間リング、10mmと16mmのセットを買ってみました。
10mmよりも16mmの方がより近くまで寄れ、さらに2本を重ねて26mmにすれば、一段と寄れるようになります。

b0134829_1933332.jpg

さて、M.ZUIKO 45mmに10mmの中間リングを挟んで、ベアさんを撮ってみました。
うむ~、10mmでこれか・・・すでに十分かも・・・16mmとか26mmにして寄ると、虫さんだって撮れそうなんであります♪

b0134829_9373969.jpg

45mmに16mmのリングを付けて、私の愛機Rolleiflex 2.8Cのレンズ部分を撮ってみました。
このカメラのレンズは、Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8なんであります♪

b0134829_947499.jpg

こちらも16mmのリングで、マクロの定番、花撮りに挑戦してみました。
M.ZUIKO 45mmは寄れないという定評がありますが、昔から中望遠を使ってきた人間としてみれば、はかなり寄れる方だと思います。
でも、最近カメラを始めた人は中望遠に対しても「寄れるのが当たり前」と思っている人が多い・・・これ、寄れるズームレンズばかり使ってるからでしょうか。
そういう人は、この中間リングがおススメです・・・M.Zuiko 45mmのポテンシャルが上がります♪

b0134829_9395699.jpg

マクロ撮影は被写界深度が激浅になってくるので、普通はF5.6以上に絞ることが多いです。
でも、確信犯的にF1.8の絞り開放で撮ってみたら、こんなホゲホゲの写真が撮れました・・・これはこれで面白いかも♪

b0134829_9405437.jpg

こちらはThimbleと呼ばれる欧州式の指ぬきですね。
マクロレンズは等倍マクロでも1:1ですが、中間リングを重ねて使えば、それ以上の倍率で撮影することも可能です。^^;

b0134829_19354100.jpg

再び10mmのリングに付け替え、相方のロレックス・ロレジウムも撮ってみました。
この写真を使って某オークションサイトに出せば・・・Nikon D810と大三元が・・・ごくり。^^;

b0134829_1936690.jpg

相方用のPen Mini E-PM2+M.ZUIKO 25mm F1.8の間に、10mmを装着してみました。
この中間リング、彼女が「マクロ写真を撮りたい」と言うので調達したものなんですね。

素直にマクロレンズを買うというオプションもありますが、定評のあるM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroだと4万円以上します。
でもマクロレンズって、うちの場合あまり使用頻度は多くなく、費用対効果の点でちーと問題があります。

費用対効果で考えるなら、プロクサーと呼ばれる接写レンズもありますね。
確かにプロクサーの方が着脱も簡単でお手軽なんですが、歪曲したり画質が劣化しやすいです・・・これが嫌で昔から中間リングを使っています。
また、中間リングならフィルター径関係ありませんから、、広角・標準・望遠・ズーム、どんなレンズでも装着できるというのもメリットです。

そんなわけで・・・Amazonで3,000円未満の安物の自動中間リングセットを買ってみた、と言うわけです。
見た目はプラスチッキーで安っぽいですが、これでもちゃんとAFもAEも効くし、なかなか優れものなんであります♪

b0134829_20433069.jpg

こちらはNikonのレンズをマイクロフォーサーズ機で使うためのアダプタの前に挟んで使うタイプの中間リングです。
これは電子接点皆無ですから、さらに安くてeBayで10ドルしませんでした。^^;

なお、先月末に咲いた金木犀は、この中間リングの7mmのを付けて撮りましたが、十分に使いものになります。
カメラに詳しくない相方には使えませんが、私にはこれで十分なんであります♪

ちなみに、ニコンのカメラで使うためのの中間リングは持っておりません。
マクロ撮影は、被写界深度の深いマイクロフォーサーズ機の方が撮りやすいからですね♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 with Extension Tube 10mm, 16mm


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-14 05:00 | Hardware